遅ればせながら、ホタル始めました

2014/07/02

巷ではだいぶ前からホタルが飛んでいたようですが、なかなか梅雨時期って億劫でなにかと言い訳をつけながら出かけなかったのですが、ようやく重い腰を上げ2014年初のホタルを撮ってきました。

あ、ホタル始めました

 

などとのたまいながら、のらりくらりと行かない理由を作っていたのですが、ようやく、とうとう、満を持して、ホタルを撮りに行ってまいりました!!!!

今回、訪れたのは昨年も訪れた近場の超有名スポット。

超有名スポットだけに、平日にも関わらずたくさんの方々がいらっしゃいまして、ヘッドライトやらテールランプやらでだいぶボツ写真を量産したのですが1時間ほど粘ってたらなんとなくカタチになりました。

今回は50mmで撮ってみた

昨年はAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを使ったのですが、案外街灯などがたくさんある場所なので画角が広いとわーっと明るくなっちゃうので今回はAF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gでなるべくいらないものが入らないように撮ってみました。

ISO320 f/2 SS15秒で140〜150枚ほど撮ってやりました。ISO感度とf値は結構適当。もう少し絞ってもゲンジボタルは明るいので写ってくれそうですけどね。

シャッタースピードは以前は20秒とか30秒にしてたんです。コンポジットの枚数少なくて済むのでHDDにも優しいですしね。けど、長秒露光すると若干ノイズのるんじゃね?と思うことがあったので今回は15秒でたくさん撮ることにしました。
このへんの、長時間露光のノイズと高感度のノイズが作品にどんなふうに影響をあたえるかはまだまだ試行錯誤しております。さっさと良いカメラと良いレンズが欲しいところです。

 んで、やっぱり虫が多かった

一応ね、長袖は着ていったんですよ?

けれどもむき出しの手を蚊に食われちまった、チクショウ!!!

夏の夜に屋外でうろうろすることになるので、ホタルを見に行かれるかたは肌をむき出しにしていかれませんように。

ただ、どっかでホタルも虫除けスプレーがあんまり好きでないと見たことがあるので暑くても長袖長ズボンで頑張っております。

やっぱりホタル撮影は楽しい

なんだかんだと、なかなか腰が重かったのですがやっぱりホタルを撮るのは楽しいですねー。

ホタルの飛び交うあの幻想的な風景も好きだし、夜のちょっと湿って、ヒンヤリした空気の中、最高の1枚ができあがるのを祈りながらシャッターを切るカメラを見守っている時間がなんとも言えず好きなのです。

というわけで、今回できた写真

140〜150枚の写真の中から、車のヘッドライトやいらないものが入った写真を除いて約100枚をピックアップ。

StarStaXで比較明合成(コンポジット)します。

Macで比較明合成(コンポジット)をするならStarStaXが超オススメ!

とうわけでできた写真がコチラ

ゲンジボタル

[クリックしたら大きくなります]

ギャー!ウジャウジャしすぎー!

実際現地はたくさんのゲンジボタルがウジャウジャしていたのですが、ちょっとやり過ぎですね。

ゲンジボタル

[クリックしたら大きくなります]

これぐらいがちょうどいいかな?

何枚合成したらいいか、いつも迷ってしまいます。

まとめ

2014年ど初のホタルでしたが非常に楽しく撮れました。やっぱりホタルはいいもんですね。

まだまだホタルシーズンは楽しめますので、またあちらこちら行ってみたいと思います!

関連記事

Macで比較明合成(コンポジット)をするならStarStaXが超オススメ!
三脚があればこんなに表現が広がる!三脚を使って撮りたい写真

-撮影記
-, ,