新レンズ「24−70mm f/2.8E ED VR」「200-500mm f/5.6E ED VR」「24mm f/1.8G ED」が発表になりました!

本日Nikonさんから新レンズが3本発表されましたね!ひゃっほう!

今回発表されたレンズは

  • 24−70mm f/2.8E ED VR
  • 200-500mm f/5.6E ED VR
  • 24mm f/1.8G ED

この3本!すでにかなりざわざわしている声が聞こえるこのレンズたち。ざくっとどんなものか見ていきましょう!

新しいNikonのレンズ3本!

24−70mm f/2.8E ED VR

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDVR

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR - 概要 | レンズ | ニコンイメージング

新レンズのニュースなんて、みんな嬉しいに決まってますよね!しかも待望の新しい大三元レンズ!!

うん、そうだね。CP+2015では発表なかったので安心してたよね。

そうそう12月に買ったばかりだよね!

 

 

 

 

 

 

……orz 

…いや、ええんやで。おっちゃんそんなん気にしてへんで。

まあ、そんな気はしていたのですよね。先代のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの発売日が2007年11月。発売から約8年も経過しています。

レンズの発売サイクルがいくら長いとはいえ、常に出るんじゃないないかという噂が絶えなかった新大三元。やっぱりとうとう出ましたね。

VR搭載!

んで、やっぱり今回のリニューアルの肝は「VRの搭載」ではないでしょうか。VRとは「Vibration(振動)Reduction(減少)」の略。手ぶれ補正のことですね。

とうとう大三元の標準ズームにVRが搭載されました。望遠レンズと比べると手ブレしにくいとはいえ、やっぱり手持ちだとブレが気になってしまいます。これは嬉しい機能ですが、画質や大きさにどのくらい影響があるのかも気になるところです。

電磁絞り

f値の後ろに「E」の文字があります。これは電磁絞りを搭載しているレンズにつけられる文字です。今回24-70、200-500ともに電磁絞りとなりました。

従来は絞りレバーによるメカ連動方式。Nikonのレンズの裏側に爪みたいなのがあるんですが、ここを動かすと絞りが開閉します。

これは後ろの絞りレバーを動かして絞りを開閉している様子。

新レンズはこの絞りレバーが取り払われ、すべて電気的な通信で絞りを制御します。これによって動かす部品を少なくし、絞りを高精度に制御。また高速連写時にも安定した絞り制御が可能です。

とはいえ、対応していない機種もあり、現行機ではフィルムカメラのF6やFM10などが電磁絞りに非対応。このへんは断腸の思いで電磁への変更を決断をしたというところでしょうか。

電磁絞りによって得られるメリットに期待したいですね。

発売は8月27日。希望小売価格は31万500円。さすが大三元、値段がこなれるまではお高そうです。

200-500mm f/5.6E ED VR

200-500mm

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR - 概要 | レンズ | ニコンイメージング

このレンズもかなり界隈がざわついてる気がしているのですがどうでしょう。

サードパーティからはTAMRONやSIGMAから150-600mmが発売されていましたが、これらにバチコンぶつける感じで発表された200-500mm。

なんといってもf値が5.6通し!サードパーティ製では望遠端がf/6.3ですからね、明るいことはいいことです。そして、さらにざわついてる原因が値段。

店頭予想価格が170000円と、かなりの破格!ナノクリこそついていませんが、サードパーティ製にと比べても見劣りしない安さ。いや、170000円ってお高いからね。目を覚まして。

僕もSIGMAの150-600をいつか欲しいなと思っていたのですが、思わぬところから伏兵が現れました。これも実際の作例が楽しみな1本です。

9月17日発売。希望小売価格は18万9000円

24mm f/1.8G ED

24mmf1.8

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED - 概要 | レンズ | ニコンイメージング

単焦点レンズも1本発表されました。

すでにf/1.4で様々な焦点距離のレンズを発売されていますが、やはり大きく、重く、値段が高いのは難点です。

そんな難点を解消させるために最近はf/1.8シリーズも充実させてきたNikonさんですが、今回もそのシリーズの1本。

これで20mm・24mm・35mm・50mm・85mmとかなり充実した単焦点レンズ群となってきました。

この24mmもナノクリ仕様。

なんだかんだいって、小型・軽量は正義です。撮ってこその写真、もちだしてこそのカメラですからね。

広角とはいえf1.8なのでボケもきれいそうですね。

こちらも9月17日発売。希望小売価格は9万9000円

まとめ

さあ、いろいろと気になるレンズが発売されましたね!ワクワクするラインナップです。こないだ!カードの支払いを!!終わったばかりなのに!!!

すでにsaizouのライフは0なのでしばらく指くわえておあずけですが、やっぱり一番気になるのは200-500mmかなあ。

望遠系のレンズは全然持っていないのですが、これがあればしばらく遊べそうな気がします。

24-70mmに関してはね、あれね、見て見ぬふりでいきますよ!うちのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDにはまだまだ現役で頑張ってもらいます。

今後大三元レンズ揃えたいと思っているのですが、揃えたさきからリニューアルされそうでビクビクしてます。

ああ、レンズ欲しい。お金ためなきゃ。

関連記事

-レンズ
-, ,