【2016年】7月に撮りたいオススメの被写体や撮影スポット!

まだまだ梅雨まっさかりで、なかなか写真撮りに行けない日々が続いているのではないでしょうか?

とはいえ、7月には各地で徐々に梅雨もあけてきます。そうなると、もうあれだ、夏だ!

暑くて、天気のいい日も多くなるこの時期。今から計画をたてておきたいものですね。

7月に撮りたい被写体!

ホタル

渓流とホタル

早いところではすでにピークが去っているところもあるかもしれませんが、7月もまだまだホタルの季節。

みなさんのホタル情報をまとめてみると、今年は例年よりも1週間くらい早そうですね。いつものお気にスポットも見頃をはずさないよう気をつけたいですね!

ゲンジボタルの光跡を撮影する方法 - ログカメラ

蓮

早い所は6月ごろから咲いていますが、やはり見頃は7月のところが多い蓮。蓮の花は夜から朝にかけて花が開き、日が昇ってくるにしたがってだんだんと閉じてきます。

なので、きれいな蓮が狙いたかったら早朝を狙いましょう。

よくよく見るとグロイので、あんまりシベの部分をジロジロみるんじゃないZE!

島根県の蓮スポット「荒神谷史跡公園」

すでにこちらは開花しているようですね、ぜひお早めに。

色鮮やかなピンク色が美しい!荒神谷史跡公園で古代ハスを撮ってきた! - ログカメラ

七夕

天王寺の棚田 天の川

7月7日は七夕。

年に一度、織姫と彦星が会える素敵な日ですね。リア充爆発しろ。

天の川を挟んで織姫が琴座のベガ、彦星がわし座のアルタイルという星が輝いています。今年の7月7日は月齢が2.7とかなり新月に近い日です。撮影にもってこいですね。

睡蓮

月照寺 睡蓮

睡蓮の花も少しづつ見頃を迎える時期です。

こちらもできれば朝早くのほうがよさそうですね。

夏山

富士山八合目池田館からの影富士

7月にもなればしっかり気温も上がってくるので、夏山に登るのにも良いシーズンです。

2000m級の山々が気持ちよく登れそうですね。僕も7月中にどこか登りに行こうと考えています。

山から見渡す素晴らしい景色は、何とっても上手に写る被写体の一つだと思いますん。

花火

花火の合瀬写真

花火大会も各地で始まる季節ですね。

花火はちょっとコツがいるのですが、撮ってて楽しい被写体のひとつです。僕はあんまり撮りにいってことがないので今年はどこかしら行ってみたいなと思っています。

ヒマワリ

ひまわり

7月後半になればヒマワリも咲き始めますね。

晴天の下のヒマワリもいいですが、夕方などもおすすめです。

天体

月

月の満ち欠け

  • 新月・・・7月4日
  • 満月・・・7月20日

7月になると、かなり早い時間から天の川も見えるのでまた違った姿を楽しめそうです。

まとめ

さっさと梅雨明けして、思う存分写真を撮りに行きたいものです。

僕はほとんどホタル撮ってると思うのですが、合間を見つけて蓮や睡蓮などを撮りにいけたらいいなあと思っています。

関連記事

-カメラ
-,