8月に撮りたいオススメの被写体や撮影スポット!

やってきますねー。あつがなついですねー。

日中はなにかと暑くてカメラ持ち出すにもウンザリする季節。しっかりと暑さ対策、水分補給しながら、それでも夏にしか撮れない一瞬を切り取っていきたいものです。

8月に撮りたい被写体!

荒神谷史跡公園 ハスと蜂

そろそろ見頃が終わっているところもありますが、地域によっては8月上旬くらいまで楽しめる蓮。まだ撮ってない人はお早めに!

朝方にかけて花が開くので早朝を狙いましょう!涼しいですしね(*´ω`*)

ヒマワリ(向日葵)

備中国分寺 ヒマワリ

もうすでに咲いてるとこでは咲いてると思いますが、僕の中ではキングオブ8月の被写体はヒマワリ!

ヒマワリもいろんなアプローチができて非常におもしろい花ですね。広角レンズで青空を狙うも良し、マクロで花びらの間から太陽の光を透かしてやるのもよし。

最近のお気に入りは夕方に染まるヒマワリです。あんまり後半になると元気が無くなっちゃうのでお早めに!

鵜飼

錦帯橋の鵜飼

こちらもすでに始まっているところが多いのですが、やはり夏の風物詩のイメージがある鵜飼。

岐阜の長良川、岩国の錦帯橋での鵜飼が有名ですね。

夜、かがり火を焚き川をゆらゆらと動く船を長時間露光で撮影するとこんなふうに不思議な感じになります。フラッシュを焚いて鵜匠の仕事ぶりを撮られてるカメラマンもたくさんいらっしゃいます。

富士山のご来光

富士山頂でご来光を待つ人々

富士山は標高が高いので夏でも山頂はまるで冬のような気温です。安全に登山し、そこからご来光を見るのはやっぱり8月がベストシーズン。

いろんな素晴らしい山はたくさんありますが、やはり富士山は日本の象徴の一つだと思います。せっかくなら一生に一度は見てみたい光景だと思います。

日本で一番高い場所から出会うご来光。いつもあたりまえのようにやってくる「朝」、じつは毎日こんなドラマチックな瞬間がこの富士山頂で訪れているのかと、心が震えたのを今でも忘れられません。また登りたいなあ。

富士山を富士宮ルートで登ってきた!五合目〜八合目の山小屋まで | ログカメラ 富士山頂にてご来光を拝む!八合目から山頂まで | ログカメラ

立ち上がる天の川

立ち上がる天の川

春の横たわった天の川も美しいのですが、夏になると早い時間帯からまっすぐ柱のように立ち上がる天の川を撮影することができます。

朝方のほうまで眠い目をこすりながら待たないといけない春の天の川でしたが、夏は早い時間から見れるのでいいですよね。

暗い所に行けば肉眼でもその天空にかかる美しいアーチが見れると思います。昼間は暑いですし、夜の涼しい時間に撮影しましょうか。

花火

花火の合瀬写真

夏といえばやっぱり花火。

え?浴衣姿の彼女と見に行く?うっせえ、わたがしでも食ってろ。

花火もいろんな撮り方があると思いますが、僕はちょっと高台から見おろす感じで撮るのが好きだなあ。熾烈な場所取り合戦がありそうで、なかなか行く機会がないのですが今年はどこか撮りにいきたいと思っています。

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群

今年のペルセウス流星群は8月12日の金曜日。月は半月よりちょっと大きいくらいですが、月が沈んだくらいからピークを向かはじめるので、条件はかなり良さそうです。

前後数日間にも見えるので晴れを期待してチャンスを狙いたいですね。

斐伊川

暁の斐伊川

島根県にある斐伊川は夏のころ晴れが続くと水が少なくなり、川床が見えるようになってきます。ヤマタノオロチ伝説の由来にもなったと言われる斐伊川の川床の様子を見ると、なるほど確かに龍の鱗のようにも見えてきます。

朝焼け、夕焼けが非常に美しいので島根に観光ついでにぜひとも(๑´ڡ`๑)

暁の斐伊川 - ログカメラ

天体

・新月ー8月3日

・満月ー8月18日

8月前半に新月を迎え、お盆休みのころにかけ満月を迎え始めるので長期休みで天の川を狙うのはちょっと難しそうですねえ。

まとめ

この時期はほんと、いかに暑い中モチベーションを下げずに撮影にでかけるかですよねえ。

なるべく涼しい場所、涼しい時間帯に撮るのがいいんじゃないでしょうか。日中とかはクーラーの効いた部屋で現像しておこうと思っています(笑)

関連記事

-カメラ
-,