カメラアクセサリ

RRS(リアリーライトスタッフ)の小型雲台「BH-25」

投稿日:

RRS BH-25

全国1億3千万人のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)ファンのみなさまこんにちは。

今回は、Really Right Stuffの小型雲台「BH-25」を紹介してみようと思います。RRSはたくさん雲台があってサイズ感が悩ましいと思うので参考になれば嬉しいです。

小型雲台「BH-25」

RRS TFA01 通常

ミニ三脚の「TFA-01」用に今回、RRSの小型雲台「BH-25」を購入しました。

この小さいミニ三脚にピッタリのサイズ感。

RRS マルチクランプ

この他にもRRSのトラベル用マルチクランプを持っているのですが、それにもピッタリなサイズです。

かなり小さい

RRS Really Right Stuff BH-25

もう、ほんと小さいBH-25。いわゆる手のひらサイズです。僕の持っているのはレバークランプ付きのBH-25。ノブクランプやクランプ無しのものも選べますが、やっぱりRRSはレバークランプがおすすめです。

重量は221gとコンパクトなミニ三脚につけて、軽快に持ち出したい人におすすめです。高さも66mmと非常にコンパクト。

雲台比較

手持ちの雲台と比較してみます。左からアルカスイスZ1、RRS BH-40、BH-25。大型雲台、中型雲台、超小型雲台という感じですね。RRSにはBH-40とBH-25の間にBH-30という小型雲台もラインナップされています。

ノブはひとつ

Really Right Stuff BH-25 ノブ

ボールの固定とパンの固定はいっしょになっており、ノブはひとつしかついていません。フリクションコントロールも無し。

BH-25 パン部分

ちょっと見にくいかもしれませんが、この矢印の部分がパンします。ただ、ノブをゆるめると全部ゆるむので、パンだけの操作はできません。ちょっと慣れが必要かもしれませんね。

三脚によってはサイズが合わない

BH-25 GITZO2型

かなり小さい雲台なので、合わせる三脚もちょっと注意が必要です。こちらはGITZOのマウンテニア2型につけてみた様子。見ての通り、三脚側のプレートにノブが干渉してしまっています

BH-25 ノブ 伸ばせる

ただ、このノブ、引っ張れば伸びるようになっており一応、GITZOの2型マウンテニアならギリギリ使えるようにはなっています。とはいえ、いちいち干渉する部分を引っ張るのもうっとおしいので、サイズに合った三脚を使うほうがいいでしょうね。トラベラーの1型とかにはピッタリと合います。

耐荷重は4kgなのであんまり重いものは注意

RRS TFA01 70−200mmをのせる

BH-40やZ1などの大きい雲台はかなり力を入れてもびくともしませんが、さすがのRRSといえどもBH-25は思いっきり力をいれるとボールがちょっと動きます

耐荷重は4kgまでになっていますD750に70−200くらいならガタついたりはしませんが、あんまり重いものや重心のずれるものをのせると、雲台が動く可能性があるのでちょっと気をつけましょう。

ただ、まあこのか細い三脚と雲台にこの機材を載せるのがちょっと鬼ですよねえ…

まとめ

ミニ三脚、トラベル三脚、マルチクランプなどなど、荷物を少なくしたい時に活躍してくれそうなBH-25。

海外旅行や登山などいろんなところに持ち歩こうと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ad

ad

-カメラアクセサリ
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.