備中国分寺の夕景とヒマワリ

備中国分寺 ヒマワリ

ヒマワリをテーマに撮りたいなあと思って、ずっと行きたかったのが岡山県総社市にある備中国分寺。

今までヒマワリを撮影するのはいつも青空の下だったのですが趣向を変えて夕焼けを狙ってきました。

ここ備中国分寺は夕焼けに染まるヒマワリを前景、奥のほうに点景として五重塔をシルエットに入れられる非常にステキなスポット。

おもしろい形の雲の隙間から五重塔に差し込むように光芒も出てくれ、イメージしたとおりに仕上がったのでかなり満足の1枚になりました。

夕焼けの位置が逆光になっていたので、手前のヒマワリを出すにはちょっと工夫が必要です。

ハーフNDを使ったり、フラッシュでヒマワリを日中シンクロさせる方法もありますが、僕はHDR合成しました。光芒もいい感じに出たのでよかったです。

備中国分寺 ヒマワリ 夕焼け

写真だけ見てると、一面のヒマワリ畑のように見えますが、実際にはちょっと離れた場所、田んぼ1枚分くらいの畑にヒマワリが植えられています。

ここはヒマワリの他にもコスモスやレンゲなどいろんな花が咲くようです。五重塔が非常にいいアクセントになるので、1年をとおして通いたいなあと思える場所でした。

夕焼けの撮影って、実はあんまり経験が無いのですがかなりおもしろかったのでこれからガンガン挑戦してみたいですね。

アクセス

山陽自動車道倉敷ICから車で約10分。

岡山自動車道総社ICから車で約10分

ついでに倉敷の美観地区などによるのもいいかもしれませんね。

まとめ

1枚目はかなりお気に入りの写真になりました。ヒマワリって青空の下のイメージばかりでしたが、夕焼けとヒマワリにはまりそうです。

次はどこにいこうかしら(๑´ڡ`๑)

関連記事

-撮影記
-, , ,