【D4S】cp+2014がマジでスゴイことになってるみたいですね!【タムロン16−300mm】

2014/02/14

カメラと写真の展示店「CP+2014」が横浜パシフィコで行われています。

開催期間は今日、2/13(木)から2/16(日)

なんと初日の来場者は11750人だそうですぜ!
このCP+2014に合わせ、各メーカーからいろんな新商品が発表されていてちょっと人にお見せできないくらい興奮しています。

ちょっといろいろまとめてみたいと思います。

Nikonの次世代フラッグシップ機「D4S」登場!!

ニコンの次世代フラッグシップ一眼レフカメラ「D4S」がCP+2014に登場 - GIGAZINE
現行のフラッグシップ機であるD4が発売されたのが2012年2月ですので2年ぶりとなります。

発売からそんなに経っていないこともあり、基本的なカメラの設計は踏襲しながらもさらなる高画質化、AF性能の向上が図られているようです。

そんな、D4S、一足早くソチオリンピックでカメラマンの手によって撮影されているみたいです。なにそれ羨ましい!

ニコン D4S ソチオリンピックで活躍中! 画像あり デジカメライフ

 

 

 

 

僕がカメラについてどうのこうの言えるような知識はないのですが、さすがにこのExif情報みてたまげました。

3枚目

 

ISO10000まであげてこの写真かよ!?

ISO感度を知らないかたはこちらをご覧ください

デジカメ「超」基礎解説:ISO感度と写りの関係を理解する - ITmedia デジカメプラス

おおざっぱにいうと、これを上げとけば少ない光でも敏感に写真が撮影できます。
なので暗いところでもシャッタスピードを稼げるわけなんですが、うまい話には罠があるもんで、感度をあげちゃうとノイズがはいってザラザラになっちゃうんですね。
たとえば暗い所でスマホで写真を撮るとなんかザラザラになりますよね。

なんであんまりISO感度ってあげないほうがいいんです。僕が持ってるD5100なんかだとISO1600くらいからノイズが気になりだします。ISO3200くらいまであげちゃうとある程度明るさとノイズのトレードオフみたいになります。

それがD4S、ISO10000ですってよ。まあ、D4の頃から感度域が広かったみたいなんですが正直ここまでとは思わんかった。これ悪用すればいろn… 

さすがNikonのフラッグシップ機、へたすりゃ中古の軽が一台買えるくらいの値段がするだけありますね。

はあ、いつの日か手にしてみたいものだわ……

タムロンから「16−300mm」の超絶高倍率ズームが発表!

16-300mmの高倍率ズームレンズがタムロンから登場
タムロンからはまたまた尖ったレンズがでましたね。

超高倍率ズーム「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(MODEL B016)」

今一眼レフ用で一番倍率の高いズームレンズってNikonの「18−300mm」ですよね。高倍率ズームはタムロンのお家芸みたいなところがあったのにその株を奪うようなNikonのレンズだったので、王政復古なるか、といったところでしょうかね。

16mmと18mmってあんまり変わらんやん、って思われるかたもいるかもしれませんが、広角側の2mmってかなり画角が変わってきます。もう2、3歩後ろに下がれる感じです。

しかもこのレンズ、マクロにも対応してるとのこと。もう、なんか「ぼくのかんがえたさいきょうのれんず」みたいな感じになってますね。

Nikonの18−300mmってかなり巨大で、普段つけておくのはちょっと、みたいな感じだったのですがこのタムロンのレンズは写真を見る限りそこまでデカすぎるような印象を受けることはないですねえ。

これも欲しいわ−

シグマからはDPシリーズの最新作「dp Quattro」が出展!

カシャっと速報 : 【新型】SIGMA dp Quattroを発表!
尖っていることで有名なDPシリーズですが、さらに尖ったデザインの新作がでてきました。

実機をみてもらえばお分かりですが、もう尖りすぎてなにに突き刺さるんじゃないか、というくらい素敵なデザインですよね。

カメラとは写真の写りの良し悪しが一番ではありますが、そのフォルムがかっこいいっていうのも大事な要素ですよね。

「なぜこんな形に?」という素朴な疑問をぶつけると、SIGMAの担当者は「画質を突き詰めていくとこういう形になりました」とのこと。

「3タイプあるならレンズ交換式にしてほしかった……」と伝えると、「レンズに合わせて最適なセッティングを出すには一体型が最も有利で、レンズ交換式では実現できない画質になっています」と誇らしげな回答が得られました。

画質を突き詰めた結果の3次元異形デザイン、SIGMA「dp Quattro」3モデルフォトレビュー - GIGAZINE

かっこいい!素晴らしく尖った設計思想!!少なくとも僕のハートにはズブズブ刺さりました!

もう明日から「漢」と書いて「SIGMA」と読むことにします!あ、嘘です!!

まとめ

他にもたくさんの新商品が発表されているcp+2014。

いいなあ、いいなあ、近かったら絶対行くのになあ。

ただ、写真を撮る、というだけの機械なのにどうしてカメラというやつはこんなにもドキドキワクワクさせてくれるんでしょうね!

D4Sプレゼントして欲しい!

-カメラ
-