フレア問題で調整に出していたD750が帰ってきました

2015/02/08

先日、見事にフレア問題の該当機種にヒットした我が家のD750タン。

先月の1月29日に発送したのですが、約1週間たってようやく帰ってきてくれました。

その間はD5100で写真撮ってたんですが、ほとんど天気が悪い日ばかりだったので、結果的にはいいタイミングだったかなと思いました。

おかえり、D750

Nikonからのダンボール

かなり厳重に封をされたダンボールでご帰宅。開けるのにちょっと手間取る。

中には、処置内容の書いた紙がいっしょに入っていました。

IMG 3355

内容は

不自然な形状のフレアを軽減するために、遮光部品の点検と修理、AFセンサー位置の調整を行いました。

ファームウェアのバージョンアップをいたしました。

作業上外観ゴムを交換いたしました。

とのこと。

けっこうバラバラにして調整した感じでしょうかね?

帰ってきたD750

なにはともあれ、無事に帰ってきてくれて一安心です。

調整済みの黒丸

D750をひっくり返してみると、三脚を取り付けるネジ穴に調整済みの証の黒丸がポチッとしてありました。

まとめ

実際フレア自体見ないまま調整に出したので、一回くらい実際に出してみておくべきたっだかなー。

もう少し混み合っているかと思ったんですが、1週間ちょいと、わりと早く帰ってきてくれました。気分的には非常に長い1週間でしたけどねw

さてさて、それではまたよろしくお願いしますね、D750さん。

関連記事

-カメラ
-,