フレア問題のD750をNikonさんに送ってきた

2015/01/29

最近話題のD750のフレア問題ではありますが、我が家のD750タンも見事に該当機種でして。

D750のフレア問題について、Nikonが対応内容を発表!僕のD750は該当してるのか!? | ログカメラ

 

 

とはいえ、生来のメンドクサガリーな僕としては、実際に問題となっているフレアを見たこともないし、気が向いたら送ろうかと思っていたんです。

昨年末に購入したD750タンではありますが、「弁当忘れても傘忘れるな」と揶揄される山陰の冬の天気の悪さのおかげで、なかなか出撃の機会がありませんでした。

そんな中、ひさかたぶりの晴れ間を迎えた休日。すわ!これは水仙撮りに行くしか無い!といきりたって車を走らせたsaizouさん。なんですが……


まあ、あれですよ。

バッテリー入れ忘れて出かけたことなんて1回や2回じゃありませんし、幸い近場で気づいたんで(それでも20分くらい走ってた)いっかい取りに帰ったんです。まだ早い時間でたし。

ほんで、バッテリーを取りに帰って再び車を走らせ、お目当ての水仙の群生地に。ほんと久しぶりの晴れ間が注ぐ午後。水仙の花にもキラキラと光が周りそれはそれはとてもキレイな光景。これは久しぶりにいい写真が撮れるなと思ってシャッターを切ると…

 

 

 

 

 

 

 

D750デモモード

 

 

 

 

 

 

 

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

 

 

 

 

 

SDカードまで入れ忘れとるやないかーい!!!

 

 

 

写真を撮りたくなくなることなんて、あんまりないんですが、ちょっともうなんか、もうあれで…

つうか、今月あんま写真撮った記事アップしてないと思いません?あれ、saizouちゃんひよったんじゃねえのと思いません?違うのよ、違うのよ。

今月に入ってすでに

  • 某廃校に出撃→突然の豪雨
  • 再度某廃校に出撃→冬季通行止め
  • 水仙撮りに出かける→曇天のためスカ写真ばかり
  • 某廃村に出撃→道路工事中のため通行止め
  • NEW!水仙撮りに出かける→バッテリーを忘れる→取りに帰る→SDカードも指し忘れる

…と、まあこんなんばっかりなんですよ(ノД`)シクシク

というわけで、フレアの調整のためD750をNikonさんに送りました

フレア問題のD750

いっぺんにモチベーションも下がってしまったのと、今から2月に向けていろいろ撮りたいものも増えてくるまえにさっさとフレア問題を解消しとこうと思いまして。

2月に撮りたいオススメの被写体や撮影スポット! | ログカメラ

D750タンをNikonさんへと送りました。

フレア問題の該当製品を調整するには

ごく狭い世間をワイワイと騒がせているD750のフレア問題ですが、まずはご自分のD750タンが該当製品かどうか冷静に確認してみましょう。

コチラのサイトにカメラの底に書いてある製品番号を入力すると、該当製品かどうかわかります。

D750製品番号検索 - サポート | ニコンイメージング

すると、該当した製品の場合こんな画面になります。

D750フレア該当機種

こんな画面になっても大丈夫。ご自分のD750の三脚ネジに黒丸の識別マークがついていたら調整済みの製品です。

え?そんな黒丸ついてない?おめでとうございます!あなたのD750タンもごく狭い世間を騒がせているフレア問題の該当製品でございます!僕といっしょだね!

D750を調整に出す3つの方法

まあ、ここで該当したからってそんなに肩を落とさないで。Nikonさんは今回のフレアがでる不具合については無料で調整するよー、遠くて持ち込めないなら着払いで送っていいよーとおっしゃってます。

せっかくなら乗るしかないですよね、このビッグウェーブに!

該当するD750を調整するには3つの方法があります。

  • 直接ニコンプラザ、サービスセンターに持ち込む
  • ニコンピックアップサービスを利用する
  • 着払いでNikonの修理センターに送る

どの方法でも該当ユーザーに金銭的な負担はないので安心しましょう。

直接ニコンプラザ、サービスセンターに持ち込む

以下のニコンプラザやサービスセンターに持ち込むと随時調整を受け付けてくれます。

持ち込みの場合の納期はおよそ1周間のようですが、今は受付を始めたばかりなのでちょっと混雑してるかもしれませんね。

ニコンピックアップサービスを利用する

全国どこからでも修理品の梱包材を届けてもらえ、集荷から修理後の製品配送まで一括してやってくれるサービス。通常540円(税込)かかるようですが、インターネットからの申し込みでは無料です。詳しくはコチラを。

ニコンピックアップサービスの詳細 | ニコンイメージング

着払いでNikonの修理センターに送る

今回僕は着払いにてNikonの修理センターへ送りました。ピックアップサービスでもよかったのですが、この記事書いているときにこんな便利なサービスがあるんだと気づきました(;´Д`)

どうやって梱包しようかちょっと悩んだのですが、購入した時の箱がちょうどいいかと思い、そのまままるっと入れました。

D750を梱包

レンズやカメラの箱はそのままとっておくたちなので、いつもかさばって邪魔な思いをしていたんですがまさかこんなところで役立つとは(笑)

箱や中の緩衝材なんかをそのままとっておくと引っ越しの際なんかも入れるものに困らないのです。まあ、それ以外では邪魔でしょうがないですが。

このプチプチも買った時のものをとっておいたのでジャストフィットのままヤマトさんに引き取られていきました。

まとめ

というわけで、まさか一月ちょいで早くもお別れになると思わなかったD750タンではありますが、立派になって帰ってきていただけるのを首を長くして待っていようと思います。

なんの心配もないまま見送ることができたのも、サブのD5100があってこそだなと思います。しばらくは大三元をD5100につけて振り回していこうと思います。バランスわりぃΣ(´∀`;)

関連記事

-カメラ
-,