掛戸松島の夕景

好きな方言は「ばんじまして、ただものだんだん」こんにちは、島根県非公認観光大使のsaizouです。

島根県大田市には「掛戸松島」と呼ばれる景勝地があります。絶壁と奇岩からなるその場所、今回は夕焼けの時間に合わせて訪れてみました。

掛戸松島の夕景

掛戸松島 夕景 魚眼レンズ

いろんな撮影スポットに行くのが好きで、県外にもあちこち足を伸ばすのですが、最近思うのが抜群のシャッターチャンスをモノにするには足繁く通わなければということ。

すげえ絶景スポットだろうが、たかだか1回行っただけで最高の瞬間に立ちあえるわけがないんですよね。それこそ、遠征をすれば毎日通っているようなカメラマンの方々がたくさんだったりします。

なので、今年は何度も訪れやすいホームである島根をもっと撮っていきたいなあと思っています。また、島根のまだまだ撮られていない素晴らしい撮影スポットをみなさまにご紹介できればとも考えています。

とうわけで、前置きがいつものように長いですが、島根県大田市の海岸沿い、波根町と久手町のあたりにあるのがこの掛戸松島。

海の真ん中にとても印象的な奇岩が鎮座しています。

この日はいい感じに雲が焼けてくれたので魚眼レンズで空を入れて撮ってみました。

掛戸松島 夕景 長時間露光

日がだいぶ沈んだ後は満ち干きする波を表現するために長時間露光で。1分くらいの露光でこんな感じなんですが、NDフィルターでもつけてもっとのペーっとしたの撮ってみたいですね。

この時期は太陽の位置があまりよくないのですが、夏のころになると、岩の後ろに太陽を背負っているような絵も撮れそうです。

また、星を回してもおもしろそうだなあと思いました。

ぜひ、また訪れたい場所となりました。

踏切を渡ってすぐのところから入ります。車も少しなら停められます。

まとめ

もっと波が高くてもおもしろそう。

かなり印象的な被写体なので、いろいろ試してみたいです。近いし。

関連記事

-撮影記
-, ,