ソロテント泊のランタンはこれで決まりかも!?モンベルのクラッシャブルランタンシェードがコンパクトでチョー便利!!

2016/09/20

モンベル ランタン

ソロのテント泊というのは自分だけの空間のなか、山でのんびりできる非常に楽しいものです。

とはいえ、その空間を作りだすために重い荷物を一人で抱えていかなくてはならないので、できるだけ荷物をおさえたい。

そうなってくると、山で快適にすごすためだけのグッズってどうしても優先順位が下がってくるわけです。なかでもランタンなんかはその一つではないでしょうか?

モンベルのクラッシャブルランタンシェードが超軽量コンパクトな便利グッズだったので紹介してみます(๑´ڡ`๑)

テント泊にランタンは必要か?

ランタン

普段、町中で暮らしてるとわかりませんが、山の夜というのはあっというまにやってきます。そして、街灯がたくさんあるような町とは違い、山の夜は真っ暗でなんにも見えません。

僕は今までテント泊のときの明かりはヘッドライトに頼っていました。が、しかし。同じ夜の中の明かりを照らすアイテムであるヘッドライト、その機能というのは暗い山道をしっかりと照らすことに重点が置かれているわけです。

そんなヘッドライトをいざテントの中で点灯してみると、実は案外使いづらいということに気づきました。

まっすぐに1カ所をバチーンと明るく照らすので、なんだかちょっとまぶしすぎます。かといって光が直進しているため自分が向いている方向以外は照らせない。

テントの上にぶら下げてみてもやっぱりその真っ直ぐな光は真下しか照らさないので、テントの隅に置いてあるものを探すのに不便だったりしました。

柔らかく、テント内全体を照らすならランタン

夜の涸沢のテン場

そんな不便さに悩まされながら、ふと他の登山者を見るとランタンを使っている人がたくさんいるんですね。

なるほど。ランタンがあれば柔らかくてやさしい光でテントの中を照らすことができますし、その光はテント内全体に届きます

けど、ランタンってけっこうデカイ

さて、そんな便利なランタン。いろいろ探してみるんですがけっこうデカくてかさばるし、重いわけです。

もちろん小型のランタンなんかも売っているんですが、それでもやっぱりかさばるのはかさばる。

これがファミリーでのキャンプや複数人でのテント泊であれば、共用の装備としてちょっとかさばっても持っていってもいいんですが、ことソロのテント泊、おまけに僕は写真撮るのでカメラやレンズや三脚やと、よけいな荷物ばっかりなわけです。もう、コレ以上のよけいな荷物、あたい持てない。

1gでも減らしたい山の装備。ランタンが快適なのはわかっていますが、ヘッドライトで代用できてしまうのですよ。なので、今までは泣く泣くその不便さをガマンしていました。

わずか5gのクラッシャブルランタンシェード

ダンボーランタンシェード

そんな中見つけたのがmontbell(モンベル)クラッシャブルランタンシェード!

写真を見てもおわかりいただけると思いますがわずか5g!そして超絶コンパクト!!

クラッシャブルランタンシェード

全長もたったの12cmと、ダンボーの横に並べてみてもかなり小さいのがわかります。これならザックのなかでかさばるなんてことはまったくないですし、重さもいっさい気になりません。

手持ちのヘッドライトにつけてランタンに早変わり!!

ランタン ヘッドライト

さて、これどうやって使うかというと、手持ちのヘッドライトに装着してそのライトの光を半透明でやわらかなシェードに反射させ広範囲に光を広げるという、どこの天才が考えたんだと唸ってしまいそうな新発想のランタンシェードなんです。

ヘッドライト クラッシャブルランタンシェードを装着

クラッシャブルランタンシェードの下からヘッドライトをかぶせるとこんな感じに。

わずか5gしかないのできちんと自立します。ドローコードがランタンシェードについていて、それを絞ることでしっかり固定。サイズが周囲18.5cmなのでほとんどのヘッドライトに装着できると思いますが、あんまりデカイのは難しいかもしれません。

ちなみに僕はPETZLのティカ+を使っています。

クラッシャブルランタンシェードを点灯

ヘッドライトを点灯させてみます。

白く半透明のシェードの中でヘッドライトの強い光がうまいこと乱反射することで、ランタンのようなやわらかな光がテント全体を照らしてくれます。

テント泊でのランタンシェード

実際に先日、テント泊で使用してみました。テントはアライのエアライズ2を使っているんですが、その中を充分明るく照らしてくれます。

もちろん専用のランタンと比べると、明るさは弱いのでしょうが、もうあれですよ。充分。これでジューブン。

ソロのテント泊ですし、やることといったら、スマホを見たり、ぼんやり酒を飲んだり、夜の星を撮るための機材の準備くらい。そんな必要最低限の光さえあればいい僕の環境では、かさばらない重くない、というこのクラッシャブルランタンシェードはかなりマストなアイテムです。

テントを張ると、室内に荷物を乱雑にぶちまけてしまう悪いクセがあり、よくどこに何があるかわからなくなってたんですが、これがあるおかげでそんな思いをすることもありませんでした。

まとめ

ランタンはどうしてもかさばってしまいますし、買うとやっぱり案外お高いのですが、これならたったの1000円で快適な夜をすごすことができます。

ザックのほんの片隅に収納できるので、ランタン欲しいなーと思ってるけど、そこまでおおげさなものは必要ないし、という人はまずこれを試してみてはいかがでしょうか。

Lサイズも売ってますが、けっこう大きめなので、普通のサイズが使いやすいと思います(๑´ڡ`๑)

関連記事

-登山
-, , ,