冬の撮影の防寒対策はこれで決まり!登山家も愛用するメリノウールとは!?

2014/05/28

冬の撮影の防寒対策、どんなことしてますか?

201401正月旅行-9223372036854739399.jpg

真っ白な銀世界の風景ってとても美しいですよね。冬の撮影はいつも見ている風景とはまったく違う表情が見ることができてとても楽しいです。
夜景の写真なんかも冬がおすすめですよ。1年で一番空気が澄み渡る季節が冬です。

けれども、どうにも寒くてなかなか外にでるのがおっくうだというかたも多いのではないでしょうか。写真の撮影はどうしてもじっとしていることが多いのでいつもと同じ格好をしていたのでは寒くて寒くてしょうがないという経験があると思います。

写真撮影、冬の装備を見なおしてみよう!

写真撮影するときの防寒対策

せっかく1年に一度だけ美しい風景に出会えるこの冬という季節。家に閉じこもっているのはもったいないですよ!寒いなら寒くない装備を整えればいいじゃない!
というわけで、今のあなたの冬の防寒対策見なおしてみませんか?

 

冬の撮影の防寒対策はメリノウールがめっちゃオススメ!!

この冬僕が撮影に行った場所で特に気温の低かった場所がこの2ヶ所

冬の白川郷の夜景はとんでもなく幻想的だった
雪の降り積もった白川郷。夜景を狙いにいったのでどうしても長時間露光が必要になります。明かりが灯りだしてからおよそ2時間くらい夜の白川郷の展望台でじっとしていました。

雲海で有名な竹田城跡!正月にわざわざ行かなくてもいい3つの理由
日の出を狙いにいったので太陽がまだ登らない真っ暗な夜明け前。幻想的な風景を期待しながら1時間以上待機していました(幻想的な風景には出会えなかったガナー)

寒かった?

と思うじゃないですか?それがまったく寒さを感じませんでした!
わざわざ遠出したのに「寒くて写真撮ってる場合じゃねえぞ!」っていう状況だけは避けたかったので防寒対策は入念にしていきました。そのおかげで周りにいる人が(特に竹田城跡なんか)寒さで震えてガチガチいってる横で暑くて少し汗ばむくらいでした。

モンベルのスーパーメリノウールがすごく暖かい!

今回着ていったのがこの上下。

冬の時期、雪山を登る登山家などに愛用されている肌着にも使用される素材に「メリノウール」というのがあります。羊毛の中でも最高品種とされるメリノ種からとれるウールのことをいいます。今回僕が着用していったのがそのメリノウールをふんだんに使ったモンベルの「スーパーメリノウール」です。

いろいろ着込んでいったのですが、これを肌に一番近いところに着ていたのが一番効果的でした。冬だろうが夜だろうがなんでもかかってこいってくらい暖かいです。

暖かいだけじゃない!メリノウールの驚きのスペック!!

メリノウールのスペック

暖かいだけならいろんな防寒具があるのですが、メリノウールのすごいところはそれだけじゃないのです!

汗をかいても爽やか!

竹田城跡での撮影は朝来山を40〜50分くらい登ることになります。冬だから厚着をしていってもやはり山を長時間登っていくとどうしても暑くなってきます。

僕も展望台につくころにはかなりの汗をかいていました。しかし、メリノウールはその水分をきちんと吸収してくれます。汗をかいてもサラサラなのです。
しかも!水分を吸収すると発熱するという特徴を備えているので、かいた汗が冷えることがありません。スゲエ!

チクチクしない!

毛糸のセーターはチクチクするからなんだか苦手…と思ってたりしませんか?メリノウールの繊維はめっちゃ細いのです。チクチクする原因はこの繊維が太いせいなんですね。なので毛糸なのに肌に直接触れてもまったくチクチクしません。というか、その肌ざわりはとても気持ちいいのでクセになってしまいます。

臭くならない!

今回冬の写真を撮りにいったのは全部で4日間、その間ほとんどスーパーメリノウールを着たままでした。綿の肌着ならすぐに匂いがしてくるのですがメリノウールはほとんど臭うことがありませんでした。

天然の抗菌作用を持つので匂いの元となるバクテリアを寄せ付けないからなのですが、ほんと驚くぐらい臭わないです。

まとめ

ほんとにびっくりするくらい高機能なメリノウール。けどたぶん知らない人もたくさんいるんだろうなーもったいないなーと思います。
これから桜も咲く時期になってきますが、北天の星をグルグルさせた背景で一本桜を撮りたい!なんて思ったら寒い夜中にじっとしてなければいけません。そんなときもこのメリノウールを着ていけばまったく寒くないはずです。

靴下だったらスマートウールもいいです。汗かいてもびっくりするくらい臭くなりません。
これで登山道が絨毯に変わる!smartwool(スマートウール)の靴下がめっちゃ気持ちいい!

写真撮らない人だってもちろん、これを肌着に一枚着ておくだけでこの冬をとっても暖かくすごせるはずですよ。

 

-カメラ
-, , ,