NARUTO-ナルト-堂々完結!!岸本先生15年間おつかれさま&ありがとうございました!

NARUTO-ナルト-最終回扉絵

2014年の週刊少年ジャンプ50号。

長い間ジャンプの看板マンガとして同誌をささえていた「NARUTO-ナルト-」が、ついに15年間の長い歴史に幕を下ろしました。感想を書いてネタバレになってもあれなんで、最終回の内容に関しては実際にジャンプを手にとってその目で見ていただきたいと思いますが、ずっとジャンプを読んでいる僕としては、やっぱりなんだか書きたくて、まだなんにもまとまっていませんが、ついエディタをたちあげてしまいました。

るろうに剣心からバトンを受け取り、看板マンガにまで成長したNARUTO-ナルト-

るろうに剣心の志々雄編以降が蛇足という風潮に一言いいたくて | ログカメラ

 

 

以前、ちょっと書いたことがあるんですが、NARUTO-ナルト-の連載開始時期は、実はるろうに剣心の最終回と同じ時なんですよね。

今週のジャンプ+ではナルトが新連載された時の少年ジャンプが無料で配信されているようです。

少年ジャンプ+

 

 

なんだか15年もたっているとは思えない気がしてきますね。

るろうに剣心が最終回を迎え、さみしさを覚えるいっぽう、新連載のナルトが素晴らしい作品で非常にワクワクしたのを昨日のことのように覚えています。絵もこの時から充分うまかったんですねー。

以降、メキメキと頭角をあらわし、あっという間にジャンプの看板マンガにまで成長したのはみなさんもご存じのとおりです。

15年間書き続けてくれた岸本先生、ほんとうにありがとうございました

一度は看板マンガすら見当たらなくなった週刊少年ジャンプ。事実、部数も一度はマガジンに追い抜かれることになります。

そんなジャンプの低迷期をONE PIECEやHUNTERXHUNTERなどのマンガと一緒に再び盛り上げてくれた素晴らしい作品でした。

ナルトがなければ今のジャンプは無いかもしれない、そう言っても過言ではないんじゃないでしょうか。そして、15年という長い間、週刊少年ジャンプという雑誌を支えてくれてきました。ほんと感謝の気持ちでいっぱいです。

NARUTO-ナルト-から次にバトンを受け継ぐのは誰だ?

 

ナルトという偉大な作品が最終回を迎え、そのバトンは誰に手渡されるのでしょうか。かつて、るろうに剣心からナルトが受け継いできたそのバトン。

ジャンプの誌面では、NARUTOだけでなく、他の長期連載陣も少しづつその物語の終幕へと歩みを進めているように見えます。

ONE PIECEやNARUTO、ブリーチ以降、実は爆発的なヒットを飛ばすようなマンガが出ていないだけに、今後のジャンプはいったいどうなるんだろう、という思いもあります。

来週からは新連載が3本始まるようなので、それらの作品にも期待したいところです。小畑先生も久しぶりにジャンプの誌面に帰ってくるようですね。

現在の連載陣も次世代のジャンプの看板マンガを目指してがんばってほしいです。

まとめ

というわけで、岸本先生おつかれさまでした。本当に楽しい作品をありがとうございました。

あー、来週のジャンプからナルト載ってねーんだ。さみしーなー。

関連記事

-ライフ
-, ,