ついにPENTAXでもフルサイズが発表されました!

CP+2015を目前に、とうとうPENTAXから待望のフルサイズ機開発の発表がありました。

2015年中の発売を目指し開発中とのこと。CP+2015にも参考出品されるようです。

カメラと写真映像の情報イベント『CP+2015』での参考出品について|RICOH IMAGING

※画像はRicohさんのHPから。

待望のPENTAXフルサイズ機

PENTAXさんの一眼レフカメラは、645Zや645Dなどの中判カメラである645マウント、K-3やK-50などのAPS-C機であるKマウントのラインナップはあったものの、その間を埋めるフルサイズ機がありませんでした。

僕はAPS-C機からフルサイズ機へと移行したNikonユーザーのひとりなんで、PENTAXさんはフルサイズが欲しくなったらマウント跨ぎをしないといけないから大変だなあと思っていました。

「マウント跨いでからが沼」という金言もありますが、やはりそこは茨の道であると思います。僕なんかの資金力では、なかなかダブルマウントに踏み出せないです。そらもう、血まみれになる。

というわけで、Nikonユーザーの僕としても、今回のこの発表は親戚の家に子どもが生まれたような気分です。まあ、うちの子どもは入院中ですが(白目)

フレア問題のD750をNikonさんに送ってきた | ログカメラ

クロップ機能でDAレンズの利用が可能

現行のDAレンズはAPS-C機用のレンズになっています。これをフルサイズで使用するとイメージサークルの違いから周辺がケラレてしまうのですが、クロップ機能を利用して今回発売されるフルサイズ機での使用が可能になっています。

これはNikonのDXクロップと同じような機能ですね。

今までKマウントでレンズ資産を築いてきたかたも安心ですね!

僕もNikonのフルサイズD750にAPS-C用のDXレンズをつけて写真を撮ってますが、そんなに気にはならないです。

クロップするので画素自体は小さくなってしまいますが、おそらく開発中のPENTAXのフルサイズも2000万画素くらいはありそうな気がしますし、それくらい元の画素があったら充分きれいに撮れると思いmス。

まあ、世の中は5000万画素だーなんて話もあるみたいですが。

フルサイズ用に2本のレンズの発売も発表

今回のフルサイズ発表にあわせるように2本のフルサイズ用レンズも発表されました。

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW

抜群の低反射特性が得られる新開発の“エアロ・ブライト・コーティングII”、HDコーティングなど、独自のレンズコーティング技術を存分に駆使。逆光で もゴーストやフレアーの発生を抑え、クリアでコントラストの高い像が得られます。また、レンズ硝材には4枚の異常低分散ガラスと2枚の特殊低分散(ED) ガラスに加え、新たにスーパーEDガラスも2枚使用、色収差を全域で良好に補正し、画像周辺部まで解像度の高い描写性能を実現しています。

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW / 望遠レンズ / Kマウントレンズ / レンズ / 製品 | RICOH IMAGING

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

150~450mm(35mm版焦点距離で230~690mm相当)の焦点域をカバーする超望遠ズームレンズ。当社独自のHDコーティングを採用し、逆光などの厳しい光源下でもコントラストの高いクリアな描写を実現しているほか、レンズに特殊低分散(ED)ガラスや異常低分散ガラス等を使用することで、色収差を効果的に補正しています。また、防塵・防滴構造の採用によりアウトドアでの様々な環境下での信頼性、耐久性を高めています。

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW / 望遠レンズ / Kマウントレンズ / レンズ / 製品 | RICOH IMAGING

フルサイズ用に新発表したレンズが2本とも望遠レンズというのが尖ってていいですね。

PENTAXのレンズラインナップでは高級レンズには★の表記があたえられます。70-200mmがいわゆるスターレンズですね。F値も2.8通しで、Nikonで言うと大三元レンズの「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ」のポジションにあたりそうです。

フルサイズ・デジタル対応のこれらのレンズは「D FA」がつくようですね。

よそさまのレンズの型番の読み方がわからないので、ちょっと解読するのに時間がかかりましたw

今じゃ、Nikonのレンズに何書いてあるかヨユーでわかるんですが、実際呪文みたいですよね、知らない人からみたら。あめゆじゅうとてちてけんじゃ。

まとめ

まだその全貌は明らかにはなっていませんが、他メーカーのユーザーとしてもこういったニュースはおもしろいです。

CP+2015に向けて、まだまだ新製品ラッシュが続きそうなので、しばらくウキウキしながら過ごせそうです。CP+2015楽しみだわん。

あと、あれですか?PENTAXの発売元であるRicohさんはまだGRの新作は出さないんですか?かなり楽しみにしておるんですが。

関連記事

-カメラ
-, ,