日記と禁煙と自炊と弁当づくりの習慣化に成功した僕が習慣についていろいろ考えてみた

いろいろ考えてみた

2014年も相変わらずあっとうまに過ぎていっていますが、今年のはじめに抱負や目標を立てられたかた結構いるのではないでしょうか?

今年はあれをしよう、これをしよう、これを習慣化しよう、と思ってはいたのだけど、その中のいくつかはそろそろやらなくなっちゃったっていうの多いのではないでしょうか?

photo credit: Jasmic via photopin cc

いままで日記と禁煙と自炊と弁当作りの習慣化に成功しました!

今、僕が習慣化しようと思って続いているのはこの4つ。

禁煙して2年になる僕がタバコを辞めるために気をつけた5つのこと

この春ひとり暮らしで自炊を始めるあなたにぜひとも伝えたいことがある!

男子の弁当の作り方

日記 | ログカメラ

いろいろ記事にもしたのでよければぜひ一読してみてください。

んで、僕が今年習慣化したいなと思っているのがこのブログの更新なので、うまいこと続くようにFollowしてもらったりRSS登録してもらえれば嬉しいです。

習慣化するために僕が気をつけたこと

習慣化するために考えたこと

photo credit: horizontal.integration via photopin cc

習慣化というのは戦略的に語られるべきだと思います。「なんか毎日やってたらいつの間にか習慣になってたよ、ラッキー!」ではないのです。

ダイエットだろうが、禁煙だろうが、自炊だろうが、ジョギングだろうが、ありとあらゆる習慣化に通じるテーマです。僕はいつの間にか習慣になってたよっていうのは、はいはい、よかったね( ´_ゝ`)フーンっていう感じなのです。

 戦略的というのはやる前からそれが達成されるべきなのです、やってからどうのこうのじゃないの。毎日するためにはどのようにすればいいのか、そのシステムをいかに作るかが、習慣化の必須事項です。

僕が習慣化するために戦略的に考えたことが以下のとおりです。

1.めんどくさいことを徹底的になくした

まず第一条件がこれです。

なにかやろうと思いたちますよね。それを遂行して習慣化すると、自分の人生においていいことだらけなのにやらない、という場合は、とにかくもう、やることがめんどくさいからっていうのが95割を超えていると思うのです。

例えば僕は去年の11月からずっと毎朝弁当を作っています。

弁当つくれば相当の食費が浮きます。ちなみに、それまで5〜6万かかっていた食費が先月は1万5000円ですみました(夜、自炊しているから、というのもありますが)ちょっと聞くと、すげえいいことだらけですね。けど、なかなか弁当作りを習慣化できませんでいました。

弁当作りは面倒くさい

photo credit: risaikeda via photopin cc

しかし、弁当作りってめんどくさい。じゃあ、なにがめんどくさいのか?

そのために僕がやったこと、それは自分が思っているめんどくさい事を徹底的に排除することでした。

・朝弁当を作るのがめんどくさい

前日の夜に弁当を作るようにしました

・おかずを作るのがめんどくさい

冷凍食品を活用しました

・後片付けがめんどくさい

水であらうだけですぐキレイになる炊飯器を活用しました。

夜に弁当箱に冷凍食品をぽいぽい入れておいて、翌朝ごはんをつめるだけ。ご飯を炊いた炊飯器はテフロン加工で水でさっと洗うだけでキレイになるという代物。

あらたに習慣化しようと思ったことは最初に時間とお金をおしまずめんどくさいことを無くしてやるのがポイントだと思います。

  • 自炊をしたいならカットしてある野菜を活用する
  • 弁当作りなら冷凍食品に頼る
  • 禁煙するなら、それ以外の楽しみのためにお金を惜しまない
  • 日記をつけるのなら、つけるのがめんどくさくならないようなツールや道具を購入する
  • ランニングを続けたいなら履いていて楽しくなるようなお気に入りのランニングシューズを買う

いろんなアイデアが思いつきます。時間とお金をケチケチせず、自分への投資と思って、とにかくめんどくさいと思うことを潰していきましょう。

2.習慣化に成功した時の自分を強くイメージした

習慣化に成功した自分をイメージ

photo credit: familymwr via photopin cc

あなたには習慣化したいなにかしらの理由があると思います。そして、それはきっとハッピーな未来なはずです。

習慣化が成功した時の自分がいかにハッピーになっているかを、強く、具体的にイメージしてやることがとても大切です。

自炊、禁煙、弁当など、僕が習慣化した先になにがしたかったかというと、それらによって浮いたお金を使ってカメラのレンズが買いたいのです。
レンズを買ったらいろんなところにいって写真を撮りたい、できることなら外国にもいってみたい。死ぬまでにやりたい100のリスト にも書いたように僕にはたくさんのやりたいとこがあります。そのための資金作りをしっかりしたかったのです。

例えばあなたがダイエットを続けたかったら、それを続けることで痩せた自分がどんなに幸せな生活をしているか強くイメージしてみてください。

早起きを習慣化したければ、朝早く起きた時間でいかに自分が生産的なことをできるのか想像しましょう。

習慣を作った先は間違いなくハッピーなはずです。逆にそんなに想像できないとうのなら、そこまで無理する必要もないかもしれません。
めんどくさくて挫けそうな時でも、その幸せな自分を想像することで「もうちょっと頑張ってみようか」と思えます。

3.今日するべきことは今日必ずやり、明日できることは今日やらない

今日できることは今日やる

photo credit: congvo via photopin cc

習慣をつくるためには毎日やることがとても大事です。最初やり始めた頃はやる気に満ち溢れていますから、いろんなことを一度にやりがちです。

例えば掃除を習慣にしたいと思っている人は、やろうと思ったその日にいろんなところを隅々まで掃除していませんか?

やる気満々なのでいろんな所が綺麗になって気持ちが良いことでしょう。しかし、もしかしたら次に日にはそこまでのやる気が無いかもしれません。なのに、昨日の自分が持ってたやる気を出そうと思うとけっこう面倒くさいんです。

最初のうちはとにかく毎日やるのを目標にしてやりましょう。それらに結果を求めてはいけません。先の例で言えば、どこか一部分をキレイにすればいいのです。食卓をフキンで拭いたり、玄関だけを掃いたり、脱ぎ散らかした衣服を今までよりちょっときれいにたたんだり。

とにかく日々続けていくためにやらなければいけないことのハードルを低くしてやりましょう。そうすると、いつの間にか「やるのが当たり前」という状況になっています。毎日お風呂に入るとか、歯を磨くとか、やるのが当たり前ですよね?(そうでない人もいるかもしれませんが…)

そして大事なのは明日できることはあえて明日のためにとっておくことです。自炊で、一週間分まとめて作ったりしていませんか?まとめて作ったものを食べているうちに楽を覚えてしまいますし、そうなると次また台所に立つことがかなり億劫になります。毎日するために、明日できることは次の日に回しましょう。

まとめ

習慣ができたら、自分の人生にとっていいことなのは分かっているけれど……ということ結構あります。

なんでもいいので無理のないところから少しづつチャレンジしてみてください。ちっちゃなことでも習慣化できると、その成功体験はアナタの中に確実に蓄積していきます。そして、ちょっとずついろんな難しいことに挑戦していけばいいのです。

とにかく、無理なく毎日、少しづつ。

僕自身もまだまだいろんなことに挑戦してみたいと思っています。それは自分の人生をもっとハッピーにしたいからです。

さあ、一緒にがんばってみませんか?

-ライフ
-