これで登山道が絨毯に変わる!smartwool(スマートウール)の靴下がめっちゃ気持ちいい!

smartwoolの靴下

この前登った阿蘇山で靴下履き替えたらどこかに無くしてしまったsmartwoolの靴下。

仕方がなくそのあと一度普通の靴下で登ったら足の負担の違いを痛感。改めてsmartwoolの靴下の素晴らしさを再確認した次第でございます。

smartwool(スマートウール)があるのとないのとでは登山の快適さがまるで違う

登山靴と一緒にsmartwoolの靴下を購入し、最近の登山ではいつもそれを着用して登っていました。なので今まであまり意識したことなかったんですけどね。

こないだ熊本に行った時にどこかで無くしてしまったみたいで。

【百名山】GWに阿蘇山に登ってきた!【高岳・中岳】
しかたがないのでその後、普段履いている靴下で登山にいったんです。
まあ、綿の靴下履いていったのも悪いんですが、アレ?登山ってこんなにしんどかったっけ?と思うほど歩きにくい。

汗でヌルヌルするし、履き慣れた靴だったのですが初めて靴ずれができてしまいました。

こりゃあイカンと、慌ててAmazonでsmartwoolのハイクミディアムクルーを再購入しました。

改めてsmartwool(スマートウール)の良さを再確認した!

以前履いていたものは登山以外にもいろんな所に履いていたので、気づかないうちにヘタっていたようで。

久々に新品のsmartwoolの靴下を履いたのですが、もうビックリ!!

ふわっふわやでーーー!

ナニコレ、こんなに気持ちよかったっけ!?とひとしきり感動。
メリノウール独特の柔らかさ、ほどよく起毛しているのでホント気持よく足を包んでくれます。まるでファーファです。

その後実際に山に履いていったのですが、またここでも感動!

険しくゴツゴツした登山道がsmartwoolのおかげでまるで絨毯の上を歩いているかのような感覚!!

もちろん新品だからということもあるのですが、それでもこの気持ちよさはやみつきになります。

smartwool(スマートウール)とは

smartwoolとはウール専門のアンダーウェアメーカーです。なかでもそのソックスは非常に素晴らしい製品です。

使われているウールはニュージーランドで飼育されたメリノ種からとれる高品質な羊毛「メリノウール」。

冬の撮影の防寒対策はこれで決まり!登山家も愛用するメリノウールとは!?
髪の毛よりも細いその羊毛はしなやかで柔らかく縮れが多いため弾力があります。

保温性はもとより、吸水性があり抗菌作用も持っているという、なにそれスゴイ!というスーパー素材なのです。
その最高級メリノウールをふんだんに使い、厚くパイル状に編みこむことによって柔らかなクッション性を生み出してくれるのです。

スマートウールの裏側はパイル状に編み込まれている

スマートウールソックスを裏返してみるとこんな感じに。生地がパイル状になっているので非常に弾力があります。

スマートウールの特徴

また、ブレースと呼ばれるサポーターが非常に快適。

ブレースとはソックスと足とのズレを防ぎ、フィット感を向上させるためのサポーターです。アンクルブレースは足首のサポート感を高め、アーチブレースは土踏まず部分をサポートしてアクティブな動きに対応するとともに、疲労を抑える役割もあります

LOSTARROW Support

このブレースの部分がとてもフィット感があり、柔らかいのに足をガチっとサポートしてくれます。

smartwool(スマートウール)のココがスゴイ!

hituji.jpg

まるで絨毯の上を歩いているかのようなふわっふわな生地

パイル状に編み込まれたクッションのお陰でとてもやわらかい歩き心地です。
登山道は岩場でゴツゴツしていたり、急勾配の登り坂だったりと険しい所が多いです。下りも実は足への負担が思った以上にかかります。

そんな登山道でさえも絨毯の上のような快適な歩きやすさ、これを履いているか履いていないかで 登山中、登山後の疲れが全くと言っていいほど違います。
もう2度と普段使いの靴下で山に登ろうとは思わないでしょう。

臭わない

足はもっとも多く汗をかく部位です。そのため、蒸れやすく匂いが気になることありますよね?

なのに、smartwoolの靴下を履いているとほとんど匂いが気にならなくなります。マジで。
それこそ熱い中山に登ってダラダラ汗をかいた日や、雨に降られ蒸し蒸しとした山行を終えた日も。

これはメリノウールの特性の一つで、吸水性、発汗性に優れる上その自然素材であるウールがバクテリアの発生を防いでくれるからなのです。

足の匂いに悩んでいる人、実はそれ靴下が悪いのかもしれませんよ?

登山後も足がサラサラ

吸水性、発汗性にすぐれるメリノウールのおかげで登山後も足はサラッサラです。

初めてsmartwoolの靴下を履いて登山を終えた時サラッサラ具合に非常に驚いた覚えがあります。
体から出た湿気を吸収し、すばやく外に逃してやるのは登山用のアンダーウェアの必須条件。それを非常に高いレベルで満たしてくれています。

寒くないし、かといって暑くない

羊毛でできているので保温性があるのは想像しやすいと思います。僕も登山に限らず、寒い時期に写真を撮りに行く時なんかは迷わずコレを履いていきます。(もちろん、白川郷竹田城跡を訪れた時も履いていました)

んで、じゃあ、夏履いたら暑いかというと、暑くないんですよ。意味ワカンなくないですか?
熱をきちんと逃してくれるまるで天然のエアコンのような性質を備えているので暑い日でも快適に履くことができるんです。羊スゲエ。まじスゲえ。

まとめ

普段は3足いくらの靴下を履いている僕ではありますが、スマートウールはそれらとは一線も二線も画している非常に素晴らしい製品です。

厚さも様々な種類がラインナップされているので登山をやらない人でも一足あればいろんなシーンで活躍してくれますよ

ハイキングミディアムクルー

僕が普段登山で使っているのがハイキングミディアムクルーです。ほどよく厚手でしっかりとしたクッションがあり季節を問わず使うことができます。脛まで覆ってくれるので登山靴を履く時にピッタリなソックス。

PhDランウルトラライト マイクロ

ハイキングミディアムクルーもいい靴下なのですが、普段使いにするにはちょっと分厚すぎるんですよね。

日常生活で使えるようなもうちょっと薄手のsmartwoolソックスでオススメなのがコチラ。クッションを省いてあるのでフカフカさはありませんがスマートウールのいいところはバッチリ抑えた靴下です。

-登山
-,