鏡張りのウユニ塩湖を見るために選びたいウユニのツアー会社とツアーの参加の仕方

2016/03/13

ウユニ塩湖 鏡張り

ウユニ塩湖はボリビアのウユニという町から車で1時間くらい走った場所にあります。だだっ広い荒野にいきなり新潟県くらいの面積の塩湖が広がるその場所には舗装された道路なんてものはありません。

また、イメージするような鏡張りのウユニ塩湖というのはどこでも見れるかというとそうでもなく、きちんとしたポイントを探して訪れる必要があります。

ということで、鏡張りのウユニ塩湖を見たければ、ウユニの街で車をチャーターしてツアーを催行しキレイなポイントまで行かなければならないのです。

鏡張りのウユニ塩湖をみるためには

ウユニ塩湖 鏡張り ランクル

ウユニの街は塩の採掘の拠点であると共に、今や一大観光都市となっています。もちろんお目当てはウユニ塩湖。中心部にはたくさんのツアー会社がズラリとならんでいます。

ウユニの街から約1時間、道なき道を走ったところにウユニ塩湖はあるので、普通の車では行けません。ツアー会社の多くはTOYOTAのランドクルーザーを保有しているので、それをチャーターして塩湖まで行くことになります。

鏡張りのウユニ塩湖を見るためのツアー会社を探す

ウユニ塩湖の車の中

ウユニ塩湖というと僕ら日本人は塩湖に水が張ったいわゆる「鏡張り」の状態のものをイメージします。

鏡張りを見るベストシーズンはコチラに書いてます。

ウユニ塩湖で鏡張りの絶景を見たい!ウユニ塩湖ってなに?ベストシーズンはいつ行けばいいの??

ただ、この鏡張りが好きなのは何故か日本人だけだそうです。欧米人の多くは塩湖の乾いた大地のほうが好きなようですね。最近は鏡張りが好きな欧米人も増えてきているようですが、それでもやっぱり乾いた塩湖でトリック写真撮る方が好きみたいです。

ウユニ塩湖はかなり広いのですが、きれいな鏡張りが見えるポイントというのは限られてきます。また、乾いた塩湖が好きな欧米人とツアーが一緒になればどうしても意見が別れてしまいますね。

なので、鏡張りのウユニ塩湖を見れるツアー会社を探すポイントは

  • 日本人が多い
  • 鏡張りのウユニ塩湖のスポットをよく知っているドライバーがいる

となるわけです。では、どこのツアー会社がいいのでしょうか。

おすすめは「穂高」と「ブリサ」

穂高

これはもう断言しますね。ウユニ塩湖で鏡張りを見ようと思ったら、「穂高」「ブリサ」この2つのツアー会社を探してください。2つのツアー会社は並んでいるので、迷うこともないと思います。

では、なぜこのツアー会社がオススメなのか。それは圧倒的に日本人が多いからです。ヘタな田舎の人口密度を超えるんじゃないかと思うほど。

前述のとおり、鏡張りが好きなのはほぼ日本人です。なので、まずはウユニの鏡張りのツアーに行けるようなプランを組んでくれるところを選びたいわけです。

そして、日本人が多いということは、ツアー会社も日本人が好きそうな鏡張りのポイントをよく知ったドライバーを手配してくれます。

鏡張りのポイントをよく知っているから日本人が多いのか、日本人の客が多いから鏡張りのポイントをよく知っているのか。卵が先か鶏が先か分かりませんが、この「穂高」と「ブリサ」という2つのツアー会社にはたくさんの日本人がごった返していますし、その期待に答えてくれるよう鏡張りのポイントまで案内してくれます

ちなみに、穂高という会社名ですし、日本の会社っぽい気がするんですが、全然そんなことありません。

せっかく海外まで来たのに、日本人ばっかりとつるむのもなあ、という方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、お好きなツアー会社を探すのもありでしょうが、塩湖でいろいろな写真とか撮りたかったりする時、言葉が通じる日本人同士っていいもんですよ。

ツアーの予約は英語で。ドライバーはスペイン語がほとんど

穂高

日本人がめちゃくちゃ多いわりに、やっぱり日本語は通じません。とはいえ、英語はある程度通じますし、向こうもたくさんの日本人を相手にしているのでツアーの予約はかなりスムーズです。

いっぽう、ウユニ塩湖まで連れて行ってくれるドライバーはスペイン語しか喋れないことがほとんどです。たまに英語も喋れる人もいるようですが。

スペイン語しか喋れないとはいえ、なんとなく意志の疎通はできるので、そこまで困ったりもしませんが、細かい注文などがある場合は英語の通じるツアー会社のほうで確認しておいたほうがいいでしょう。例えば塩のホテルに寄ってほしいとか。

塩湖に着くと、このドライバーの人がいろんな写真を撮ってくれたりします。車内にはトリック写真用の小道具があったり。このへんはドライバー次第です。

長靴はレンタルできる

ウユニ塩湖は一面水が貼っているので、各ツアー会社が長靴を貸し出してくれます。そんなにたくさん数があるわけではないので、自分の足にあった長靴は早い者勝ちにはなりますが、あまりにも汚いようなものもないし、数も足りているのでなんとかなります。

一日中いろんなツアー客が訪れるので、中には少し湿っているものもあったりしますし、それを見越してビニール袋を持ってきている旅行者もいましたが、まあそんなに気にしなくてもいいかなとも思いました。

ウユニ行きのツアーの予約の仕方

ツアーの予約の仕方はすごく簡単です。各ツアー会社の玄関にツアーに行きたい人たちが紙を張っています。

ウユニ塩湖のツアーの張り紙

こんな感じで1〜7までの数字がふってあります。塩湖に行くのはほぼTOYOTAのランドクルーザーで、8人乗り。ドライバーを除く7人が定員なわけですね。

基本的にはこの1〜7の数字に空きがあれば名前を書いて、ツアー会社の人にお金を渡せば予約完了です。

ランドクルーザーをチャーターするので、本来はそのツアー代金を頭割りします。なので、人数が足りなければその分高くなるんですね。しかし、鏡張りが見れるようなハイシーズンに行く場合には、定員に足りないということはほとんどないようです。なので、名前を書いた時に7人分で割ったツアー代金を渡せばOK。一人120ボリ〜150ボリ(2000円ちょっと)。

補高とブリサで若干料金やツアーの時間帯などが違うので、実際に行ってみて確認してみてください。

日本とは違ってボリビアは月と日の書き方が逆です。2/6であれば06−02みたいに書いてあるのがわかりますか?時間帯によっては日付越えてから出るツアーもあるので、時間と日付の確認をちゃんとやっておきましょう。日にちを間違えて予約していた人もいたので要注意です。

ちなみに行きたいツアーが無ければ自分でツアーの紙を作ることもできます。ドライバーの空きがあるか確認して、ツアーを催行したいことを伝えれば紙を作って玄関に張ってくれます。わりとドキドキしますが、あっという間に埋まるのでそんなに心配はいりません。

異なる時間帯の4つのツアー

ウユニ サンセットツアー

ツアーは約6時間の行程。ウユニまでが片道1時間くらいなので、現地の滞在は約4時間くらいですね。

補高とブリサでは出発や到着の時間帯が若干異なるものの、おおよそ4つの時間帯のツアーに参加することができます。ここでは穂高のツアーの種類と時間帯を紹介してみます。

DAY TIME(デイタイム)9:00~16:00

魚眼とウユニ

お昼にウユニ塩湖に行くツアー。真っ青な空とウユニ塩湖の鏡張りを見たいのならこれ。

僕は他のツアー会社のデイタイムに行ったのですが、穂高のツアーでは列車の墓場や塩のホテル、コルチャニ村などにも寄るようです。

SUN SET(サンセット)15:30~21:30

ウユニ サンセット ランクル

お昼すぎからウユニ塩湖にでかけ、夕日が沈むのを見てから帰るツアー

真っ青な鏡張りと夕焼けに染まる鏡張りが見れるのでかなりお得感があるツアー。僕も基本的にほとんどサンセットツアーに参加していました。2月の現地時間でだいたい18:00〜19:00くらいから夕焼けが始まります。その後、20:30くらいまで塩湖にいるので、うまく行けば星も少し見えるかも。

STAR LIGHT(スターライト)23:00~3:00

saizou

夜の満点の星を堪能するツアー。僕はこれ参加してないので詳細が分からないのですが、星を見たりペンライトで文字を書くような写真を撮りたいのならこれに参加しましょう。

SUN RISE(サンライズ)2:30~8:30

ウユニ サンライズ 星

ウユニの街を深夜に出発し、夜明けまで星を見ることができます。その後はウユニ塩湖の朝焼けを観賞

天の川を狙って2月ころに訪れるのなら、このツアーに参加するのがいいと思います。

時間帯を見てもらうとサンセットからのサンライズ、そこから寝ずにデイタイムなんていうハードコアな日程組むことも可能ですが、ぶっ倒れるのでやめておきましょう。ちなみに、僕はぶっ倒れました(笑)

真面目な話、長旅からの疲れ、高山病、慣れない食事や環境と案外体調くずしやすいと思います。時間がもったいない気もしますが、ご自分の体力ときちんと相談してツアーを組んでください。

ウユニにのツアーでちょっと気になるところ

ウユニ鏡張り ランクル

雨の日はツアーは催行するの?

僕が訪れた時は、何度かスコールのような土砂降りの雨が降っていました。僕は参加していませんでしたが、他の旅行者はわりと雨でも行ってたみたいです。が、このへんはお天気しだいかなと思います。

2泊3日のツアーとかがあるみたいなんだけど

穂高やブリサで行くウユニ塩湖はツアーとは言うものの、ランクルをチャーターしているだけなんですね。

ツアー会社によっては、いろんな観光名所を回る、本格的なツアーに参加することができます(穂高やブリサでもそういったツアーに参加できます)。2泊3日の日程で塩湖を南下し、チリの国境付近まで行ってウユニに折り返したり、そのままチリに抜けるようなツアーがあるようです。

ウユニ塩湖がメインの旅ではなかなか参加する機会がないかもしれませんが、ゆっくり時間をとれるのならこういったものもおもしろいかもしれませんね。

逆にウユニ塩湖だけ行きたいのなら、間違ってこういったツアー会社のツアーに参加しないようにw

ツアーの人数が集まらなかったら?

穂高 サンライズツアー

一応前払い製ですが、人数が集まらなかったら頭割りになります。チャーター料金さえ払えれば塩湖までは行ってもらえると思いますし、交渉次第でなんとでもなるかと

ドライバーが少ない日があるので少し注意

2月〜3月のシーズン中にウユニを訪れた時、ウユニの街でカルナバルというお祭りがやっていることがあります。期間中でもツアーは催行されますが、カルナバルが終わった翌日だけはみんな休んで昼から飲んでるので、極端にドライバーが集まりにくいことがあります。

1日だけなので日をずらしてもいいですが、少ないながらツアーが催行される所もあるので探してみてもいいと思います。

トラブルとかないの?

車 故障

僕は5回ツアーに参加しましたが、一度ランクルが煙を吐きだしましたwww

ただ、すぐに別の車が街からチャーターされてきましたが。こんな時、スペイン語が喋れるとちょっと安心ですね。

交渉次第でツアーの内容は変えられる

例えば、星だけガチで撮りたい!なんて方もいらっしゃるでしょう。ツアーの内容は交渉次第でいろいろアレンジすることができます。もちろん、交渉は英語でのやりとりになりますが。

場合によっては料金なども少し変わってくるかもしれませんし、あまりに偏ったツアーだと人数も集まらないかもしれません。とはいえ、せっかくのウユニ塩湖、納得のいくツアーを計画してみてもおもしろいかもしれません。実際、12:00〜5:00のツアーの張り紙も目にしました。

まとめ

穂高とブリサの周りにはここは果たしてボリビアかと思うほどたくさんの日本人がいます。多少困ったことがあっても、誰かに聞けば教えてくれるので、現地ではそこまで困ることもないでしょう。

みんな海外まで来るだけあって、英語やスペイン語が喋れるような日本人のかたもけっこういるので、かなり頼りになったりします。

上記の2社であれば、あとはお天気と運次第で素晴らしい光景ときっと出会えるはずです(๑•̀ㅂ•́)و✧

関連記事

-
-,