死ぬまでに見たい絶景!ウユニ塩湖へ行ってきた!!その2

2017/02/05

ウユニ サンセット

死ぬまでに見たい絶景!ウユニ塩湖へ行ってきた!!その1 | ログカメラ

島根から延々2日もかけようやくたどり着いたウユニの町。

今回は宿の手配やら、実際にウユニ塩湖まで行った時のことを書いてみます。

ウユニ滞在1日目(2月5日金曜日)

ウユニの銅像

ウユニの町から塩湖までは約1時間くらい離れています。また、ウユニ塩湖はめちゃくちゃ広いので、その中でもキレイな鏡張りが見れるところに案内してもらわなければいけません。

ということで、ウユニを訪れた人のほとんどは現地のツアー会社で車をチャーターして塩湖まで行きます

ウユニ塩湖というと僕ら日本人は、あの鏡張りを想像するのですが、他の外国人は鏡張りより水の張っていない塩湖でトリック写真とかを撮る方が好きなようです。なので、鏡張りを見ようと思ったら、水を張っているところへ連れてってくれるツアー会社を探す必要があります。

穂高

んで、そのツアー会社の中で日本人の使用率が圧倒的に高いのが「穂高(HODAKA)」「ブリサ」。隣り合った場所にあります。

ウユニの町はそんなに広くもないんですが、できるだけツアー会社の近くに宿をとりかったので、まずはタクシーにここへ向かってもらいました。

ウユニのホテル「AVENIDA(アベニーダ)」

ホテルavenidaアベニダ

穂高、ブリサから一番近い場所で安宿を探してまっさきに出てくるのがコチラ、ホテル「AVENIDA(アベニーダ)」ハイシーズンでは満室のことも多いそうです。

到着してすぐにフロントまで行ったのですが、チェックアウトが11時なのでそれ以降に来てくれとのこと。その間にドルからボリビアーノに換金しておきます。滞在した2016年2月ごろの1ボリがだいたい16円くらい。ボリビアはわりと物価が安いのですが、ウユニでは場所によって食べ物や雑貨は案外いいお値段していました。

11時になってアベニーダまでもどると、シングルの部屋が空いているようです。よかった。

シングル・シャワートイレ共用の部屋で50ボリ(約800円)めちゃ安いですな。

アベニーダ 内装

小さなテーブルとテレビ、それにベッドだけがある簡素な部屋ではありますが、遠征するとだいたい車中泊やネカフェで寝る僕としては、寝床が平らなだけでありがたいです。電波弱いですが、立派にWi-Fiも繋がります。あれならSIMカード買おうかと思ってましたが、ホテルのWi-Fiで充分でした。

2日間ずっと飛行機と空港だったのでしばらくぶりに早速シャワーを浴びてみます。一応ホットシャワーということですが、日本のような熱々のお湯が出てくるわけではありません。それでもこざっぱりでき気持ちよかったです。

穂高(HODAKA)でツアーの申し込み

穂高

HODAKA MOUNTAINと書いてあります。北アルプスの穂高連峰からとったんですかね。ちなみに穂高という会社ですが日本のツアー会社とかそういうわけではありません。中の人もボリビア人です。

ただ、日本人の好きな鏡張りの場所へ連れてってくれるので、ウユニに行く人の中ではかなり有名です。

ウユニ塩湖へは舗装もされていない道なき道を行きます。さらに塩湖じたいその名のとおり塩なので、鏡張りをしている場所へ行くには塩水の中を走ることになるですね。

なので、どこのツアー会社も基本TOYOTAのランドクルーザーで連れて行ってくれます。さすが世界のTOYOTA。ランクル大正義ですね。このランクルをチャーターしてウユニ塩湖まで向かうことになります。

このランクルは8人乗り。ドライバーを別にすると7人ですね。7人グループなんてなかなか無いので、必然的にいろんな旅行者と乗りあわせて行くことになります。

ウユニ塩湖のツアーの張り紙

ツアーはデイタイム、サンライズ、サンセット、スターライトとざっくり4つの時間帯に催行されます。車をチャーターしてこんな感じに張り紙をツアー会社の入り口に貼っておくと、行きたい人がどんどん書き込んでいきます。

今の時間が11時。15時30分から始まるサンセットツアーと、その後深夜の2時30分から始まるサンライズツアーに空きがあったのですかさず書き込みました。ウユニにsaizouの文字を残してきた。

飛行機であまり寝られず、さらに夜の間ぶっ通しのツアーということでかなり不安が残りますが、せっかく地球の裏側まできたので。これが後々裏目に出るのですが……

ウユニの町をぶらり

ウユニの町

ツアーの出発時間が15時30分。心配していた雨もウソのようにいいお天気なので、少しウユニの町をぶらぶらしてみます。

ウユニの町

この時期ウユニは雨季。というと、なんだか日本の梅雨のようなジメジメしたお天気を想像するのですが、全然そんなことはありませんでした。今年はちょっと異常気象みたいで、例年に比べかなり雨が少ない、というのもあるかもしれませんが、なんというかまあ、空が青い青い。

ウユニ 犬

あと、野良犬がめっさいました。どいつも昼間っから飲んでるおっさんみたいな目をしていたのでけっこう怖かったです。僕はわりと犬に好かれないので、なるべく距離をおきながら。

ウユニ 犬

踏ん張っているところを写したら、めっちゃ唸られました。

ウユニ 犬

マーキングしているところを写したら、めっちゃ唸られました。

犬とは相性わるいです。

ウユニ カーニバル

ウユニの町はちょうどお祭りをやっているみたいで、街中がかなり浮かれている感じです。僕も次第に浮かれてきました。

ウユニ 水鉄砲

真ん中の子どもとか、かなり浮かれてていいですね。よく見ると水鉄砲を持っているのがわかると思うのですが、どうもこのお祭り水とかをかけてヒャッハーするお祭りのようで、僕もかなり水をかけられました。カメラを持っているのでドキドキです。

この他にもカラースプレーをかけたりする子どももいるみたいで、他の旅行者は服をいろんな色に染められていました。

わざわざ彼らのお祭りの時期に訪れているので、文句を言ったりするだけ野暮ってもんですが、汚れてもいいような着替えを持っていけばよかったなと思いました。

それでもやっぱりお祭り独特のこの雰囲気はいいもんです。

ウユニでお昼ごはん

ウユニ ご飯

お腹がへったので、食堂を訪れます。初ウユニ飯ですな。

ウユニ スープ

生まれて初めてのウユニ飯は、注文することなくテーブルに置かれました。何を言ってるかわかんないですよね。なんか、メニューとか無いようで、この店は自動的に同じものがみんなに振る舞われるようです。(他の店にはメニューありました。というか、ここだけなかった)

ウユニ スープパスタ

スープの中にはマカロニっぽいのと謎の肉が入っていました。

ウユニ ご飯

さらにもう1皿ドン!ここにも謎の肉と、ご飯っぽいパサパサしたなにかが。うまいとかまずいとかはひとまず置いといて、日本では味わえないような風味や味付けが外国に来たのだなあとしみじみ思わせてくれます。こういうのいいですね。うまいとかまずいとかは置いといて。

いよいよサンセットツアーに!

ウユニ サンセットツアー

ご飯を食べて一瞬仮眠をしたあとはいよいよサンセットツアーに参加です!穂高の前に行くと、ここは日本の裏側かと疑うほどの日本人。さすが日本人御用達のツアー会社です。

15時30分からなのに、あたりまえのようにやってこないドライバー。いいですね、ボリビア時間です。

ツアーで同行する方々と挨拶を交わし、いざウユニ塩湖へ!

今年のボリビアは異常気象で雨季である1月に、ほとんど雨が降らなかったようです。2月に入ってからようやく少し雨が降ったようなんですが、それでも日に日に干上がってきてると、少し前から滞在しているかたに道中いろいろ教えてもらいます。

リャマ

道すがら、リャマの群れに遭遇。さっき食べた謎の肉がこれだよ、と教えてもらいます。わりと可愛い顔しているのに、ガチガチの硬い肉でした。

道なき道をガタガタ言わせながら約1時間ちょっと、ようやく着いたのがコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウユニ塩湖 鏡張り

 

 

鏡張りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

 

雨不足のため、一面に水が張っている、という感じではありませんでしたが、これぞウユニ!という光景が広がっていました。

心配していた天気もまるでウソのように(事実、ウユニでは天気予報はほとんどアテにならなかった)空は青く、風も無い、素晴らしい条件

ウユニ鏡張り ランクル

雨季に塩湖に水が張り、風のない晴天というかなりシビアな条件を要求されるウユニ塩湖。さらに、なんも無いところなのであんまり快晴すぎると今度は絵にならないという、かなりワガママな場所なんですが、頭の中で描いていたイメージを目の前にし、夢中でシャッターを切りました。

ランクルがまたいい味を出していますよね。

ウユニ 鏡張り

空からは快晴の太陽、それをガンガン照り返す塩湖のおかげで、サングラスをしていないと、まともに目が開けていられないくらい眩しいです。

同じ世界にこんな場所があるんだなあ、と思っちゃいます。

ウユニ塩湖 鏡張り 太陽

フレアとかゴーストとか、そんな細かいこと気にせずに、ガンガン太陽を写しこみます。溢れんばかりの光がさんさんと降り注ぐのがいいですね。

ウユニ塩湖 鏡張り ランクル

やっぱランクルとウユニっていいよね。

ウユニ塩湖 鏡張り

太陽を背にして、順光側を撮ると今度はグッと青の色が濃くなります。まさしく鏡のようにキレイに反射しているのがわかりますね。

ウユニ 鏡張り

雲の位置や形が変わるだけで、まったく違う写真になるので非常におもしろい。見ていてちっとも飽きません。

ウユニ 鏡張り 自撮り

あんまり自撮りすることないのですが。いかに浮かれていたかわかりますね。

そしてサンセットへ

ウユニ サンセット

夕方になるにつれ、少し風が出てきてしまい鏡張り、という感じではなくなってきましたが、それ抜きでも美しいサンセットの時間です。

空も大地も真っ赤に染まるその瞬間。テンションはガンガン上がっていきます。ガンガン上げたテンションでまた自撮りです。お恥ずかしながら、かなり浮かれているのがおわかりいただけると思います。

ウユニ サンセット ランクル

ランクルはやっぱり絵になりますなあ。

ウユニ サンセット シルエット

ツアーを同行したかたにモデルになってもらいました。ウユニはほんと美しいのですが、どうしても雲だけだと漫然とした写真になってしまいます。なので、人が入るとぐっといい絵になりますね。

ウユニ ブルーアワー

この後、ブルーアワーの時間までじっくりウユニを楽しみました。
←PERV 死ぬまでに見たい絶景!ウユニ塩湖へ行ってきた!!その1 - ログカメラ
NEXT→ 死ぬまでに見たい絶景!ウユニ塩湖へ行ってきた!!その3 - ログカメラ

関連記事

死ぬまでに見たい絶景!ウユニ塩湖へ行ってきた!!その1 | ログカメラ

-撮影記
-, ,