カメラアクセサリ

NiSiのホルダーがケラれるって書いてたら、中の人から付け方が違うとご指摘いただいたんだけどやっぱりケラれていたという話

投稿日:2018年7月26日 更新日:

NiSi ホルダー ケラれ

タイトルそのまんまなんですがこんにちは。

先日ですね、KANIのホルダーを試したときにこんなこと書いてたんです。

ただ、このへんは14mmという広角を使う上では避けては通れない道ですね。14−24mmは歪曲がすごいですし。KANIだろうがNiSiだろうがケラれます。NiSiは3枚が標準なので正位置でも若干ケラれます。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの広角端はかなり広い角度まで写すことができるので角型ホルダーなどをつけるとそれが画角内に写りこんでしまったりするのです

以前のKANIのホルダーがこのケラれがひどく買い換える一番の要因になりました。

KANIのほうはその後、新ホルダーが発売されました。3枚フィルターがつけられる仕様だとどうしてもケラれるので、それなら2枚だけの仕様にしたらいいやんけ、みたいなのりでケラれの問題を解決。

NiSiのほうはフィルターが3枚つく仕様。その仕様上、広角端の場合、傾けたらもちろん、正位置でもケラれることがあります。

と、いろいろと試してみてブログに書いていたら中の人からお手紙が来ました

NiSiの14−24mm用のホルダーは正しい装着をしていたら正位置ではケラれません

NiSiの中の方のおっしゃるにはNiSiの14−24mm用のホルダーは正位置ではケラれないよう作られている、とのことです。

いやいや、これは大変もうしわけないことをしたと。とくにホルダーの中に説明書とかもなく自己流の付け方をしていたのですが、ケラれの発生しない正しい付け方があったのでしょうか。

さっそく教えを請うて検証しなおさなければ!

NiSi ホルダー 付け方

僕は14−24mmのフードの4つのくぼみに、ホルダーの4本の棒がひっかかるようにするのが正しい付け方だと思っていたのですが、違ったのでしょうか?

 

 

 

あってました(๑´ڡ`๑)

 

 

 

 

あれー。この付け方でもケラれるんだけどなー。ケラれている画像をもう一度送ります。

何度となく繰り返される検証

送った画像を確認していただいた結果

「ホルダーが傾いているからやりなおしてください」と返信がきます。そうかー、かたむいていたかー。しまったなー。

撮った写真だと傾いているかわからないですからね。確かにそうだ。

なので、今度は傾いていない様子を動画で撮りながら、そのままライブビューの画像を撮影。これならケラれているということがしっかりわかるでしょう。

「ホルダーが奥までしっかりレンズフードの底まで達していないのでやりなおしてください」そうかー、そこまでたっしていなかったかー。しまったなー。

噛み合わない会話

NiSiさんのほうでも検証していて、こちらではまったくケラれないとおっしゃるわけですし、こちらはこちらで何回もやったあげくケラるのでなんだか悪魔の証明のようになってきました。

傾いている、奥まで入ってない、ホルダーのネジの締め方が悪いと言われそのたびにやりなおした結果なんですが。

んで、ひとつ気がつくわけです。NiSiさんから正しい付け方と撮り方で撮影しケラレがない、と言われている場合のレンズのピント位置。

このピント位置が0.35mのところで検証されているわけです。

1424mm 最短撮影距離

僕の言っているケラレは最短撮影距離付近のピント位置(0.28mあたり)で起きるものを言っていたわけです。なるほどなー。

同じ画角でもピント位置によって撮影できる角度が若干変わってきます。NIKONの14−24mmではただでさえ広い画角なんですが最短撮影距離付近ではもうちょっと広い角度が写るのでホルダーがケラれてしまったのでしょう

とはいえ、こういう場合でケラれてます、というのは最初にお伝えしてたんですけどね。

たぶん、このピント位置での検証はされなかったのでしょう。そうでしょう。ということで、この位置でケラれてますよというのを再々度お伝え申し上げた次第です。

最短撮影距離と被写界深度目盛りの勘違い?

そうして返ってきたお答えが

「14−24mmの最短撮影距離は0.3mなので、ピント位置を0.28mにしたら合焦しない。」

僕も今回この検証するまで勘違いしていたんですが、このピントリングのところにあるのは被写界深度目盛りといいまして、最短撮影距離を表しているものではありません

そして、NIKONの14−24mmの最短撮影距離でピントが合うとき、被写界深度目盛りは0.28mの場所になるのです(というかもう少し右)

そのへん勘違いしていらっしゃいませんか?というのを再々々申し上げた次第で御座います。

加えて、

メーカーが

Nikon 14-24mm f/2.8にジャストフィットし、ケラレのない撮影を実現。

via:角型フィルター 150mmシステム Qホルダー | 角型フィルターのNiSi

と謳うのであれば、イチユーザーとしてはあらゆる場合でケラれないものだと感じると思うのです。

たしかに風景撮影で多く使われるであろうNDフィルターを最短撮影距離で使うというのは、もしかしたら特殊なシチュエーションのかもしれません。

しかし、作り手の想像を超えて使うのがユーザーではないのかな?とも思うのです。

なかにはNDフィルターを最短撮影距離で使用し素晴らしい作品を作り上げるかたがいるかもしれません。

最短撮影距離付近でケラレが発生する。というのは実際にいつも使用しているからこそ気づけたことですし、今回ご縁があってNiSiの中の御方とお話する機会があったおとですし、そのへんもしっかりイチユーザーとしてお伝えできればと思いました。

それこそ、NiSiさんの作られる製品はすばらしいものですし、もっといいものも期待しているわけで。

そんな思いを込めて送ったメッセージ。

NiSi メッセンジャー

返事はまだありません(๑´ڡ`๑)

2018/7/26

NiSiのホルダーがケラれるって書いてたら、中の人から付け方が違うとご指摘いただいたんだけどやっぱりケラれていたという話

タイトルそのまんまなんですがこんにちは。 先日ですね、KANIのホルダーを試したときにこんなこと書いてたんです。 KANIの14−24mmホルダーが使いやすくなってリニューアルしたので試してみた! 1 user全国1億3千万人のKANIファンのみなさまこんにちは。実は以前NIKONの14−24mm用のKANIのホルダーを入手したんですが、ちょっと僕の使い方では合わなかったというお話をし... ただ、このへんは14mmという広角を使う上では避けては通れない道ですね。14−24mmは歪曲がすごいです ...

ReadMore

2018/2/12

KANIのホルダーを使ってみたらイマイチ合わなかったのでNiSiを買い直した話

もう、タイトルそのまんまの記事です。 左がKANIのホルダー、右がNiSiのホルダーなんですが14−24mm用にKANIをゲットした結果ちょっとイマイチだったので今日は何がイマイチだったのかちょっと書いてみようと思います。 目次1 ホルダーの付け方とケラれ方がちょっと気になった2 ホルダーの取り付け方の違い2.1 NiSiのフィルターホルダーの取り付け方2.2 KANIのフィルターホルダーの取り付け方3 14mmでケラれる3.1 NiSiのホルダーのケラレ3.2 KANIのホルダーのケラレ4 KANIとN ...

ReadMore

2017/11/22

NiSiの角型NDフィルターを購入したので選び方や使い方を紹介してみる!

こんにちは。突然ですがNDフィルターです。 NDフィルターを使った幻想的な写真が撮りたい!ということでとうとうNiSiのNDフィルターを購入しました。 評判はかなりいいものの、あまり情報がないので今回はNiSiのフィルターのメリットや選び方、使い方などを紹介してみたいと思います。 NDフィルターってなに?ってかたはこちらもご覧になってみてください。 NDフィルターって何?NDの選び方・種類・使い方をまとめてみた!滝が白糸のように流れたり、波がシュワシュワになっていたり、スローシャッターを使うと普段目にする ...

ReadMore

2017/9/5

ハワイ海水浴場の鳥居を長時間露光で撮ってきた!

こんにちはsaizouです。マイブームは長時間露光です。 先日、NiSiのフィルターを買ったので最近もっぱら露光を長時間にしています。 先日は廃船を撮ってきたのですが、やっぱり長時間露光というと海な気がしますよね。ザブザブ言ってる波をシュワシュワにしたいお年頃なわけです。 ということで、フィルター芸を磨くべく近場でいろいろ遊んできました。 目次1 ハワイ海水浴場の鳥居2 夕方に流木と2.0.1 まとめ ハワイ海水浴場の鳥居 やってきたのはハワイ海水浴場。ここは岩の上に鳥居があるので、けっこうフォトジェニッ ...

ReadMore

2017/9/4

大根島の廃船

島根県非公認観光大使のsaizouです。ただものだんだん。 先日ですね、NiSiの角型フィルター買ったんですよ。NiSiって知ってます? NiSiってNDフィルター売ってるメーカーで、ホルダーをつけることで広角の出目金レンズとかにもNDフィルターが使えるようになるんですよ。 んで、僕は広角はタムロンの15-30mm使ってるんですが、それにあわせてNiSiのシステムを一通り揃えたですね。 風景や星景に大活躍!コスパ抜群の広角ズーム TAMRON(タムロン) SP 15-30mm F/2.8 Di VC US ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラアクセサリ
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.