カメラアクセサリ

RRS(リアリティーライトスタッフ)トラベルクランプキット

投稿日:2018年2月19日 更新日:

RRS トラベルクランプキット

全国1億3千万人のRRSファンのみなさまこんにちは。

RRS(リアリーライトスタッフ)からは雲台や三脚だけでなく、非常におもしろいアクセサリ類も販売されています。

こちらのトラベルクランプキットも男の子ゴコロをくすぐる素敵な製品になっているのでちょっと紹介してみましょう。

どんなところも三脚になるトラベルクランプキット

旅行に三脚を持っていけない

RRS トラベルクランプキット

RRSのトラベルクランプキット。このカニのハサミみたいなやつが、今回の主役です。

三脚はカメラを固定できることができ、写真撮影では非常に心強い無くてはならなくものです。とはいえ、旅行などいつもいつも三脚を担いで移動するわけにはいかなかったりします

けれど、そういう時に限ってキレイな夜景があったり星空があったり、三脚が必要なタイミングがくるわけです。あるあるです。

そういう時のためにカメラバッグにこいつをひとついれておくだけで、あら不思議。いろんな場所でカメラを固定できるわけです。

三脚をいくつもたてるのが忍びない

RRS トラベルクランプキット

だだっ広い荒野で、2台体制で撮影!とかであれば2本三脚をたてれば済む話ですが、例えば花火大会とか他の人もいるような時、何本も三脚たてるのはちょっと忍びないわけです。

そういう時、このトラベルクランプがあれば三脚にガブッとつけておけるので、簡単に2台体制が実現します。三脚を何本も持っていかなくていいので、荷物も少なくなりますね。

なんだか、すげえ素敵な製品に見えてきましたね。オラ、わくわくすっぞ。

トラベルクランプキットの使い方

RRS トラベルクランプキット 使い方

使い方は簡単。直感的に使えます。小さいネジのほうで挟んだあと、大きいネジのほうで締め付けて固定します。このトラベルクランプおそろしい咬合力なので調子にのって締め付けているとカーボンの三脚とかはメキメキ言いだします。ゆっくり気をつけながら挟んであげましょう。

三脚ぶっ壊しかねない咬合力なので、固定力はバツグンです。

雲台はBH-25やBC-16

RRS トラベルクランプキット

雲台はRRSのBC-18BH-25がぴったりなサイズです。クランプキットとして、このどちらかの雲台を選べるようになっています。僕はミニ三脚でも使いたかったのでBH-25をチョイスしました。

クランプにたくさんネジがきってあってこのどこにでも装着できる

トラベルクランプキット ネジ穴

3/8の太ネジが1本付属しています。また、クランプ自体に3/8の太ネジをはめ込めるネジ穴がいろんなところに合いています。このおかげで雲台をいろんなところに装着できます。

このクランプを挟む場所はいろんなところが考えられますので、かなり自由度が高いわけですね。

平らな場所には平面アダプターを使う

IMG 6659

カニのハサミのようになっているのでいろんなところに噛ますことができますが、平らな部分だとちょっとうまく挟めないことがあります。

オプションで平面アダプター(FLAT SURFACE ADAPTERS)があるのでそれを使いましょう。

平面アダプタ RRS

このアダプターは小さい六角レンチで締めるんですが、その六角レンチはこのアダプター内に磁石でくっつくようになっています。こういうRRSのギミックはこう、なんというか男の子ゴコロをウキウキさせますね。

RRS トラベルクランプ 平面アダプター

ということで、今週のビックリドッキリメカの完成です。ちなみにこのアダプターつけたまま三脚にはめようとすると、カーボンがミシミシいいだしますのでやめておきましょう。

RRS トラベルクランプキット 平面

机の端に付けてみます。平面でガッチリ挟み込むのでさらに固定力が増します。

どれくらいの重さに耐えられるか?

RRS トラベルクランプキット

咬合力はかなり強いので、けっこうな重さに耐えられそうなんですが、その分ガチガチに噛んでやらないといけません

三脚に取り付ける場合など噛まれるほうがこの咬合力に耐えられないということが多そうです。ですので、あまり思いっきり締め付けないようにしています。

D750にバッテリーグリップつけて大三元、とかだとちょっと固定力が甘いかなと思います。僕は三脚に取り付ける場合はα7Ⅱとかのちょっとコンパクトなカメラにしています。

RRS トラベルクランプ

一方、噛むところがしっかりしているのなら、わりと重めのものもいけます。ただこの場合、BH-25がこのバランスの悪さに耐えきれず、少し雲台が動いてしまいますね。

まとめ

けっこうイロモノかと思ったんですが、使い勝手のよさそうなトラベルクランプキット。とにかく持ってるだけでもテンションあがる逸品でした。

2019/3/26

RRS(リアリーライトスタッフ)のZ7用のL字プレートを購入しました!

Z7用のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)のL字プレート、だいぶ前に注文していたのですがようやく海を越えてやってきました。 今まで汎用のプレートで急場をしのいでいたのでようやくといった感じです。まだゲットされてないかたもいらっしゃると思うのでレビューしてみようと思います。 目次1 Z7用のRRSのL字プレート1.1 海を越えてやってきた1.2 プレートの外観1.3 取り付けた感じ1.4 実際に雲台に取り付けてみる1.5 気になったところ1.5.0.1 まとめ Z7用のRRSのL ...

ReadMore

2019/3/16

初心者からマニアまで!あなたにぴったりのおすすめの雲台(うんだい)の選び方!!

全国1億3千万人の雲台マニヤのみなさまこんにちは。お元気ですか? 僕はといえば、非常に素晴らしい雲台ライフを過ごしており、最近では茶器を集める感覚で雲台を買っております。 雲台の良さや素晴らしさをもっとこの世に伝えたいので今日はあなたにぴったりのおすすめの雲台の選び方を書いてみます。 目次1 雲台(うんだい)とは1.1 狙いたい被写体やシチュエーションによって雲台と三脚を組み替える2 初心者の場合は三脚にセットになっている雲台をまず使ってみる2.0.1 フルサイズなどのちょっと重い機材を使っているひとは少 ...

ReadMore

2018/9/30

登山用、旅行用の三脚選びにひとつの答えがでた!?RRS(リアリーライトスタッフ)の三脚TFC-14 Mk2がすばらしすぎる件

三脚に正解はない。 今までそう思って生きてまいりました。どんな三脚でもあらゆる場面や状況に対応できることはできません。重い、軽い、持ち運びしやすい、しにくい。 なので我々三脚マニヤはこぞって何本も三脚を買い集めるのです。 しかし、こと登山用、旅行用、ならばひとつの答えが出たのではないか?そう思っているのが今回購入したReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)のカーボン三脚「TFE-14 Mk2」であります。 目次1 RRS TFC-14 Mk21.1 ただ、登山用にマウンテニア2型はち ...

ReadMore

2018/2/21

RRS製品のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)な選び方

1989年、あるアメリカ人男性の勤める会社が倒産しました。彼はすでに58歳という年齢でしたが、引退するには貯蓄は十分ではなく、かと言って新しく仕事を探すには年を取り過ぎていました。 彼の長年の趣味は写真撮影でした。そして当時購入したARCA-SWISSの自由雲台に取り付けるための、ボディやレンズのクイックリリースプレートの品質や形状に不満を抱いていました。その不満はやがて挑戦への決意へと変わりました。 彼はその後の人生とそれまでの貯蓄を「本当に正確なもの(Really Right Stuff)」の誕生のた ...

ReadMore

2018/2/19

RRS(リアリティーライトスタッフ)トラベルクランプキット

全国1億3千万人のRRSファンのみなさまこんにちは。 RRS(リアリーライトスタッフ)からは雲台や三脚だけでなく、非常におもしろいアクセサリ類も販売されています。 こちらのトラベルクランプキットも男の子ゴコロをくすぐる素敵な製品になっているのでちょっと紹介してみましょう。 目次1 どんなところも三脚になるトラベルクランプキット1.1 旅行に三脚を持っていけない1.2 三脚をいくつもたてるのが忍びない2 トラベルクランプキットの使い方2.1 雲台はBH-25やBC-162.2 クランプにたくさんネジがきって ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラアクセサリ
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.