本が出ました!「美しい風景写真のマイルール」

きちんと理解して活用したい!サードパーティ製レンズのメリットとデメリット!!

サードパーティレンズ

カメラのレンズを選ぶのはホントに楽しいのですが、けっこうな値段がするのが悩ましい所。

そんなレンズ選び、コストパフォーマンスに優れるサードパーティ製のレンズという選択肢も充分検討すべきです。

サードパーティ製のレンズのメリット、デメリットをしっかり理解してあなたにピッタリのレンズを選びましょう。

サードパーティレンズのメリット

コストパフォーマンスに優れる

貯金箱

なんといっても、やっぱり気になる懐具合。

お金がいくらでもあれば、純正のレンズを右から左まで指差して「全部ください」と言うのですが、なかなかそうはいかなもの。

例えばNikonの純正の標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」こちらは大三元レンズとも呼ばれ、f値が2.8通しで描写も素晴らしいもの。んで、そのお値段なんですが、

まあ、目ン玉飛び出るくらい高いですな。初めてこのレンズの値段見た時はこんなん買う人◯◯◯◯に違いないと思ったんですが、おんなじようなレンズが防湿庫にいくつかあるので人生って不思議なもんです。

話をもどしましょう。

さて、同じようなレンズをサードパーティメーカーであるTAMRONさんが作っているんで、その値段を見てみましょう。

やっす!いや、値段的には安いわけではないけど、あれっすよ?半額以下っすよ!?

ハハーン、じゃあ、写りが悪いんだな!?って思うじゃないですか。いや、全然写りいいんすよ

サードパーティから出ているレンズ、機能的には純正に匹敵しながらも、値段はかなり安く手に入れることができるのです。これはかなり助かりますよね。

写りがいい

出雲縁結び空港 ひまわり 夕焼け

昔のサードパーティのイメージというのは「安かろう、悪かろう」でした。価格が安い代わりに、写りはまあちょっと妥協しようかな、みたいな。

しかし、それじゃあやっぱり売れないわけです。ユーザーもそのへん気にするわけです。ということで最近のサードパーティ製のレンズはかなり写りのいいものが多いです。

先ほどのTAMRONの24−70mmなんかもそうですし、SIGMAが最近シリーズとして出しているArtラインなど非常にクオリティの高いレンズになっています。

さらにはカールツァイスなどは、純正よりも余裕で高いけど、超絶高クオリティのレンズを出しています。

サードパーティだからこそ、写りがいいレンズ、というのが今はたくさん販売されているんですね。

もちろん、お値段なりのものもあるので、そこはちょっと注意が必要ですが(笑)

いい意味で変態的なレンズが多い。いい意味で。

大事なことなので2回言いました。

純正のメーカーはやっぱり、ど真ん中のレンズが多いんですね。そんな純正と勝負していかないといけないサードパーティ製のメーカーはやっぱりニッチな部分を攻めてくれるわけです。

特にいい意味で変態的なレンズを出すと言えばシ◯マさんが有名ですね。24−35mmのズームレンズなのにf2通しのレンズとか、8mmの魚眼とか、実に◯グマさんらしいラインナップと言えるでしょう。

極めつけはAPO 200-500mm F2.8、通称エビフライとかいうめちゃくちゃなレンズまで出しているわけです、シグ◯さんは。

こういう、いい意味で変態的なレンズをこれからもシグマさんには頑張って出してほしいなと思います。

メーカーごとに、「こういう部分に尖っている」っていうのがあって、そのラインナップを見ているだけでもおもしろいです。

サードパーティレンズのデメリット

Gyafun

というわけで、いろんなメリットがあるわけですが、そこだけ見ているとそこまでの価格差の理由ってわかんないですよね。その価格差が出るだけのデメリットがいくつかあるんですが、これ、人によっては気にならない所だったりします。なので、きちんとデメリットを理解しておくことで、自分に合ったレンズ選びができます。

オートフォーカスが純正に比べ、不安定

今のカメラはデジタル化していて、レンズとカメラは電子的にコントロールされています。

純正であれば、設計からカメラとレンズがきちんと連動するように作られているんです。なので、こういう電子的なコントロールを求められるもの、例えばオートフォーカスなどは純正に比べるといささか不安定です。

もちろん、オートフォーカスが効かない、ということではありません。

ただ、写真を撮っているときって、ほんと一瞬のシャッターチャンスを求められる時があるわけです。そういうときに純正ならバチッと撮れていたものが、サードパーティのレンズだったために、オートフォーカスがもたついたり、ピントを外したりっていう可能性が少なからずあるわけです。

僕も何本かサードパーティのレンズを持っていますが、ほんとにオートフォーカスの性能を求められるような場面ではちょっと怖いな、と思う時があります。

ライブビューで撮影するときなども、サードのレンズを付けているとなんか「ん?」って思うことも少なくありません。

変なエラーが出るときがある

これも、毎度毎度エラーがでるわけではありません。が、やっぱり使っているとサードパーティだから出るエラーがあります。

カメラが動かなくてちょっと焦るくらいなら、まだいいんですが、これも先ほどいった一瞬のシャッターチャンスを逃す可能性があるわけですね。

片ボケなどのハズレ個体をひくことがある

前ピン、後ピン、片ボケなど、レンズも工業製品ですからどうしてもハズレ個体というものがあります。

もちろん、純正だからといってそういう物がないわけではないですが、それでもハズレを引く確率は圧倒的にサードパーティ製のほうが高いです。

保証期間内に調整に出せば問題はないのですが、やっぱりめんどくさいもんですし、ちょっとおかしのに気づかずしばらくのほほんと撮影してしまっていることだってあります。僕のことです。

ズームの回転方向が逆なこともある

ズームレンズをお使いの場合、メーカーによっては純正と逆の回転方向のものがあります。

このへんはそもそもがNikonとCanonのズームの回転方向が逆というのが諸悪の根源な気もしないでもないんのですが、例えばNikonだと望遠側にズームさせるときは時計回りに回転させるのに対し、SIGMAのレンズでは反時計回りに回転させなければいけません。

僕はSIGMAの150−600mmのズームレンズを持っていますが、回転方向が逆なので、なかなか上手いこと扱うことができません。それはおまえが下手なだけだと思った人は端からビンタしていくので並んでもらっていいですか?

もちろん、メーカーによっては同じ回転方向のズームレンズもありますので、そこもちょっと気をつけるといいかもしれませんね。

まとめ

今や、純正だからいい、サードだから悪い、という時代ではなくなってきましたね。

人によって必要なレンズは様々。あなたにとって1番最適なレンズを純正、サードのメリット、デメリットをしっかり理解して選んでみてください。

関連記事

【レンズ購入】レンズを購入しようと思っていますが純正とサードパーティでは写りは違うのでしょうか? – ログカメラ

風景や星景に大活躍!コスパ抜群の広角ズーム TAMRON(タムロン) SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD – ログカメラ

初めてカメラを買うときに一緒に予算に組み込んでおきたいものリスト – ログカメラ

Nikonの大三元・小三元レンズ – ログカメラ

12 COMMENTS

ちかPhoto

シグマさんは本当に最近は凄いですよね!(昔を知っているわけではないけれど…。)
特にArtラインは、それはもうスンバラシイと思います(*^^*)
この勢いで85mm買っちゃおうかな〜w

saizou

>>ちかPhotoさん
コメントありがとうございます!
新しい3本のレンズも、びっくりするくらいよかったですね。
Artラインは35mm使ってますが、ほんといいレンズだと思います!
85mm、otus並の解像感って話もありますし、いっちゃいましょう♪

モリアーティ

こんばんは。
いつも楽しみにしております!

標準ズームにつきましては、ニコン24-70VRとタムロン24-70VCを持ってますので簡単な比較を。

純正は爆速にして正確無比なオートフォーカス、解像度も高いと文句無し。
欠点としてはお値段以外には、長い!フードも大きいため持ち運びに苦労する、女性を撮ると皺や毛穴までくっきり写してしまうので不評(同僚のおばさまがヘソを曲げました)なことくらいでしょうか?

タムロンは値段の割りにとても美しく写りますし、風景やポートレートを撮るならオートフォーカスが爆速でなくとも問題ありません。十分速いですし。
純正に比べてふんわりした写りなので女性を撮るといい感じです(笑)
ただし、私のはややボンヤリした写りでしたので調整に出したところ、解像度を調整したとのこと。ピントズレはありませんでしたが、やはりサードパーティー品は調整に出した方が間違いないと思います。
調整後のレンズは素晴らしい写りをもたらしてくれてます(*´∇`*)
純正よりちょっと短くてフードも小さいのでお気に入りのバッグで持ち運びできるのが嬉しい(笑)

saizouさんの仰る通り、安心感、チャンスを逃したくない、買ってすぐにジャスピンで使いたいなら純正が間違いありません。
それでも、調整が必要な場合が多いとはいえコスパに優れ写りも良いサードパーティーも素晴らしいレンズが多くありますので選ぶ楽しみは無限大、レンズ沼は底無し沼です!

saizou

>>モリアーティさん
いつもコメントありがとうございます!
やはり、同じような焦点距離、f値でもメーカーによって全然ちがうんですね。
僕も50mmは何本かほしいレンズがあるので、ほんと底なし沼です(笑)

ふるるん

ニコン使っていてナノクリに慣れるとサードメーカの逆光耐性はどうなんだろうと気になるの私だけではないはずだと思っています。
近々単焦点を買おうと思っていますが、ニコンの2418、3518、シ○マの3518どれにしようかなウキウキしながら悩んでいます。

ついでに望遠なんかも買っちゃたりするので安いにこしたことはないんですが…

saizou

>>ふるるんさん
コメントありがとうございます!
あまりにもどぎついゴーストあるのはあれですが、僕は逆光のときにフレアなどが出るのはレンズのクセと思って逆に活用したいと思ってます^_^
単焦点レンズでも、メーカーや焦点距離ごとにほんといろんなクセがあるので楽しいですよね♪

さとうあにす

はじめまして。

先日の記事でも「シグマはズームリングの回す向きがニコンと逆」と言及されていましたので、ヨドバシカメラでいろいろ触ってきました。
SAIZOUさんのところを見ている人はニコンユーザーばかりだと思われるので、ニコン純正と比べてどうかで書きますね。
数週間前の記憶なので、ちょっと怪しいかもしれません。

○ズームリングの回す向き

シグマ:ほとんど逆
タムロン:同じ
トキナー:ほとんど同じ

○ピントリングの回す向き

シグマ:ほとんど逆
タムロン:混在
トキナー:ほとんど同じ

ズームリングを回す向きの違和感はどうしようもありませんが、ピントリングは逆でもそんなに問題ないかな、と思いました。
(個人の感想です)

今のシグマが逆なのは、一番売れているキヤノンに合わせたためと思われます。
トキナーがほぼニコンと同じなのは、ニコンのOEMをやっていたからなのかな、と。

タムロンのピントリングの向きがまちまちなのはちょっと謎です。
モーターの配置の関係なのでしょうか?

タムロンの150-600mmが最近リニューアルしたそうです。
ズームリングの向きがニコンと一緒ですし、これ、結構いいんじゃないでしょうか。

saizou

>>さとうあにすさん
コメントありがとうございます!
メーカーごとにピントリングやズームリングが逆だと困りますよね^^;
150−600mmはなかなか使い慣れないです。
TAMRONのリニューアルしたレンズのほうがNikonでは使いやすいでしょうね♪

ぎょうざや

こんばんわ。
超望遠ズーム運動会で便利に使ってます。AF-S200-500いいですよ。AF爆速とまではいかないですが、早いですし。
重さはまぁダンベルだと思っていただいて…
サードパーティーでもツァイスは格別です。特にOtus 1.4/55は感動する写りでした。

saizou

>>ぎょうざやさん
コメントありがとうございます!
AF-S200−500よさそうですね。僕は今SIGMAを使っているのでズーム方向が逆で苦戦しています(笑)
オータスもお使いなんですね!55mmが欲しくて、レンズシステムそこだけ空けてるんですが、手に入るのはいつになるやらw

まこp

こんにちは!
動物園の回ではコメント返信頂きありがとうございました!
とても勉強になります!

私はNikonDfを所持しており、最初にタムロンの便利ズーム24-300mmを買いました。
その後、なんとか大三元の2本24-70mm、70-200mmを手に入れるに至り、SIGMAの150-300mmにも手を出してしまいました!(飛行機を取りたいなと思って買ったんですがまだマトモに使ってません!)
これはもうこのブログを舐めるように見て決めたためsaizouさんのおかげともいえます!

ところで、最初に買ったタムロンちゃんの出番が最近めっきり少なくなってしまったため手放そうかと考えているのですが、ありでしょうか?
saizouさんのご意見があれば、是非ともお伺いしたく!

saizou

>>まこpさん
コメントありがとうございます♪
レンズというのは、なんだかんだこの場面にしか使えない!っていうのがあるんですよね。
1本しかもっていけないような場面、なのに広角も望遠も必要ってときが、手放したあたりできそうな気もします(笑)
ただ、防湿庫の中で眠らせておくなら売却して、より使い勝手のいいレンズに投資してもいいかもしれませんね^_^

現在コメントは受け付けておりません。