登山

立山のテント場でソトレシピをいただいてきた

投稿日:

ビール

立山でテント泊をしてきたんですが、今回の山行ではご縁がありまして、他の登山者の方と仲良くなることができました。

んでもって、その仲良くなったかたが、めっちゃキャンプとかアウトドアとかお詳しくて、というかもう本業の方々でいろんな楽しいお話を聞くことができたのです。

その中のお一人が、これから「ソトレシピ」と言ってアウトドアやキャンプで手軽に作れるレシピのサイトを今後作られるということでして、この日もその「ソトレシピ」の料理を試されるとのこと。

そのソトレシピを、図々しくもお呼ばれしてきました(๑´ڡ`๑)

ソトレシピをいただいてきた

ビール 5本

立山についても延々飲んでいたのはこちらの記事をごらんいただくとよく分かるのですが、まあ、ずっと飲んでたわけです。お昼から宴会をしながら話していると、夜にソトレシピっていって、いろんなレシピを試してみるとのこと。そんときはへーっなんて言って聞いてたんです。

その後、夕焼けを狙うもガスってしまったのでもうやることもありません、ビールを山小屋で追加し持ってきた棒ラーメンでも食べようかなとぶらぶらしていたんです。そう言えば夜からソトレシピ作るっておっしゃってたので、どんなのか様子だけ見るつもりだったんです。

そしたら、なんかお呼ばれさせていただくことになりまして。せっかくなのでごちそうになってきました。

イワシのアヒージョ

オイルサーディンのアヒージョ

最初にいただいのがイワシのアヒージョ

僕はですね、基本山には写真撮りにいくわけでして、ザックの中はテントやカメラ機材がパンパンなわけですよ。なので、どうしても山での食事というのがおろそかになりがちです。荷物の中で食料というのはかなりカサが張る部分でして。

山でいろんなものを食べたいんですが、棒ラーメンとかリフィルタイプのカップラーメンなどのかさばらないものが中心になります。

ということで、なんかそんな貧しいヤマメシを食っている身としては、山でアヒージョとかおしゃれなワードを聞くだけでなんだか興奮してくるわけです。いや、よく考えたら下界でもラーメンばかりで、アヒージョなんておしゃんな食べ物を食べた記憶がないような気がしてきました。アヒージョって、なんか言うだけでかっこいですよね。うふふ、アヒージョ。

ただ、字面だけ見るとなんだかすごい難しそうなレシピな気がするでしょ?山でのレシピのサイトとか雑誌とかたまに見ることもありますが、けっこう難しそうでしょ?

なので、まあ下界でも料理しないのに、山で料理とかハードル高いなと思っているわけですよ。

そう思っていた時期が僕にもあったんですが、いや、これ、まあ僕が言うのもなんですが、めっちゃ簡単そうなわけです。

缶詰のオイルサーディンにオリーブオイルを加え、チューブのにんにく少しと鷹の爪をいれて炒めるだけ。え!めっちゃかんたん!

イワシのアヒージョ ソトレシピ

ほいで、まあいただくわけですが、これがまあめちゃくちゃうまいわけです。いつも山ではラーメンしか食わないので、なんかものすごい体験で、かなり感動してしまいました。

山でのゴハンは何食ったってうまいんですが、うまいものを食ったらさらにうまいことになるわけですね、知りませんでした。

けどもう一回いいますけど、やってることはそんなに難しくないんですよ!これならアタイでもできそう!

ちなみに、あんまりうまくて家に帰ってオイルサーディンだけ買って食ってみたんですが、ぜんぜんこの時の味がしなかったので、ちゃんと料理するのは大事だなとも思いました。

棒ラーメン食って寝る予定だったので、ビールが2本しか買ってなかったのですが、すでに後悔しはじめます。

鶏肉の梅しそ炒め

しそ

すでにもうかなり満足しているのですが、まだまだソトレシピが続きます。

続いては鶏肉の梅しそ炒め。まずはしそを切っていきます。まあ、僕は眺めているだけなんですが。

ソトレシピ 鶏肉の梅しそ炒め

ナイフを使ってスッパスパ切っていかれます。ナイフっていうのがかっこいいですよね。もうこの絵面だけでナイフ欲しくなりました。

ソトレシピ スノーピーク

ガスに火を付けます。クッカーはスノーピークだそうです。めっちゃ使いやすいとおっしゃってました。スノピとかテンションあがります。

鶏肉の梅しそ炒め

油を垂らして

鶏肉の梅しそ炒め

鶏肉を焼いていきます。この鶏肉は事前に下で梅の下味をつけてきたもの。

鶏肉の梅しそ炒め ソトレシピ

例のトルコのシェフのような感じで塩をふっていきます。

鶏肉の梅しそ炒め ソトレシピ

梅の香りがしてめっちゃうまそう…

鶏肉の梅しそ炒め ソトレシピ

しそを盛りつけて完成。この岩の上においてある感じとか、アウトドアっぽくていいですね。

梅の風味がすごくしっかりしてて、これもめっちゃおいしいのです。調理じたいも、事前に下ごしらえしておいて山ではほぼ焼くだけでOKという簡単レシピ

「山での料理ってもっと難しいのかと思っていました」と言うと、ソトレシピは登山やアウトドアでも簡単に気軽にできるようなものを集めたいとのこと。なるほど、めっちゃよさげですね。これなら、僕とかでもぜんぜんできそうです。

僕も山で肉っぽいのを食べたいって時があるんですが、頑張って魚肉ソーセージくらいなので、暖かくて焼かれたお肉が食べられるとかほんとマジで感動的でした。ちょっとビールが足りなくなってきました。

イワシとブロッコリーのペペロンチーノ

イワシとブロッコリーのペペロンチーノ ソトレシピ

最後は締めに「イワシとブロッコリーのペペロンチーノ」を作ってもらいました。

茹でたブロッコリーを、最初のイワシのアヒージョを少しとっておいたものと絡めて炒めます。

イワシとブロッコリーのペペロンチーノ ソトレシピ

炒めている間にパスタを茹でます。

イワシとブロッコリーのペペロンチーノ ソトレシピ

きのこも追加して、パスタを絡めます。

パスタ

パスタがいっぱいあったので、別でトマトベースのやつも。ビールがたくさん並んでて楽しそうですね。

ソトレシピ イワシとブロッコリーのペペロンチーノ

イワシとブロッコリーのペペロンチーノの完成。あたりもだいぶ暗くなってきていたのですが、サッとランタンが出てくるあたりかっこいいなと思いました。

イワシのアヒージョがめちゃくちゃうまかったのに、さらにパスタとなって蘇り、最強においしくなって戻ってきました。なんということでしょう。

このタイプのパスタなら、そんなに茹でたり炒めたりも難しくなさそうです。この時点で、もうビールがぜんぜん足りなかったのでもう2,3本買っておけばよかったと後悔しました。

まとめ

山で食べるゴハンってうまいうまいとは思っていたんですが、一手間くわえてきちんとしたもの作るとこんなに満足感高い食事とキャンプを楽しめるのだと、目からウロコがボロボロとおっこちていきました。

また、いつもはひとりで食べるんですが、キャンプでみんなと食事を囲むというのも非常に楽しいなと思いました。ちょっと新しい趣味ができそうでお金足りるかなと思ってます。

ソトレシピのサイトは秋ころに完成予定らしいので、それまでにスノピのキャンプ用品揃えておきたいです。お金足りるかな。

関連記事

お盆に山の写真を撮るために、立山でテント泊してきた!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ad

ad

-登山
-, , ,

Copyright© ログカメラ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.