死ぬまでに見たかった絶景!イエローナイフでオーロラを撮影してきた!〜その3

投稿日:

イエローナイフ オーロラ

初日はいきなりオーロラが見れたものの、翌日には見事に撃沈。続く3日目、4日目もあまりかんばしくない天気予報で不安がつのります。

とりあえず、お昼にすることもないのでこの日は犬ぞり体験のアクティビティツアーをいれてみました。

前回の記事はこちらからどうぞ。

イエローナイフ3日目!

遅めの朝食をホテルで

ホテル ビュッフェ シャトーノヴァ

この日入れている犬ぞり体験のアクティビティツアーの出発時間が12:30。ちょっと遅めに起きてしまい外でゴハンを食べると時間が微妙なのでホテルで遅めの朝食をとることにしました。

宿泊したシャトーノヴァホテルはゴハンもとてもおいしかったです。高いけど。

この日はビュッフェスタイルでした。好きなのをとっていいよと言われるとだいたい茶色くなるsaizouです、こんにちは。

なんか日本のホテルと似た感じだなと思っていろいろとチョイスしてみたのですが、ソーセージとかベーコンは日本で食べるものとだいぶ感じが違っていました。けっこうしょっぱいというか。これはこれで美味でした。

 シャトーノヴァ ビュッフェ

いくらでも食べていいよ、と言われるといやっぱりおかわりしてしまいますね。全体的にけっこうしょっぱいのでこのサラダみたいなやつがさっぱりしててうまかったです。

日本の味とかなり違うので、なんだか海外に来た感じがしてきます。

犬ぞり体験に!

犬ぞり待機時間 食堂

というわけで、この日は犬ぞり体験のアクティビティツアーに参加

オーロラは夜21時からの出発になるので、イエローナイフはお昼がけっこう暇なんですね。あんまり大きな街でもないですし、オーロラ以外の観光場所もそんなにないのでわりともてあましてしまいます。

オーロラ鑑賞を催行するオーロラビレッジはお昼のアクティビティツアーも手がけています。商売上手ですね。

犬ぞりの他にもカンジキ体験、アイスフィッシングデモ体験、市内観光などのアクティビティツアーがあります。

犬ぞり体験だけでも99ドルくらいするのでちょっと悩んだんですがこんな機会は2度とないだろうと、せっかくなので参加してみました。GoProも持っていったのでおもしろい動画も撮れるかもしれません。

待ち時間はけっこう長いのでブラブラして遊ぶ

イエローナイフ ティーピー

お昼の13時くらいに到着するんですが、一度に犬ぞりに乗れるのは3~4人。何台か犬ぞりがあるものの人間のほうがはるかに多いのでけっこうな待ち時間があります。

その間、オーロラビレッジの敷地内をぷらぷらしながら暇をつぶします。夜に訪れるティーピーなんかもお昼に見るとまた違った雰囲気で素敵です。

こちらも動画に撮ってみました。

すべり台は思った以上にスピードがでて、わりと怖かったです。下手くそなのでマシュマロは焦げてしまいましたがおいしかったです。

食堂で待機することもできます。こちらにはコーヒーやホットチョコレートなどの飲み物も用意されていました。

いよいよ犬ぞり!

犬ぞり

いよいよ犬ぞり体験に。引っ張ってくれるのはハスキー犬たち。

3人乗りの犬ぞり

こんな感じのソリに乗ります。マッシャーと呼ばれる操縦士は立ったまま犬ぞりを操縦。手綱のようなものはなく、声で指示してソリを動かすようです。

森の中をはしる犬ぞり

森の中を駆け抜ける犬ぞり。けっこうなスピードが出て非常に迫力がありました。

僕が乗ったときのソリは1匹わんちゃんのご機嫌が悪かったようで、ちょこちょこと止まってしまいましたが笑。

こちらも動画を撮ってみたのでご覧になってください。マッシャーが声を張り上げて犬たちを操縦している感じはめっちゃかっこいいです。

いつもならそこまで遅くなることはないみたいですが、この日は年末年始ということもあってかかなりの参加人数。予定より少し遅くなってホテルに変えることになりました。

オーロラ鑑賞3回目は!?

ホテルノヴァ 夕食

ホテルに到着したのがけっこう遅かったので、あんまりのんびりと街を散策していたらオーロラ鑑賞の時間に間に合いそうにありません。

ということで、夕食はホテルでとることにしました。

北極イワナが食べたかったのですがこの日は品切れだったので代わりに肉を食うことにしました。これでもか、というくらいのデカイ肉が出てきました。これうまかったなあ。

オーロラ鑑賞に参加

みごとなまでにみんな揃ってカナダグース。オーロラビレッジまで行くと寒くてちょうどいいんですが、ホテルでの待ち時間やバス移動中なんかは暑くてしょうがないのです。脱いでもかさばって邪魔なので、この移動だけは苦手でした。

オーロラは???!!!

イエローナイフ ティーピー ホットチョコレート

さあさあ!3回目のオーロラ鑑賞!念願のオーロラは出てくれるのでしょうか!

この絵面、見覚えありますね!!?

そうです。ホットチョコレートですね。

結論から申し上げると、この日もさらにホットチョコレート作りに磨きがかかっただけの1日となりました。

ホットチョコレートの作り方だけ上達

この旅を通じて、僕、かなりホットチョコレートの作り方がうまくなった自負だけはあります。ホットチョコレート検定があったら2級くらいには食い込める。それくらい延々とホットチョコレートを作っていました。

薪ストーブを見つめるだけの簡単なお仕事

ホットチョコレートの作り方はひとしきり上手くなったので、あとは延々と薪ストーブを見つめるお仕事をしていました。もはや外に出る気にもなれず。

翌日の天気予報を見るかぎりあまりかんばしくなさそうなので、このへんから「あれ?まじでやばいんじゃね?」という気分になってきます。

札幌一番

ホテルに帰ってからまたやけ酒です。翌日にもなにかアクティビティツアーでも入れようかと思ってたのですがあまりにオーロラがでそうになくて気分がもりあがらず。

翌日の天気予報は朝から晩まで曇りの予報なので(しかも夜から雪)ただただビールを飲んでいました。

カナダ カップラーメンにグリンピース

余談ですが、カナダのカップラーメンにはなぜかグリンピースが入っています。前日に食べたカップラーメンにも入っていたのでカナダではこれがデフォなのかもしれません。

基本カナダの食事はおいしかったし、カナダの人は優しいし、いっぺんに大好きになったんですが、カップラーメンにグリンピース入れる感覚は理解できませんでした。

イエローナイフ4日目…

4日目のイエローナイフ。ドン曇り…

前日まではそれでも青空が見えていたものの、もうみごとなまでに曇りです。昨日のヤケ酒のせいで二日酔い気味。起きる気力もわかず結局お昼すぎまで寝てしまいました。

わざわざ海外まで来て、普段と変わらない生活をするのもいかがなものか。とはいえ、お昼のイエローナイフはそんなにやることもありません。

まあ、それでもお散歩でもと街を歩いてみます。

ジャバローマコーヒー(Javaroma Gourmet Coffee)

イエローナイフのカフェ

街をぶらぶらしているとカフェを見つけたので遅い朝食をとります。

ブルックス ビストロ(Bullocks Bistro)で北極イワナを食べる!

ブルックスビストロ

突然ですが、北極イワナが食べたいのです。イエローナイフの食事を調べていると僕らが普段目にしないような食材が提供されることに気づきました。

北極イワナであったりバッファローステーキだったり。もうメニュー名を見ているだけでわくわくします。なんかトリコに出てくる捕獲レベル高めの食材感があります。

そんな北極イワナの料理を調べていると真っ先にでてくるのがここブルックスビストロ。口コミでも評判なこの店は5時前に訪れたのにも関わらずすでに行列ができていました。

ブルックスビストロ パン

だいぶ待ってようやく店内に。イエローナイフに来て一番寒さに耐えたのがこの日でした(笑)

まずはパンが出てきます。これもとってもおいしかった。

極北イワナ

そしてこちらが北極イワナ。めっちゃデカイ。サーモンのようなピンク色の身で味もそれに近い感じです。

イエローナイフに来てからずっとこれ食べたかったのでめちゃくちゃテンションがあがりました。寒い中待ったかいがあるおいしさでした。

ブルックスビストロのメニュー

ちなみに日本語のメニューもあったのですが、わりとあやふやな日本語でほっこりします。左上の「北極チャー」北極イワナのことです。わかるか!

キングフィッシャーの不明にいたっては、もう提供している側がさだかではないということなのでしょうか。

最後のオーロラ鑑賞に…!

ホットチョコレート

またか?

そう、またなんだ。

やはり、天気予報というのは正しいもので。この日もオーロラのオの字も見れないような曇りっぷり。この日はオーロラ最終日で、このあとは荷物をまとめて日本に帰らないといけません。21時からのオーロラ鑑賞、イエローナイフからの飛行機が朝6時発と、眠るヒマさえない強行軍。

そんなラストチャンスをただただホットチョコレートをくるくるしながら過ごしていました

刻々とすぎる時間。不安だけが澱のようにつもっていきます。

初日に見れたオーロラさえ、あれは幻だったのではないかという気さえしてきます。

イエローナイフ ノート

ヒマなのでおみやげショップにあるノートに爪痕をのこしておきました。

長じゃーい!!!

オーロラ鑑賞延長券

これまではずっと曇りだったので使う機会がありませんでしたが、オーロラビレッジではオーロラ鑑賞の3時間半の鑑賞時間を延長することができます

1枚25カナダドルのこの延長券を購入すると90分の延長が可能。最大2回(3時間分)まで延長できるのですが、この日は帰りの飛行機の時間があるので1回しか延長できませんでした。

ちなみに3日間連続で鑑賞ツアーに参加した場合のオーロラ鑑賞率95%を誇るイエローナイフ。なんですが、今現在僕はその残りの5%に入っているわけです。

なので、オーロラビレッジでは3日間オーロラを見れていない人は無料で延長ができるようです。なにそれ、そんなシステム知らなかったんだけどww

イエローナイフ 天気

曇りマークばかりの天気予報ですが、深夜1時、雲の隙間からわずかに月明かりのマークが。もう、こうなったらこの一瞬にかけるしかありません。

さて、延長券を購入。しばらくまっていると…

雲の隙間からのオーロラ

あれ、なんか写ってる……????

今まで見えなかった星が、少しずつ、少しずつ見えてきました…!!

待ち焦がれた…長く長く待ち焦がれたあのオーロラが再び…

今まで静まり返っていたオーロラビレッジ。だってそうです、ここにいる僕を含めたみんなはここ数日、まったくオーロラを見ることができなかった人たちばかりなんです。

そんな、なかば諦めかけてきていた中での、待ちに待ったオーロラの出現。ビレッジ内が沸き立ちます

もう気づけば涙が浮かんでいました。滞在期間中、せっかくの旅行であんまり弱音は吐きたくなかったですが、それでも何度も何度も思いました「もうダメかもしれない」

死ぬまでに1度は行きたい、なんて景色。裏を返せばこのタイミングを逃してしまえばもう死ぬまで見れないかもしれないのです。

なかなか休みもとれない仕事をしていて、ようやくひねり出すことができた休暇と旅費。今までのいろんな思いがこみ上げてきます。

オーロラとティーピー

『ああ、世界は美しい』

ようやく、そう実感できました。

初日は時差ボケもあり、あんまりにもいきなりすぎてホント幻のようなおぼろげな記憶しかありませんでした。いろんなことに夢中でオーロラを楽しむ余裕さえなかった。

オーロラと森

長く夢見ていたオーロラ。それが、夢ではなく現実として眼の前に広がります。なんてすばらしい光景なのか。

森の中から見るオーロラ

延長できた時間はわずか90分でしたが、そんな短い時間でも、今までたまりにたまったフラストレーションをふっとばすくらいにオーロラを堪能することができました。

オーロラ雲

夢のような時間はあっという間。やはり天気予報は正しく、気づくと雲が出てきました。それでも、しっかりとそのすばらしい光景を目の当たりにし、カメラに収めることができ感無量です。

これで心置きなく日本へと帰ることができます。

まとめ

これにて4泊6日のオーロラ旅行は終了です。あっという間でしたが、それでも短い時間にすばらしい光景に立ち会うことができホント行ってよかったです。

こんなふうに海外のすばらしい光景に出会うことってあと何度できるのだろうとよく考えます。まだまだ見たい光景ってたくさんあって、それが死ぬまでに一体いくつ叶えられるのだろうと。

けれど、それでも。僕らには夢を叶える力がある。夢を叶える権利がある。今立っているところから一歩でも進むことさえできれば、わりとすんなり上手くいっちゃう。そう思っています。

ずっと憧れていた夢を叶えることができた。ああ、夢って叶うんだなとあらためて実感できました。

だから、この旅はここでいっかい終わっちゃうけど、僕は次の夢を叶うために明日に向けてまた一歩足を進めたいと思います。

saizou先生の次回作にご期待ください!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ad

ad

-
-, , ,

Copyright© ログカメラ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.