キャンプ

富士湖畔でキャンプをしてきたけど最高だったという話

投稿日:2020年9月30日 更新日:

20160041

全国1億3千万人のキャンプマニヤのみなさんこんにちは。

まだまだ予断を許さないご時世ではありますが、少しでも経済を回すべくディスタンスをソーシャルしながらひっそりとキャンプを行ってきました。

富士湖畔でキャンプしてきた!

スノーピーク 焚き火台

9月の3連休、場所によってはとても混雑していたようですが、今回訪れた場所はとてもゆったりと過ごすことができました。

久しぶりに会う友人たちと共に、1泊のキャンプしてきたのですが、非常に楽しかったので日記を書いてみます。

Coleman(コールマン)288Aを初投入!

Coleman288A

以前、Coleman(コールマン)のガソリンランタン288Aを譲り受けたものの、そのままになっていたのを今回ようやく初投入できました。

とはいえ、今までガソリンランタンなんて使ったこともなく、まったくの1からの使用だったのでかなり難儀しました(笑)

この火がつく部分、マントルというんですが、これを空焚きしたり、燃料タンクに空気を送り込むポンピングをしたりと、わからないことだらけ…。

揮発したガソリンが爆発すること数10回…。もうだめだ、帰りたい…。などと思いながらもチャレンジし続けているとようやく明かりが灯りました(笑)

何がよくて何がだめだったのか、振り返ってもいまいちよく分かりませんが、とりあえず、ついた灯火を消さないように必死でした。

Coleman288A

とはいえ、ガソリンランタンの暖かな光は、焚き火とはまた違った良さがあり、キャンプサイトの雰囲気をいっそう盛り上げてくれました。

映えまくるキャンプ飯

フライパン

今回は友人のひとりにご飯をふるまってもらったですが、まあこれぞキャンプ飯というくらいうまくて映えまくる最高のものでした。がっつり胃袋をつかまれてしまいました…。

調味料

調味料入れもおしゃれ…。さいこう…。

スノーピーク 焚き火台L

スノーピークの焚き火台Lと中華鍋。スノピはやはり間違いない。

スノーピーク(snow peak)
¥24,000 (2020/10/21 19:48:22時点 Amazon調べ-詳細)

ハスクバーナ 斧

先日買ったハスクバーナの手斧。これは何に使うかというと薪をわったりとかするわけではなく、ここに立て掛けてロマンを感じるものです。

ハスクバーナ・ゼノア
¥11,800 (2020/10/21 19:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク まな板

スノーピークのまな板とチャーシュー。スノピの宣材写真みたいなのが撮れて満足でございます。

チャーハン

炎のチャーハン。米が舞いあがります。うまくなわけがない…。

焚き火ハンガー

友人がメルカリで買ったという焚き火ハンガー。あまりにおしゃれすぎるので、その日に同じものをメルメルカリカリしました。酔っ払って購入したのでちょっと違うやつを買ってしまい、オプションを追加購入することになったのは内緒…。

スノーピーク ファイヤーサイドグローブ

僕の持ってきたスノーピークのファイヤーサイドグローブを吊るしてみましたが、エモすぎると思いませんか…。

ハスクバーナ 手斧

これはハスクバーナの手斧。ここに立て掛けてロマンを感じるアイテムです。

20163946

勝利を確信した写真です。

スノーピーク チタンマグ

スノーピークのチタンマグ。スノピばっかりやな…。下のテーブルはSOTOのフィールドホッパー。これも軽くてコンパクトでよいものです。

チタンマグに注がれるサッポロ黒ラベル。勝利しか感じない…。

20165440

秋の気配。少し肌寒いくらいの季節はキャンプにぴったりですね。今年の夏は暑すぎた…。

20170355

麻婆豆腐という名の勝利の形。これがまたくそうまくてやばかった。胃袋をがっつりつかまれてしまった…。嫁にほしい…。

夜もふけて、日本酒は25合注がれる

20180031

夜の帳がキャンプサイトをおおってきました。こんな夜はお酒がすすまないわけがない。

20165844

20160058

合計で25合の日本酒が持ち込まれ、我々の肝臓を喜びで満たしていきます。健康診断などしったことか。

スノーピーク 焚き火台

仲間と日本酒と、そして暖かな焚き火の炎があればいつまでも語っていられる。

写真を通して出会うことができた、かけがえのない、かけがえのない友人たち。

遠く離れた地に住んでいる彼らとは、気軽に会えるというわけではなくて。そして、世界が変わりはじめてしまった頃にはいつ再会できるのかもわからなかった。

「星がきれいな夜にまた会おう」、いつもそんなノリで集合する僕ら。

カメラと美しい風景、そしてちょっとの酒があれば彼らと会う理由になるし、今回もまたそうやって会うことができた。富士湖畔まで島根からは8時間。遠いようだけどまったく苦じゃない。富士湖畔までいったのに富士山の写真を1枚も撮らんかったけど…。

まだまだ先は見通せない日々が続くけど、それでも未来は明るいんじゃないかな。暗闇を暖かく照らしてくれるこの焚火の炎みたいに。そんなふうに思いました。

まとめ

あらためて、楽しいキャンプを一緒にすごしてくれて本当にありがとうございました。最高の2日間でした。

星がきれいな夜にまた会おうね。

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-キャンプ
-,

Copyright© ログカメラ , 2020 All Rights Reserved.