カメラ

写真のレタッチにWACOMのペンタブ「Intuos Pro Medium」を買ったら驚くほどはかどった件

投稿日:

WACOM Intuos Pro M

WACOMの板タブレット「Intuos Pro M」Mediumを購入しました。

僕はPhotoshopでのレタッチをけっこうします。今まではマウスを使っていたのですが、最近これを購入したところレタッチが非常にはかどるようになったというお話をします。

ペンタブレットとは?

タブレット

この黒い板にペン状のもので操作をするものをペンタブレットと呼びます。略してペンタブ。マウスの代わりにペンを使い、直接書き込んでいるような感じに操作することができます。

マウスよりも細かい作業がしやすいため絵を書いたり写真のレタッチに使われます。

ペンタブレットにも色々と種類があるので、今日はその紹介をしながらなんで僕が写真のレタッチをするのにIntuos ProのMediumを買ったのかお話して行こうと思います。

写真のレタッチするのに使いやすいペンタブレットとは?

板タブか液タブか?

タブレットには大きく分けて「板タブレット」「液晶タブレット」があります。

板タブレット(板タブ)

板タブレット

これが板タブレット。この板にペンをなぞらせ書いていきます。

Illustrator

作業している様子はこんな感じ。ディスプレイを見ながら、手元で動かす感じです。

液晶タブレット(液タブ)

液晶タブレット

via:Wacom MobileStudio Pro| Wacom 

液晶タブレットはタブレットに液晶モニタがついたもの。この液晶モニタに直接書き込むように操作できます。

Tablet oekaki man

作業する様子はこんな感じ。実際に紙に書くようにタブレットに書きこんでいけます。

写真のレタッチをするには?

Photoshopの画面

最初は液タブがいいのかなあと考えたんですが、絵を細かく書くわけでもないし、なにより価格がけっこうします。

重さも板タブのほうが軽いので机の上に置いておいてもとりまわしがしやすそうです。

そもそもマウスでずっと作業していたし、パソコンを見ながら手もをマウスで操作っていうのもなれているのでペンタブを選ぶことにしました。

メーカーはやっぱりWACOMかなあ…

WACOM

ペンタブでもっとも有名なメーカーがWACOM。まあベタなの選んでおけば間違いないでしょう?そうでしょ?という感じです。

安いのもありますが、ペンタブ初心者なのでユーザーの多いメーカーのほうがなんかあったとき安心感があるかなというのも理由。

WACOMのどの板タブを選ぶか?

WACOMの板タブは大きく分けて2つあります。

  • Intuos
  • Intuos Pro

僕はとりあえず迷ったらいいほうを買うことにしているのでIntuos Proを購入しましたが、Proと無印の大きな地違いは筆圧レベル

無印が4096に対しProは8192。微細な筆圧を感知しているということなんですが…

実際に筆圧を設定してレタッチをすると非常にやりにくいということに気づきました…。

もちろんこれは僕個人の感想ですし、フォトレタッチを筆圧設定して上手にやっている人いると思うので。

僕は筆圧でコントロールするより、流量さげておいてすこしずつ重ねていくほうが性に合ってる気がします。

ファンクションキーもそんなに使わない…

Intuos ファンクションキー

一応Proは無印よりファンクションキーがたくさんついています。この真ん中にあるタッチホイールもIntuosならでは。

なんですが…あんまり使わない…。

いや、もっとバリバリ使いこなせる人ならいいんでしょうけど。僕はこれまでしばらく使ってきましたがここほどんど触らないですね笑。

あと、タッチホイールの感度がいまいち悪いので、最初は「拡大/縮小」をわりあててたんですが、思った大きさで止まってくれないのでこれもまた使わなくなりました笑

Proにしてみたものの、まあ無印でもよかったかなという感じです。

サイズは?

Size pc 201909

via:ペンタブレットのサイズ選び |ワコムタブレットサイト|Wacom 

サイズはS・M・Lの3種類があります。

WACOMのHPなど見るとモニターのサイズに合わせて選ぶといいと書いてあります。

僕は27インチのiMacを使っているんですが今回はMサイズにしました。

細かく絵を書く人なら、全体みながら書くのでタブレット合わせたほうがいいんでしょうけど、僕はレタッチに使うだけなのでそんなに大きくなくていいかなと。

また、あまりに大きいとデスクで存在感がですぎてしまいます。今のパソコン、レタッチをするだけではなくいろんな用途に使うのであまりデカいのがデスクの中央で鎮座されていても邪魔なだけになると思い今回はMにしました。

最初はちょっと違和感あるものの、すぐに慣れてしまうのでまったく支障はありません。

レタッチで使ってみて

大山

非常にいい感じです。よくレタッチする人が「ペンタブはいいぞ」といっているんですが、よくわかりました。ペンタブはいいぞ。

最近のレタッチでいちばん重視してるのが各部分の露出なんですがかなりやりやすくなりました。細かいところまで明るい、暗いをつきつめていけるので、例えばこの写真だと柿の実いっこいっこ、細かく書きこんでいます。

マウスでもいいんですが、ペンをつかってやったほうが作業が早いので、その分細かいところまで気を回せるようになりました。

まとめ

ということで、今回WACOMのIntuos ProのMediumを買ったというお話でした。

レタッチよくやるという人は絶対買うのがおすすめです。ペンタブはいいぞ。

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラ
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2020 All Rights Reserved.