カメラ初心者のための基礎知識

黒つぶれとは?しっかり露光して真っ黒な写真を防ごう!

新緑の瑠璃光院

写真を撮影するとき、露光量不足で光が足りない場所が黒くつぶれてしまうことを黒つぶれと呼びます。

今回はこの黒つぶれを防ぐためにどんなことを気をつけたらいいのか書いてみます。

黒つぶれとは

黒つぶれとは黒以外のデータがなくなっている状態

黒つぶれした写真

黒つぶれは露光量が足りず写真の暗い部分が真っ黒になっている状態をいいます。

黒といっても本来なら暗い黒から明るい黒まで階調があるのですが、黒つぶれしてしまっている状態は階調が無くなり全部が真っ黒になってしまっています。

日中でも黒つぶれする

日中でも黒つぶれする

露光量不足が理由で黒つぶれする、なんて聞くと夜とか日陰などの光が少ない場所で発生するイメージがあります。

もちろん、そういうシチュエーションも黒つぶれしやすい場面の一つではあります。しかし、実は日中の光が強いときでも黒つぶれってするんです

この写真がそうですね、太陽が明るすぎるのでカメラがシャッタースピードを早くした結果、手前の岩が黒つぶれしています。

カメラは明暗差に弱い

黒つぶれした写真

カメラというのは人間の目に比べて明暗の差に弱いです。目で見ているとキレイに見えていてもカメラで撮影すると、明るいところから暗いところまでしっかりと写し出すことができません。

例えばこのように室内から外を撮影した場合、外の景色をきちんとした明るさにしようと思うと室内との明暗差が激しいため手前の窓枠やカーテンなどが真っ黒になってしまいます。

こういったシチュエーションで記念撮影しようとしたら人が真っ黒になってしまった経験あなたにもあるのではないでしょうか?

日中は、光が強すぎるといろんな場面で黒つぶれする可能性があるのです。

黒つぶれするデメリット

白飛びに比べると補正しやすい

黒つぶれは白飛びに比べると、現像時にいくらか復元させることができます。

日中でも黒つぶれする

一見真っ黒になってしまっているように見えるこの写真も

黒つぶれを補正した写真

こんな感じにLightroomなどの現像ソフトで露光量やシャドウを上げることで補正することが可能です。

カメラやメーカーによりますが、白飛びに比べると黒つぶれを持ち上げるほうがまだなんとかなる印象です。よく「シャドウが粘る」なんていいますよね。

完全に黒つぶれしているものを持ち上げるとノイズが発生する

黒つぶれ ノイズ

黒つぶれ警告をONにしてみると、この左隅の部分は完全に黒つぶれしているのがわかります。

先ほどの写真では一見するとキレイに復元できているように見えますよね。

黒つぶれ ノイズ

しかし、よく見てみるとこのようにノイズが見えますね。カラフルな赤や緑の点々のノイズがのったり、ザラザラとしたノイズののったりしています。

解像感も失われてしまっているのがわかります。

このように、黒つぶれしてしまっているものを無理やり明るくするといろんなノイズが発生してしまうのです。

ホタル 黒つぶれ ノイズ

これがひどくなるとこんな感じです。これ全体的に黒つぶれしてしまった写真を無理やり持ち上げたんですが、解像感はないしノイズはひどいことになっていますね。

周辺には赤色のノイズも出てきてます。

このように、あまりにもひどい黒つぶれは後処理しようと思っても使いづらいことがおわかりいただけると思います。

黒つぶれが全て悪いわけではない

とはいえ、黒つぶれがすべて悪いかというとそうでもありません。表現としてしっかり狙っているのなら、よけいな情報を削ぎ落とした写真になります。

シルエットを狙う

土谷棚田

明暗差をいかしてシルエットを狙うのもいいですね。あえて黒つぶれさせることで切り絵のような写真が撮れます。

シルエット 人物

人物のシルエットも黒つぶれの表現法のひとつ。あえて見せないことで想像力がかきたてられます。

夜のような表現

ミツマタ ヒメボタル

杉の林の間に咲くミツマタの花。

杉の林をあえて真っ黒に潰すことでまるで夜に輝くような表現ができます。

スポットライトのように

紫陽花とヒメボタル

画面が黒くなると、光があたっている部分や明るくなっている部分場所に視線が誘導されます。

いらない部分をあえて黒つぶれさせて撮ることでスポットライトのような表現ができます。光のあたりぐあいを読みましょう。

黒つぶれを防ぐために

ここでは黒つぶれを防ぐためにはどうしたらいいか見てみましょう。

まずはしっかりヒストグラムを見る

ヒストグラム ホタル

ヒストグラムが左に寄り切っているような状態は黒つぶれしています。こういう場合は後で補正しようと思ってもノイズが乗りまくってしまう状態。

星やホタルなど撮るとき、こんな写真を撮りがちなので気をつけましょう。

黒つぶれ警告をONにする

黒つぶれ ノイズ

カメラによってはこのように、撮影した写真の黒つぶれしている部分を警告してくれる機能があります。ぜひ活用しましょう。

まずはしっかり露光する

三脚

光が足りないときに黒つぶれしてしまうので、適正露出になるようしっかり露光しましょう

夜間などシャッタースピードが稼げないときならしっかり三脚を使う、手持ちで撮らざるを得ないなら絞りを開けたりISOをしっかりと上げる。

明暗差があるときはハーフNDフィルターを使う

ハーフNDフィルター ソフト

しかし、明暗差が激しいような場合では露光しすぎると今度は白飛びしてしまったりします。このへんはジレンマを感じる部分ですね。

夕焼けと風景を撮影する場合は地平線を境に明暗差があると思うのでそんなときはこのような「ハーフNDフィルター」を使うといいでしょう。

グラデーションのように黒くなっているので明るすぎるところに黒い部分を重ねてやると明暗差を少なく撮影することができます。

まとめ

白飛びさせたくないから、しょっとアンダー目に撮ることって少なくないのですが、あまりにもアンダーすぎるのもよくないことがおわかりいただけたでしょうか。

しっかりと露光したきれいなデータで撮影しておくと、JPEGでもきれいですし、あとで現像する場合も非常に楽になりますよ。

2021/1/5

なぜ構図の中に視線誘導は必要か?視線誘導の重要性について考えてみた

突然ですが視線誘導です。写真の構図を決める際の視線誘導であったりリーディングラインの重要性はいろんなところで語られていますし、このブログでも何度か取り上げてきました。 しかし、写真の良し悪しを判別する際になぜ視線誘導が必要なのか?というテーマについてはイマイチ語られていないような気がしており、今日はそのことについて考えてみよかなと思います。 目次1 視線誘導されてるからいい写真なのか?1.1 視線を誘導させるメリット1.2 実際の視線誘導の作例2 そうではないパターンもある2.1 視線誘導をさせられるだけ ...

ReadMore

2020/12/13

太陽の光条を活かした構図の作り方と撮影するための方法!

太陽というのは非常にエネルギーのある存在です。ですので、写真を撮影する際も、太陽を構図の中に入れることで非常にエネルギッシュなオブジェクトとして存在感を放ちます。 太陽の写し方はいろいろとありますが、光条を描く太陽というのはもっとも魅力のある撮影方法のひとつ。 今日はそんな光条を描く太陽の構図への活かし方と、撮影するための方法を書いてみようと思います。 目次1 光条を描く太陽の構図への活かし方1.1 光条とは1.2 太陽は非常に強いエネルギーを持つ1.3 太陽を構図に入れることで非常に大きなエネルギーを持 ...

ReadMore

2020/11/1

絶対に勝てる風景写真の撮り方!覚えておきたい6つのコト!!

こんにちはsaizouです。突然ですが、みなさん勝ってますか? ありがたいことに写真を撮りに行くと割と天気に恵まれることが多いのですが、これ特に引きが強いとか持ってる、とかではなくある程度狙って行ってるんですね。 今日は風景写真で大勝利するために僕がいつもどのようなことをしているのか書いてみようと思います。 これさえ読めばあなたも明日から勝ちまくりモテまくりです。 目次1 必ず勝てる風景写真の撮り方1.1 1.撮りたいものを決めない1.2 2.場所を決めない1.3 3.天気を決めない1.4 4.機材に妥協 ...

ReadMore

2020/10/4

広角レンズの特徴とその使い方!

広角レンズは広い画角で撮影できるレンズです。 最初はちょっと、とっつきにくい部分もあるかもしれませんが使いこなせると非常におもしろい写真が撮れます。 今日はそんな広角レンズの特徴と使い方を見ていきましょう。 目次1 広角レンズとは1.1 焦点距離 何mmが広角レンズ?2 広角レンズの特徴2.1 広く写せる2.2 パースペクティブ2.3 パンフォーカス2.4 手ブレに強い2.5 被写体に寄りやすい3 広角レンズの苦手なこと3.1 ボケにくい3.2 ケラレやすい3.3 出目金レンズになることがある3.4 ゴー ...

ReadMore

2020/9/6

カメラのダイナミックレンジとは?

カメラのスペックやレビューを見てるとよく目にするダイナミックレンジ。 今日はダイナミックレンジとは何かについて説明してみたいと思います。 目次1 ダイナミックレンジとは?1.1 カメラは明暗差に弱い1.2 明るいところから暗いところまで写る範囲が「ダイナミックレンジ」1.3 人間の目とカメラのダイナミックレンジ1.4 目で見たように写せない原因のひとつ2 実際にどのようになるか2.1 暗いところに合わせると白飛びする2.2 明るいところに合わせると黒つぶれする2.3 ダイナミックレンジを活かした撮影をする ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラ初心者のための基礎知識
-, , ,

© 2021 ログカメラ