本が出ました!「美しい風景写真のマイルール」

レタッチ記事をnoteで公開しました!

高ボッチの雲海

みなさんこんにちはsaizouです。今回、noteにてレタッチ記事を書いてみました。

なんや、このブログで書けばいいやんけと思いますよね。僕もそう思います。ではなんでnoteに書いたかといいますと有料の記事にさせていただきたかったからです。

レタッチ記事は労力のわりに読まれない…

これまで言ったことはあったかなかったかさだかではありませんが、このログカメラでは「出し惜しみをしない」というテーマを一貫として掲げてまいりました。

もう、自分が知ってることはなんもかんもあなたに教えてあげようというスタンスでずっと記事を書いてきたんです。

このブログを書く僕のモチベーションは実は2つありまして1つは「カメラを初めたばかりの自分に対して書いてあげる」ということ。

僕がカメラを初めたばかりのときって今みたいに情報がたくさんあったわけではなく、ほんと右も左もわかりませんでした。自分でひとつひとつ解決するしかなかったし、いろんな失敗もしてきました。

だから、このログカメラはこれから写真を始める何年も前の自分に向かってひとつひとつ教えてあげる気持ちで書いているのです。

そしてもうひとつが「写真という文化に貢献したい」ということ。

僕は写真を始めたことで、ほんと大げさではないくらい自分の人生が変わりました。たくさんの人に写真を見てもらえるようになり、今まで知らなかった素晴らしい風景に出会え、雑誌に記事を書かせてもらったり、大好きなNikonのコンテンツに参加させてもらえたり。

まぁ、ほんとできすぎだなと思うくらい、いろんな素晴らしい経験をさせてもらってきました。

だから、そんな素晴らしい写真という文化がもっと広くみんなに愛されるよう、その文化に貢献したいという思いが強くあります

ということで、基本的にはこのブログでは出し惜しみなくいろんな記事を書いていこうと思っているのです。

とはいえ、みんなに読まれたい

そんな思いで、何時間もかけて記事を書いているんですが、やはりですね書くからにはたくさんの人に読んでもらいたいというのが飾らない正直な気持ちなわけです。

じゃあ、どうやったらたくさんの人に読まれるかというと、なんだかんだいって検索なわけです。

最近ではSNSでもたくさんのかたにフォローしていただいて、そこから拙いブログを読んでいただけるという機会も増えました。

あ、こちらそのSNSです。基本的にくだらないことしかつぶやいてませんが…。

もちろん、そこから読んでいただけるかたは、ブログも僕の人となりなんかもひっくるめて見ていただけるので、もし街で出会ったら焼き肉のひとつでも奢らせていただきたいくらいありがたいのですが、それでもこの拙いブログのメインの流入元というのはGoogle先生なわけです。

レタッチ記事がググって出てくるか?

じゃあ、レタッチ記事ってどれくらい読まれるの?という話になります。

もうね、写真自体がニッチなのにそれのレタッチなんて、まあほんとニッチもニッチなわけですよ。

実際、ログカメラみたいなポンコツブログがあなたの目にとまったのも写真という分野がニッチだったからというのもありますが、それでもニッチな中のニッチの記事なんてまあ読まれません。

ワシかて初心者におすすめのカメラ10選みたいな浅い記事で検索上位に表示されてもしゃもしゃ読まれたい!こたつで延々ブログ書いていたい!!

そんな邪な気持ちをさして隠すこともなく、それでもなんかおもしろいものはないものかと来ていただくあなたのためにブログを書いているわけです。

けど、レタッチ記事。まあだめです。需要がないから…

いや、無いことはないんですよ。これを見ているあなたもそう思うかもしれません!けどな、残念、ニッチなんや…。

けど、ほんとはレタッチ記事書きたい!

とはいえ、個人的にはもっとレタッチ記事書きたいわけです。

まだまだ日本にはフィルム時代から続く撮って出し文化があり、レタッチ=あんまりよくないみたいな価値観がどうしてもあります。

近年、だいぶ薄れてきたとはいえ、僕から言わせてもらえばまだまだ序の口です。中学生がトラブルダークネス見てレタッチがなんたるか知ったような気分になっているようなものです。

ほんとはもっと、殻を突き破って「こんなにやっていいんだよ!」みたいなの発信していきたいので、そこは出し惜しみなくレタッチ記事ガンガン書いていきたいんですが、まあね、読まれないんです。

おそらく労力をかけたわりに、自分の自己満足の10分の1くらいしか読まれない。これは以前、何度か似たような記事書いてきたのでなんとなく分かるんです。正直、絶対勝てる6つの法則みたいな記事のが何倍も読まれる。キャッチーですからね。

なので、コーヒー代くらいのモチベーションをいただければと思いまして…

カフェのモーニングセットのイラスト(小倉トースト)

というわけで思いついたのがnoteでした。

出し惜しみはしないかわりに、なんかそこへのモチベーションをもらえないだろうか、せめて記事書いているときのコーヒー代くらい…と思って行き着いたのです。

noteであれば、記事を有料にすることができます。それがニッチであろうが読みたい人は読みたいだろうし僕もそれを書いている間のコーヒー代くらいのお代がいただければ、書いてみようかというモチベーションになります。

ということで、なんだか長々と書いてきましたが、この度noteでレタッチ記事を初公開してみることにしました。

もちろん、お金をいただく以上、自分の技術の出し惜しみはしたくないですし、読んでいただける方がきちんと理解してもらえるような記事にしたいと思っています。初公開の記事は5000字オーバー、画像も50枚と、ここまで詳しく書いてるのもなかなかないのではないかなとけっこう自画自賛しております。

200円に設定しておりますが、ぶっちゃけこれくらいの記事を海外のチュートリアルで買おうと思うとウン千円、もしくはウン万円かかってくると思います。なんで分かるかというと、僕がそのチュートリアル買ってるからです。

もちろん、購入していただいて、ここがわかりにくいとか何言ってるかわからんみたいなのは随時対応させていただきますので忌憚のないご意見いただければと思います!

というわけで、こちらのnoteはレタッチ記事をまとめたアカウントにしようと思ってますので、ぜひご覧になってみていただければ嬉しいです。