書評

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』がとにかく難しいけどためになったという話

投稿日:

Photographers eye

まあ難しかった

こんなに骨太な内容と思ってなくて、購入してから読了するまでものすごく時間がかかりました。

万人におすすめできる本ではありませんが、写真に関する事象の様々なことを網羅しているので勉強してみたいと思うかたはおすすめです。

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』目次

本書は6つのチャプターから構成されています。

チャプター

  1. 画像のフレーム
  2. デザインの基本
  3. グラフィック要素と写真要素
  4. 色と光による構図
  5. 意図
  6. プロセス

目次のそれぞれを見てみると「バランス」だとか「三角形」だとか、一見すると僕たちが知っている当たりまえの単語が並んでいます。

そういう写真を構成するあたりまえのことを一から順に小難しく書いてあります

そう、けして噛み砕いてわかりやすくは書いてありません。小難しく書いてあります。

写真はセンスではない

iPhoneで写真

もちろん天才的なセンスを持った人間が感覚的にすばらしい写真を撮っているのは間違いありません。

しかし、そんなものはほんの一握りです。

センスという言葉がもつ甘美な魅力。そんな正体不明なものがほしい気持ちはよくわかりますが、なにもせずにそのセンスを手に入れられる人なんてほとんどいないのではないでしょうか。

僕のような凡人にできるのは、「何をもってこれを美しいと感じるのか」とすばらしい写真を構成するものを紐解いていくことだけなのです。

そして、この写真を紐解くという作業はこれまでたくさんの先人たちによって行われてきました。

紐解いたひとつひとつがどんな意味を持つのか

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』画像のフレーム

本書は写真を細かく紐解き、そのひとつひとつが小難しく掘り下げて書いてあります。

せっかく噛み砕いたものを小難しくしてあり、さらに元の文章が英文なので翻訳の際にさらに小難しくなっている感がありますが。

「なんでオレは三角形についてこんなに小難しく考えなければいけないのだ」という気持ちにならなくはないのですが頑張って読みました。

写真を撮るということにおいて「知っているか知らないか」というのは雲泥の違いがあると感じています。

四角いフレームに入れるという作業は簡単なようで、実はあらゆる無限の選択肢の中からそのひとつを選んでいるのです。

同じ被写体を前にしてその選択肢を「知らない」ということは、もしかしたら得られたであろう最高のシャッターチャンスを逃していたかもしれないのです。

例えばさきほどの「三角形」というオブジェクトがどういう意味をもち、画面の中でどのような効果をもたらすのか。

そういうことを「知っている」だけで目の前に広がる世界の中から「意図的に」三角形を探すという選択肢を選べるようになるのではないでしょうか?

そして、すばらしいフォトグラファーは「知っている」

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』デザインの基本

「オレ、全然勉強してないわ〜」そういった友人がテストで高得点出していた。という経験ありませんか?

特に難しいことしてないッス、センスで撮ってるッス。みたいに思える天才的なそしてすばらしいフォトグラファー。

けれど、そういうフォトグラファーは確実に「知っている」

こういう小難しい本を読み得られた知識で、写真を紐解き噛み砕いていくと、彼らが無数の選択肢の中から選んだすばらしい1枚というのは、おそろしく計算的で意図的で野心的な1枚となっていることに気づきます。

本書は必要以上に小難しく、長ったるい本にはなっているのですが、その実、写真において我々が知っておくべきことの大多数を網羅しているともいえます。

それをすべて理解できるかできないかは、また別の問題ですが。

ただ、それらも含めて今まで知らなかったことを知る機会になるでしょう。そして、それを知っているだけであなたは今までとは違ったアプローチで被写体に向き合うことができるのではないでしょうか。

もちろん知らなくたって写真は楽しめる

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』グラフィック要素

何度も繰り返しますが、非常に難しい本です。正直、写真を始めたばかりのかたは何を書いてあるかよくわからないと思うのでおすすめしません。

懸念するのが「こういう難しい本を見ないと写真を撮れないのか、写真って難しい」と思われてしまうこと。

こういう難しい理屈や知識を得るということは写真が上達するための「十分条件」であって「必要条件」ではありません。

写真をうまくなるために1番大切なのは「写真を楽しむ」ことです。写真を撮って楽しかった、昨日より今日すこしうまくなれた気がする。そういう細かい成功体験があなたの写真人生を豊かにしますし、結果上達していくことになります。

楽しいからこそ、こういう小難しいことにもチャレンジしてみようかなとなったときに初めてこの本のページを開いてみたらいいと思います。

何も知らないうちから「勉強するんだ」という気持ちだけが先ばしって、結果よくわからないから写真は難しい。難しいことはやりたくない。となるのがいちばんよくないわけです。

まずはシャッターを切って、自分の1枚に日々感動することからはじめましょう。

まとめ

いちおう全部読んでみたのですが、分かる部分だけすっとばしながらつまみ読みするくらいがいいかもしれません。それくらい膨大で事細かく掘り下げて書いてあります。

いろんな経験をして、また読み返す。そんな長い付き合い方をするような本。

万人におすすめはしませんが、しかし、非常にすばらしい1冊だと思います。

created by Rinker
¥4,104 (2019/05/20 20:06:12時点 Amazon調べ-詳細)

2019/3/17

『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』がとにかく難しいけどためになったという話

まあ難しかった。 こんなに骨太な内容と思ってなくて、購入してから読了するまでものすごく時間がかかりました。 万人におすすめできる本ではありませんが、写真に関する事象の様々なことを網羅しているので勉強してみたいと思うかたはおすすめです。 目次1 『PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-』1.1 写真はセンスではない1.2 紐解いたひとつひとつがどんな意味を持つのか1.3 そして、すばらしいフォトグラファーは「知っている」1.4 もちろん知らなくたって写真は楽しめる1.4.0. ...

ReadMore

2018/2/7

構図を改めて考え直す「プロの撮り方 構図の法則」

写真を撮るのに大事なことってたくさんあるんですが、僕の中でかなり激アツなテーマになっているのが構図です。 構図というと、日の丸構図や三分割構図など「カタにはめる」ものをイメージしてしまいますが、もっと根本的なところから見直したくふらふらしていたら、書店で今の気持ちにバッチリな本があったので買ってきました。 それがこちら、かのナショナルジオグラフィックから出されている「プロの撮り方 構図の法則」このシリーズは他にもいくつかあるようですね。 目次1 ナショナルジオグラフィック「プロの撮り方 構図の法則」1.1 ...

ReadMore

2015/11/28

目指せ脱初心者!写真を撮るときに覚えておきたい10の構図と100の作例!

カメラを買ったけど、なんだか思っていたような写真が撮れない。なんて言葉を周りでチラホラ聞くことがあります。 今までは自由に好き勝手撮ってたけど、そろそろ初心者からステップアップしたい。そんなあなたにオススメしたいのが「構図(こうず)」です! はい、きたー。 カメラ用語の無駄に画数の多い感じきたー。なんでこんなにカメラ用語って画数が多いんだ!たいしたこと説明してないのに無駄に画数の多い用語! もういっそ、つのだ☆ひろさんみたいに間に☆いれたらいいんちゃう?そしたらもっとフレンドリーになるんちゃう?「KO☆U ...

ReadMore

2015/1/17

写真の構図に著作権はある?ない?気になったので調べてみた

僕はいろんな場所に行って写真を撮るのが好きなんです。 他の方々が撮ってらっしゃる写真を見て「あ、これかっこいいな〜」っていう場所をリストにしておいてあちこち飛び回っています。訪れた場所では他の方々が撮られた写真を参考にしまくって撮影することも少なくありません。 そうやって、写真を参考にしながら構図の作り方、露出の合わせ方、ピントの置き方などなど勉強してきましたし、撮った写真をブログやSNSにアップしています。 んで、人の写真を真似するといいよー、勉強になるよーって記事を書こうと思ったんですが、ふと気になり ...

ReadMore

2014/2/12

構図は難しくなんかない!これだけ覚えておきたい4つの構図

「構図」 なんだか四角張ったこの言葉、写真を撮り始めたころ非常に苦手でした。なんだ構図って。そんなこといちいち考えていないと写真は撮れないのか!僕はもっと自由に写真撮りたいんだ!盗んだバイクで走り出すんだ!もっと自由に!もっと自由を!   そう思っていた時期が僕にもありました。   けどね、構図って難しそうだけど覚えておくとめっちゃ便利。いろんな所で応用できるし、せっかくいい写真が撮れるチャンスがあっても知らないと見過ごしちゃうかもしれない。 いやね。たぶん、字面が悪いんですよね。無駄 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-書評
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.