カメラアクセサリ

RRS(リアリーライトスタッフ)のZ7用のL字プレートを購入しました!

投稿日:

Really Right Stuff Z7用L字プレート

Z7用のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)のL字プレート、だいぶ前に注文していたのですがようやく海を越えてやってきました。

今まで汎用のプレートで急場をしのいでいたのでようやくといった感じです。まだゲットされてないかたもいらっしゃると思うのでレビューしてみようと思います。

Z7用のRRSのL字プレート

このブログをご覧のかたならだいたいご存知かとは思いますが、Really Right Stuffとはアルカスイス互換で非常に精度の高いL字プレートを作っているメーカーです。知らないというかたはこちらをご覧になってみてください。

海を越えてやってきた

RRS 梱包

日本で買うとけっこう高いので、今回も個人輸入しました。わりと雑な袋に入ってくるのだなという感想です。

製品の発表自体はけっこう前からされていたのですが、なかなか在庫にならなかったのか注文してからしばらく待ちました。発送されてからはあっという間に海を越えてやってきたので便利な世の中になったものです。

RRS Z7プレート 箱

この雑な袋にプレートのまま入ってるんじゃないか不安でしたが、中にはダンボールがあり、その中にこの箱が入っていました。

儲かっているのか、梱包がわりときれいになりましたね。

プレートの外観

Really Right Stuff Z7用L字プレート

ということでプレートです。まあ、いまさらなにをといったところですね。Lです。

RRSプレート 六角レンチ

ちょっとおんなじ黒で見にくいかもしれませんが、ここに六角レンチがあります。ちょ、おま、ここにつけちゃうの?という場所についています。

一応磁石で固定できるようになっていますが、いつか無くしそうですね。

まあ、RRSのプレートによっては六角レンチがついてないものもあるので、あるだけありがたいということにしましょう。

Z7とRRSのプレート

ということでさっそくつけてみます。

取り付けた感じ

RRSをZ7にとりつけた様子

もう、このへんはなんの心配もいりませんね。Really Right Stuff(マジで確かなもの)の名に恥じない素晴らしい製品。

相変わらず剛性はしっかりしていますし、切り出したアルミも非常になめらかです。カメラに吸い付くようにピッタリとハマります。

Z7用のRRSプレート 下から

下から見た様子。ぴったりですね。カメラマウントの下のほう、Z7はすこしでっぱってますが、そこもピッタリと合わせたようにRRSのロゴがきます。

Z7 RRSのLプレート 横の端子

端子類がある部分。

一応干渉しないくらいにはガバっと開きます。基本的にはレリーズを差す端子を使うことが多いと思いますがそこはそんなに窮屈でもないです。

Z7 RRSのL字プレート ずらせる

もしも邪魔な場合は、プレートをこのようにずらすこともできます。

Z7 RRSL字プレート バッテリー部分

バッテリー部分も干渉することなくきれいに開きます。プレート1枚分厚みができるのでちょっと取りづらくはなりますが。

Z7のRRS Lプレート 底[

底の部分の様子。六角レンチ用のネジが見えますが、これを緩めることでスライドさせることができます。

実際に雲台に取り付けてみる

Z7 RRSLプレートを雲台に取り付けてみる

実際にRRSの雲台「BH-40」に取り付けてみました。

マウントアダプターが干渉しないかちょっと不安でしたが、雲台に取り付けたときには問題なく使うことができます。

しかし、マウントアダプターごとはずそうと思った時、アダプターの底部が雲台に干渉してしまうので注意が必要です。今後Zマウント用のレンズが増えていけばマウントアダプターを使用する機会も減ってくるので気にならなくなるとは思いますが。

Z7 RRSL字プレート 縦構図

L字プレートを利用しての縦構図。今まではこれができなくて非常にストレスでした。自由雲台でやろうと思ったらできるのはできるんですが、微調整が難しかったので。

これからは縦構図での撮影がかなりやりやすくなりそうです。

気になったところ

Z7用RRSL字プレートで気になった部分

わかりますかね、グリップの一番下の部分がちょっと出っ張ってるんです。今まではグリップの形に合わせてあったんですが、ここがちょっと気になる。

特にZ7がグリップの持った感じがちょうどいいので、さらに気になります。

ただ、実際ミラーレスになったことでいろんな部分がコンパクトになっていて強度的にここをちょっと厚くしないといけなかったんだろうという苦労が見えます。

Z7のRRS Lプレート 底

バッテリー部分、ほどんど余裕がないくらい薄いですからね。まあ、これはしょうがないかなあと。慣れようと思います。

まとめ

やっぱりRRSのL字プレートが装着できるようになると安心感が違いますね。今までほんと縦構図が作りにくかったので撮影のストレスが減りそうです。

2019/3/26

RRS(リアリーライトスタッフ)のZ7用のL字プレートを購入しました!

Z7用のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)のL字プレート、だいぶ前に注文していたのですがようやく海を越えてやってきました。 今まで汎用のプレートで急場をしのいでいたのでようやくといった感じです。まだゲットされてないかたもいらっしゃると思うのでレビューしてみようと思います。 目次1 Z7用のRRSのL字プレート1.1 海を越えてやってきた1.2 プレートの外観1.3 取り付けた感じ1.4 実際に雲台に取り付けてみる1.5 気になったところ1.5.0.1 まとめ Z7用のRRSのL ...

ReadMore

2019/3/16

初心者からマニアまで!あなたにぴったりのおすすめの雲台(うんだい)の選び方!!

全国1億3千万人の雲台マニヤのみなさまこんにちは。お元気ですか? 僕はといえば、非常に素晴らしい雲台ライフを過ごしており、最近では茶器を集める感覚で雲台を買っております。 雲台の良さや素晴らしさをもっとこの世に伝えたいので今日はあなたにぴったりのおすすめの雲台の選び方を書いてみます。 目次1 雲台(うんだい)とは1.1 狙いたい被写体やシチュエーションによって雲台と三脚を組み替える2 初心者の場合は三脚にセットになっている雲台をまず使ってみる2.0.1 フルサイズなどのちょっと重い機材を使っているひとは少 ...

ReadMore

2018/9/30

登山用、旅行用の三脚選びにひとつの答えがでた!?RRS(リアリーライトスタッフ)の三脚TFC-14 Mk2がすばらしすぎる件

三脚に正解はない。 今までそう思って生きてまいりました。どんな三脚でもあらゆる場面や状況に対応できることはできません。重い、軽い、持ち運びしやすい、しにくい。 なので我々三脚マニヤはこぞって何本も三脚を買い集めるのです。 しかし、こと登山用、旅行用、ならばひとつの答えが出たのではないか?そう思っているのが今回購入したReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)のカーボン三脚「TFE-14 Mk2」であります。 目次1 RRS TFC-14 Mk21.1 ただ、登山用にマウンテニア2型はち ...

ReadMore

2018/2/21

RRS製品のReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)な選び方

1989年、あるアメリカ人男性の勤める会社が倒産しました。彼はすでに58歳という年齢でしたが、引退するには貯蓄は十分ではなく、かと言って新しく仕事を探すには年を取り過ぎていました。 彼の長年の趣味は写真撮影でした。そして当時購入したARCA-SWISSの自由雲台に取り付けるための、ボディやレンズのクイックリリースプレートの品質や形状に不満を抱いていました。その不満はやがて挑戦への決意へと変わりました。 彼はその後の人生とそれまでの貯蓄を「本当に正確なもの(Really Right Stuff)」の誕生のた ...

ReadMore

2018/2/19

RRS(リアリティーライトスタッフ)トラベルクランプキット

全国1億3千万人のRRSファンのみなさまこんにちは。 RRS(リアリーライトスタッフ)からは雲台や三脚だけでなく、非常におもしろいアクセサリ類も販売されています。 こちらのトラベルクランプキットも男の子ゴコロをくすぐる素敵な製品になっているのでちょっと紹介してみましょう。 目次1 どんなところも三脚になるトラベルクランプキット1.1 旅行に三脚を持っていけない1.2 三脚をいくつもたてるのが忍びない2 トラベルクランプキットの使い方2.1 雲台はBH-25やBC-162.2 クランプにたくさんネジがきって ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラアクセサリ
-, , ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.