ダイビング

GoPro HERO7のハウジング「SUPER SUIT」の使い方と装着方法!

投稿日:2019年10月8日 更新日:

GoPro ハウジング SUPERSUIT

GoPro HERO7は水深10mまで耐えられるような仕様になっていて、そのままでも水中の撮影ができます。

しかし、ダイビングなどを始めると10mよりも深い水域、例えばPADIでとれるライセンスは、オープンウォーターで最大18m、アドバンスの講習を受けると30mまで潜れるようになります

そんなときにはGoPro本体を水圧や水から守ってあげる必要があります。水からカメラを覆うものをハウジングといい、GoProの純正ハウジングがこの「SUPER SUIT」になります。

GoPro用のハウジング「SUPER SUITS」

最大60mまでの水深にまで対応

Cenote 280252 1280

このGoPro用のハウジング「SUPER SUIT」を使用することで水深60mまでの防水性能を得ることができます

水の中は細かい砂や砂利、ゴミなどがけっこうあるので水深10mまで対応しているGoProとはいえ、水の中に入る時はハウジングしておくと安心ですね。

岩場などにぶつけたときの保護

Dive 1149013 1280

水中ではマスクをつけているんのですが、けっこう視界が悪いです。

浮力をきちんとコントロールして泳ぐのが基本なんですが、初心者の僕ではまだまだ中性浮力を維持しているのだけでもけっこう精一杯。

水の中では陸上のようにうまく体勢を維持するのも難しく不意にカメラを岩場などにぶつけることもあるかもしれません。そんな時にもハウジングしておけばGoPro本体を保護しておくことができます。

対応機種

GoPro7

このSUPER SUITは以下のGoProのシリーズに対応しています。

  • HERO7 BLACK
  • HERO(2018)
  • HERO6 BLACK
  • HERO5 BLACK

GoPro用のハウジング「SUPER SUIT」の取り付け方

GoPro SUPERSUIT

さて、そんなGoPro用のハウジング「SUPER SUIT」なんですが、装着するのにかなり難儀しました(笑)

写真と文章でも説明するんですが、いかに難儀しながら取り付けたか、動画見たほうがわかりやすいのでこちらもご覧になってみてください。

 

ハウジングに入れる前にレンズカバーを外す

GoPro レンズカバー

GoProをハウジングに入れる際、レンズカバーを本体から外します。この出っ張っているやつは実はカバーなんですね。

GoProはアクションカメラなのでいろんなアクティビティに使うことが多いと思いますが、やっぱり激しいアクティビティを伴った撮影だとあちこちぶつけちゃうことがありますよね。僕のGoProも気づかないうちにあちこち傷がついてました。壊れても交換できるというのは安心です。

 

さて、このカバーなんですがハウジングに入れる時もついていると二重になってしまいますね。透明度のあるガラスではありますが二重になっているとやはり光学性能が落ちてしまいます。

ということでハウジングに入れる際にはこのカバーを外す仕様となっています。

レンズカバーがガッチガチで外れない…

GoPro レンズカバー取り外し

とまあ、ここまで簡単そうに書いてきましたが、このレンズカバー、ガッチガチに装着してあります。そりゃあそうですね。ただでさえ水深10mまで耐えられるように設計されているわけですから。

なので、これを外すのにかなり難儀しました。手順としては単純で

引っ張って

反時計周りに回す

これだけなんですが、まず①の引っ張るの時点でかなりしんどいわけです。ほんのちょっとの隙間に爪の先を入れて引っ張るんですが爪はげるんじゃないかと思うくらいガチガチです。

なんとかひっぱって少し隙間ができたかな?ってなったら力いっぱい反時計周りに回します。ぶっ壊れるんじゃないかと心配になります。

何回かやってみるとコツみたいなものがわかってきますが、最初はまあ不安になるくらい外せないのでがんばってくださいとしか言いようがありません。がんばってくださいね。

レンズカバーが外れたらハウジングに入れる

GoPro ハウジング

見事レンズカバーが外れたら9割作業が終わったようなもんです。GoPro本体をハウジングの中にすっぽりいれます。

GoPro ハウジング フックをかける

上のフックのようなやつをひっかけてパチンと止めてやると、ハウジングがしっかり固定されます。

goproハウジング パッキン

この白いパッキンのようなやつをOリングといいます。このゴムのOリングがしっかりとハウジングを密閉してくれるというわけです。

ということでこの部分にゴミなどがついていると水没の原因になるようです。おそろしや…。

外す時

GoPro ロック

外す時もそんなに難しくありません。ロックがかかっているので矢印方向に引っ張りながら

GoProハウジング外す

前方からひっぱりあげます。

GoPro レンズカバーつける

ハウジングから出した後はレンズカバーをつけておきます。この装着する時もけっこうしんどいです。ただ、まあ外すときよりはましかなという感じです。

まずはギュッと押し込んでおいてから時計回りにひねります。詳しくは動画を見てもらうほうがわかりやすいと思いますうまくはまらなくて片側スキマがあいてしまったりするかもしれません。がんばってはめてください。

まとめ

はじめてGoProにハウジングしてみてけっこう手こずりました。同じように困っているかたのなにかの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-ダイビング
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.