カメラ初心者のための基礎知識

ホワイトバランスを操って写真をイメージ通りの色にしよう!

投稿日:2020年3月8日 更新日:

ホワイトバランス 色変化

カメラにはホワイトバランスという機能が付いています。カメラに任せっぱなしだと、光源によっていろんな色になってしまうためそれを調整するための機能です。

ホワイトバランスの基本は白がきちんと白く写せるようにすること。詳しくはこちらをご覧になってみてください。

しかし、なんでもかんでも白が白く写ればいいというわけでもありません。ホワイトバランスをうまく使うことで自分のイメージ通りの色にすることができるので今日はそれを紹介してみようと思います。

ホワイトバランスの種類

ホワイトバランス設定画面

カメラはホワイトバランスを変えられるようになっています。ここでは各モードでどのような色になるのか見てみましょう。

晴天

晴天

晴天モードの時はあまり色の変化はありません。カメラが光をそのままに写す感じ。

曇天

曇天

曇天にすると少し黄色がかった色が出されます。黄色を足すと暖かみを感じられるようになります。

晴天日陰

日陰

晴天日陰にすると赤みがプラスされます。日の出、日の入りの時間帯を晴天日陰で撮るとその赤さが強調されます。

電球

電球

電球にするとかなり強めの青が足されます。クールさを演出したいときに。

蛍光灯

蛍光灯

蛍光灯はその種類で微妙に色が変わってきます。 紫っぽい色になるものが多いですね。

フラッシュ

flash

フラッシュのホワイトバランスはあまり色が変わらないですね。

ケルビン

ケルビン

ケルビンとは色温度のこと。 青から黄色に変化していきます。細かく調整したい時に使います。

ホワイトバランスを細かく調整できる

ホワイトバランスカスタム

各モードでザクっと色を変えることができるのですが、もっと細かく調整したいこともあるでしょう。

カメラの種類にもよりますが、基本的にはカメラにこのような座標グラフを表示できるカスタムモードがあると思います。 ケルビンを変えた場合は青〜黄色でしたが、この座標グラフを調整することで他の色も表現することが可能です。

ホワイトバランスカスタム

G(グリーン)のほうに座標軸を動かすと緑色になったり

ホワイトバランスカスタム

M(マゼンタ)のほうに座標軸を動かすと紫いろっぽくなります。

色を変えることでイメージ通りの表現ができる

白を白く写すことがホワイトバランスの基本。そして、ホワイトバランスをいじるということは色合いを変えるということです。

ホワイトバランスを調整するのに慣れてきたら、任意の色を足すことであなたのイメージに合うような表現にチャレンジしてみましょう。 ここでは、よく使いそうな例をあげてみます。

赤く焼けた朝・夕焼け

ホワイトバランス 夕焼け

日の出、日の入はマジックアワーと呼ばれ非常に美しい時間帯です。いろんな要因がありますが、なんといっても太陽が真っ赤に焼けている様子は印象的ですね。

そんな印象的な一場面をホワイトバランスを使ってもっと強調してみましょう。 「曇り」「晴天日陰」を使うことで赤みがプラスされます。 目で見ているような鮮やかで美しい焼けた景色になりました。

ホワイトバランス 夕焼け

クールな印象に

ホワイトバランス 雪

青色は寒色ともよばれ、クールで冷たいイメージがあります。

ということは青味を足してやることで、写真にクールさや清涼感をプラスすることができます。

青味を足したい時はホワイトバランスを「電球」にしましょう。けっこう強めに青がでることもあるので、そういった場合はホワイトバランスのカスタムで調整するといいでしょう。

北アルプスのシュカブラ

空を紫にしてみる

ホワイトバランス 空を紫

マジックアワーの時間帯の空を紫にしてみましょう。とりあえず紫にしてしまえばなんとかなる、個人的にはそう考えております。

紫にすることでどこか妖艶で不思議な雰囲気を醸し出すことができます。 紫色を足すには「蛍光灯」を使います。

ホワイトバランス 空を紫

夜景をメタリックな雰囲気に

夜景はホワイトバランスで遊びやすい被写体の一つです。

いろんなホワイトバランスにしてみて色々試してみるといいでしょう。

ホワイトバランス メタリック

青(電球)を足すとクールでメタリック。

ホワイトバランス 温かみ

黄色(曇り)にすると温かみのある感じに。

ホワイトバランス 紫

紫(蛍光灯)でもおもしろいですね。

暖かみをプラスする

ホワイトバランス補正前

黄色には光や太陽のイメージがあり暖かみを感じます。 ホワイトバランスを「曇り」にすることで黄色がプラスされるので暖かい雰囲気になります。 もっとウォーミーにしたいなら「晴天日陰」もいいですね。ホワイトバランス ウォーミーみ

ちょっとノスタルジーな感じに

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct作例 窓

ホワイトバランスのカスタマイズで座標グラフを緑の方に持っていってもみましょう。 グリーンが薄くかかることで、どこかノスタルジックでフィルムっぽいイメージになります。

ホワイトバランス 緑

現像ソフトでもっと細かく調整する

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

さて、今まではカメラ側の機能を見てきましたが、実は現像ソフトを使うとこのホワイトバランスの調整ってとてもかんたんなんです。 

RAWで撮っておく

RAW アイキャッチ

写真を保存するファイルとして、現在のカメラの多くはjpgとRAWの二つから選べるようになっています。その二つの違いは話し出すと長くなるので気になる方はこちらをご覧になってください。

今日ここで覚えておいてほしいのは、両方を比べたとき

  • jpg - 情報が少ない
  • RAW - 情報が多い

ということです。

その情報の中にはいろいろなものが含まれているんですが、今日のテーマであるホワイトバランス、実はRAWで撮影しておくことで後から変えられるようになります

jpgでも後処理でホワイトバランスを変えることができますが、情報が少ない分、写真が破綻しやすくなってしまいます。

後処理でかなり自由にホワイトバランスの変更ができる

ホワイトバランスのスライダー

ここではLightroomを使ってみましょう。現像ソフトの多くはこのようなホワイトバランスの変更ができるようになっています。

ホワイトバランスは

  • 青-黄色の色温度のスライダー
  • 緑-紫の色かぶりのスライダー

この2つを動かすことで色合いを変えていくことができます。

ホワイトバランス スライダー

こちらは色温度を下げてみました。

ホワイトバランス青く

さらに色かぶり補正を緑にしてみるとこんな感じに。

ホワイトバランス緑に

現像ソフトならリアルタイムで色が変化していく様子が見れるので自分のイメージした色合いが出しやすくてとても便利です。

まとめ

自分のイメージを描き出す、というのも写真の魅力のひとつです。

ホワイトバランスを使いこなして、自分の思い通りのイメージを描いてみましょう。

2020/3/8

ホワイトバランスを操って写真をイメージ通りの色にしよう!

カメラにはホワイトバランスという機能が付いています。カメラに任せっぱなしだと、光源によっていろんな色になってしまうためそれを調整するための機能です。 ホワイトバランスの基本は白がきちんと白く写せるようにすること。詳しくはこちらをご覧になってみてください。 ホワイトバランスとは?まずはきちんと基本の使い方を覚えよう! 3 usersカメラにホワイトバランスという設定項目があります。慣れないうちはオートでいいのですが、使いこなせるようになると色を自分の思いどおりにすることができるようにな... しか ...

ReadMore

2020/2/16

帰ってから後悔しないために!撮影地で必ずチェックしておくべき3つのポイント

写真撮ってる時はすごく楽しくて「とてもいいのが撮れた」ってウキウキですよね。 けど、帰ってPCに取りこんで大きな画面で見てみると失敗してた…なんてこと経験ありませんか? せっかく出会ったシャッターチャンスを無駄にしないために、家ではなく撮影地でチェックするポイントをまとめてみました。 目次1 撮影地で必ずチェックしておきたいこと!2 ピント2.1 撮影時に拡大してしっかりピントをチェック2.2 被写界深度から外れてないかもしっかりチェック3 ヒストグラム3.1 白飛び、黒つぶれに注意3.2 ヒストグラムを ...

ReadMore

2020/2/2

ブレの種類と原因!ブレないための5つの対策方!

写真を撮っていたらブレてしまったという経験、どなたにもあるのではないでしょうか? 夜景を撮ろうとしてうまく撮れなかった。おうちのペットを撮ろうと思ったらブレてものすごい写真になっちゃったなどなど。 なぜブレてしまうのか?原因とブレないためにやるべきことを書いてみます。 目次1 ブレの原因って?1.1 ブレの原因はシャッターにあり!1.2 シャッターが開いてる間、光を記録し続ける1.3 シャッターを切っている間に動いてしまうことが原因2 ブレの種類2.1 手ブレ2.2 被写体ブレ3 ブレさせないための対策3 ...

ReadMore

2020/1/26

長時間露光(スローシャッター)のススメ!シャッター速度を操って幻想的な写真を撮ろう!

写真は目で見たままを撮るのもおもしろいのですが、カメラならではの表現をすることでいつも見ているものとはまた違った世界を写しとることができます。 今日ご紹介する長時間露光もその方法のひとつです。シャッター速度を長くするだけなんですが、すごく幻想的になります。 難しそうですが、やってみると案外かんたんなのでぜひチャレンジしてみましょう(๑´ڡ`๑) 目次1 長時間露光とは2 必要なもの2.1 三脚2.2 レリーズ2.3 NDフィルター2.4 比較明合成ソフト2.5 パーマセルテープ/マスキングテープ2.6 カ ...

ReadMore

2020/1/15

曇りの日の撮影方法!なぜ曇りだと撮れる写真がパッとしないのか!?

写真撮影。特に風景写真において曇りというのは嫌われがちです。 なぜなら、撮れる写真がなぜかパッとしないものになってしまうから。 しかし、天気なんてものは自分でどうこうできるものではありません。せっかく撮りに来たのに曇りだからって諦めるのはもったいないですよね。 ということで、今日は「なぜ曇りだとパッとしないのか?」そして「曇りの日にどのように撮影したらいいのか」ちょっと考えてみようと思います。 目次1 曇りというのはどういう状態か?1.1 光量が低い1.2 光が拡散されている2 曇りの日に写真がパッとしな ...

ReadMore

2019/12/1

背景をボカした写真が撮りたい!これであなたもボケマスター!!

スマホから写真を撮りだして、そろそろいいカメラにステップアップしたい人の多くが「背景がボケた写真が撮りたい」と思っているのではないでしょうか。 最近ではスマホでもポートレートモードなどが搭載されているので、それっぽく背景をボカすことができるのですが、やはりまだまだ不自然な感じがするのは否めません。 やはりボケた写真というのはいかにもカメラという感じがして、手っ取り早くそれっぽいのが撮れるわけです。 目次1 なぜボケるとそれっぽいのか?1.1 あなたが見せたいものにフォーカスできる1.2 ボカすことで視線を ...

ReadMore

2019/9/2

ホワイトバランスとは?まずはきちんと基本の使い方を覚えよう!

カメラにホワイトバランスという設定項目があります。 慣れないうちはオートでいいのですが、使いこなせるようになると色を自分の思いどおりにすることができるようになります。 その基本と、使い方を解説したいと思います。 目次1 ホワイトバランスとは?1.1 カメラに任せると思いどおりの色にならないことがある1.2 光には光源によっていろんな色がある1.3 白を白と写せることが基本1.4 色被り2 反対の色を加えることで白くなる2.1 加法混色2.2 反対側の色を重ねることで白をきちんと白くする2.3 実際に見てよ ...

ReadMore

2019/6/30

黒つぶれとは?しっかり露光して真っ黒な写真を防ごう!

写真を撮影するとき、露光量不足で光が足りない場所が黒くつぶれてしまうことを黒つぶれと呼びます。 今回はこの黒つぶれを防ぐためにどんなことを気をつけたらいいのか書いてみます。 目次1 黒つぶれとは1.1 黒つぶれとは黒以外のデータがなくなっている状態1.2 日中でも黒つぶれする1.3 カメラは明暗差に弱い2 黒つぶれするデメリット2.1 白飛びに比べると補正しやすい2.2 完全に黒つぶれしているものを持ち上げるとノイズが発生する3 黒つぶれが全て悪いわけではない3.1 シルエットを狙う3.2 夜のような表現 ...

ReadMore

2019/6/28

白飛びとは?写真が明るくなりすぎるときの原因と対処方!

写真の適正露出を越え、明るくなりすぎてしまい絵が白くなっている状態を白飛びと呼びます。 今回は白飛びとはどのような状態のことをいうのうか?そして、白飛びを防ぐための対処方について書いてみます。 目次1 白飛びとは1.1 完全に白飛びしてしまうとRAWでも復旧できない2 とはいえ、白飛びも一つの表現2.1 明るくするのは後でもできたりするのでデータは白飛びしないようにしておくと後処理がしやすい3 白飛びしてしまうときの対処法3.1 白飛びしているかどうかはヒストグラムを見て確認する3.1.1 カメラのハイラ ...

ReadMore

2019/6/23

ISO

適正露出を得るためには「絞り・シャッタースピード・ISO感度」を正しく設定する必要があります。 今回はこの中の「ISO感度」について詳しく説明します。 目次1 ISO感度1.1 ISO感度を上げると光を増幅させることができる2 ISOを上げるデメリット2.1 ISOを上げて発生するノイズは高感度ノイズと呼ばれる2.2 ブレや黒つぶれよりはノイズの処理のほうがやりやすい2.2.0.1 まとめ ISO感度 写真を撮影するとき光は絞りとシャッタースピードで取り込む量をコントロールします。。 この時点で適正露出に ...

ReadMore

2019/6/19

シャッタースピード

適正露出を得るためには「絞り・シャッタースピード・ISO感度」を正しく設定する必要があります。 今回はこの中の「シャッタースピード」について詳しく説明します。 目次1 シャッタースピード2 シャッタースピードで光をコントロールする2.1 暗いとき2.2 明るいとき3 シャッタースピードを変えると起きること3.1 シャッタースピードが短い3.2 シャッタースピードが長い3.2.0.1 まとめ シャッタースピード 今回説明するのはシャッターの部分。 絞りでコントロールされた光はさらにシャッターを開けておく長さ ...

ReadMore

トーンカーブ

2019/6/2

てっとり早くそれっぽくなる海外感あるトーンカーブの弄り方

座右の銘は「てっとり早くそれっぽく」こんにちはsaizouです。 レタッチの方法はいろいろあるんですが、最近僕が仕上げにほとんどやっているてっとり早くそれっぽくなるやつを今日はちょっと紹介してみようと思います。 目次1 てっとり早く海外っぽい写真にする1.1 トーンカーブをいじる1.2 コントラストを上げてから下げる、みたいな1.3 黒レベルをあげて、さらにコントラストをちょっと足している1.4 なんとなく統一感も出る1.4.0.1 まとめ てっとり早く海外っぽい写真にする 僕はずっと海外のフォトグラファ ...

ReadMore

2019/5/16

フレアとは?ゴーストってなに?発生する原因と対策方!

強い光がある方向にカメラを向けているときに、画面の中にへんな光が入ったり写真全体が白っぽくなることがあります。 これは「フレア」「ゴースト」とそれぞれ呼ばれるのですが、今日はいったいどういう場合で発生するのか、またその対策方法について勉強してみましょう。 目次1 「フレア」「ゴーストとは?」1.1 フレア1.1.1 ふんわりさせたいときはあり1.2 ゴースト1.2.1 こちらも表現にするならあり2 フレア・ゴーストの対策2.1 逆光で撮らない2.2 コーティングのいいレンズを使う2.3 広角、特に出目金レ ...

ReadMore

2019/5/4

ブレンディング・スタック・パノラマとは?いろんな合成方法の違い!

フォトショップを使用したレタッチでは合成をすることがよくあります。 ただ単に合成といっても、実はけっこういろいろと種類がありわりと小難しい横文字が並んでいるのでちょっと混乱していまします。 今日はその言葉の意味と合成方法の違いを紹介してみます。 目次1 いろんな合成方法の種類1.1 ブレンディング1.2 HDR(ハイダイナミックレンジ)合成1.3 スタック1.3.1 被写界深度合成(フォーカス・スタック)1.3.2 加算平均1.4 パノラマ1.4.1 バーティカルパノラマ1.4.1.1 まとめ いろんな合 ...

ReadMore

2019/5/3

順光・逆光とは?光の向きを意識して目指せ脱初心者!!

突然ですがあなたは写真を撮る時に光の向きって気にしたことありますか?写真というのは光をセンサーに記録させます。なので、光ってすごく大事なんです。 向きや強弱、時間帯など様々に変化する光をうまく利用することで写真の出来がぜんぜん違ってきます。 目次1 光は思ってる以上に変化している1.1 カメラは光の変化に弱い1.2 光に敏感なカメラだからこそ、その光をうまく読む必要がある2 光の向き2.1 順光2.1.1 空は青くなる2.1.2 日が低い時間帯は自分の影が入るので注意2.2 逆光2.2.1 ゴーストやフレ ...

ReadMore

2019/4/14

リフレクションの撮り方!鏡のような逆さまの世界を切り取ろう!!

水の中に写り込んだもう一つの世界。鏡のような風景は非常に美しいですね。 風景が水に反射することをリフレクションと呼びます。 普段の生活しているとなかなか気づかないことが多いのですが、僕たちの周りにはたくさんのリフレクションが隠れています。 鏡のような素敵な世界の撮影にチャレンジしてみましょう! 目次1 リフレクションの見つけ方1.1 日本人は反射するものが好き?1.2 水があるところはリフレクションのチャンス!1.3 ライトアップはリフレクションが撮りやすい1.4 風の無い日を狙う1.5 水面に出来るだけ ...

ReadMore

2019/3/7

被写界深度合成がうまくできないときの簡単な対処法

Photoshopで被写界深度合成をするとピントがあっているところを簡単にマスクしてくれ、きれいなパンフォーカスの写真にすることができます。 しかし、自動でやってくれるのはいいんですがたまにピントがあってないところがあったりしませんか? マスクで切られちゃってるので結局うまくできなかったという経験もあるでしょう。今回はそんな時の対処法を書いてみます。 被写界深度合成ってなんぞというかたはこちらを。 全体にバッチリピント!被写界深度合成を風景で使いこなす! 7 users被写界深度合成、という言葉 ...

ReadMore

2019/2/17

光り輝くオーロラの写真が撮りたい!撮影方法や撮り方で気をつけたいことをまとめました

2019年のお正月にイエローナイフでオーロラの撮影をしてきました。 はじめてのオーロラ撮影でしたが、いい経験を積むことができました。自分なりに体験したオーロラの撮影方法や撮り方で気をつけたいことをまとめてみたいと思います。 目次1 オーロラをいつどこで撮影するか?1.1 オーロラが出る場所は限られている1.2 今回イエローナイフを選んだ理由1.3 時期はいつがいいか?2 オーロラを撮るのに必要な機材2.1 シャッタースピードが調節できるカメラ2.2 三脚2.3 ヘッドライト2.4 バッテリーは多めに2.5 ...

ReadMore

2019/2/11

カメラやレンズの結露対策のために揃えるものや気をつけたいこと

寒い時期の撮影の際に気をつけたいのが『結露』 レンズやカメラが結露して曇ってしまうと、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいますし、カメラが濡れたままになると故障の原因にもなります。 今回はカメラの結露対策について考えてみましょう。 目次1 結露がでる原因2 撮影時に結露しやすい場面2.1 寒い場所から暖かい部屋や暖房の聞いた車にカメラを持ち込んだとき2.2 雲海など湿度の多いところで撮影しているとき2.3 星空を撮影しているとき3 カメラやレンズの結露対策3.1 湿度が高くて結露する場合はレンズヒー ...

ReadMore

2018/12/23

LightroomやPhotoshopを使いたいあなたに必要なパソコンのスペックは?

最近、なんだか使っているパソコンが重い。そんな経験はないでしょうか? LightroomやPhotoshopは便利なのですが、それなりにPCのスペックを必要とします。そろそろPC買い替えたいんだけど、どんなのを買ったらいいかわからないというかたも少なくないかもしれません。 今日はこれからパソコンを買い替えたいあなたがどんなスペックのPCを買ったらいいかちょっと考えてみます。 目次1 カメラやレンズよりもパソコンにお金をかけたほうがいいと思う1.1 じゃあ、どんなパソコンを買ったらいいの?2 MacかWin ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラ初心者のための基礎知識
-, , ,

Copyright© ログカメラ , 2020 All Rights Reserved.