ウェア

車に積みっぱなしにできる!日本野鳥の会のバードウォッチング長靴をゲットした!

投稿日:

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

写真の撮影をしていると水場に行くことってけっこうあります。滝や海岸などなど。ただ、長靴ってけっこうかさばるのでいつも車に積んでおくにはけっこう邪魔になってしまいます。

とうことで、ずっと欲しいなと思っていた日本野鳥の会のバードウォッチング長靴をゲットしました。

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

日本野鳥の会が作っているバードウォッチング長靴。干潟やぬかるみでも行動しやすいような長靴です。

やたらと評判が高くさらには5千円をきるというコスパの高さで、ほしいほしいとずっと思っていました。

非常にコンパクトに収納できる

これの何がいいかというと

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

ゴムがかなり柔らかくつくってあるのでこのようにコンパクトにすることができるのです。

日本野鳥の会バードウォッチング長靴 収納

収納袋が付属しているのが嬉しいですね。

レインブーツはけっこういろいろといいものがあるのですが、いつも車に積んでおくのはかなり邪魔くさい

使うときだけ持っていけばいいや、なんて思っていると出先で長靴が必要な場面に遭遇するなんてのは写真あるあるじゃないでしょうか。

そして、僕らはなんとかなると果敢に挑みいつもドボンするわけです。

いろんな場所での撮影に対応できる

この日本野鳥の会のバードウォッチング長靴ならご覧の通りコンパクトに収納できるので常に車に積んでいても邪魔になることはありません

シャッタースピードが短い写真

こんな波打ち際での撮影や

鍋ヶ滝

滝の撮影

美瑛 マイルドセブンの丘 冬 雪 夕焼け

雪の日の撮影などなど、いろんなところで活躍してくれそうです。

サイズ感・外観

サイズ感はきつめ

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

サイズ感なんですが、けっこうきつめに作ってあります。干潟やぬかるみなどで足をとられて靴からすっぽぬけないようになっているんですね。

今履いている靴と同じサイズ、例えば僕は26cmなんですがそれに対応するのはL。かなりきつきつです。あんまり窮屈なのがいやな人はワンサイズ上げるほうがいいかもしれません。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴 くたる

コンパクトに収納できるくらいなので、足首から上の部分はくたくたな感じの作りになっています。ご覧の通り自立もできないありさま。

普通の長靴ではなく、農作業で使う地下足袋みたいな感じですね。

素材の感じから想像つくかもしれませんがけっこう蒸れます。着用感がぴったり目ということでよけい蒸れを感じます。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴 ソール

ソールはこんな感じ。薄く作ってあるので岩のゴツゴツしたようなところは歩きにくいかもしれません。

とはいえ、これがひとつあるだけでいつでも車に積んでおけていろんな撮影ポイントに対応できるというのは、他の長靴にない大きなメリットです。

外観

日本野鳥の会バードウォッチング長靴

デザインも個人的にはけっこう好きです。足首あたりがクシャッとなっている感じとかかっこよくないですか。

日本野鳥の会 バードウォッチングレインブーツ

横から。

カラーバリエーションも

  • ブラック
  • グレー
  • カモフラ
  • グリーン
  • ブラウン
  • メジロ

といろんな色から選ぶことができます。僕はブラウンを選びました。渋い色でいい感じです。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

後ろから。

コードロックがついているので膝のあたりでしっかり絞ることができます。クタクタとはしていますが、ずり落ちてくるようなことはありません。

まとめ

撮影ポイントについたはいいけど、川の流れが強くて渡れなかったり、水の中に入って撮影したいけど長靴がなかったり、波に靴を濡らされたりなんてことが今まで多々あったのですがこれからはこの長靴をずっと車に積んでおけばいいのでかなり捗りそうです。

Wild Bird Society of Japan(日本野鳥の会)
¥4,752 (2019/07/20 17:06:44時点 Amazon調べ-詳細)

2019/6/26

車に積みっぱなしにできる!日本野鳥の会のバードウォッチング長靴をゲットした!

写真の撮影をしていると水場に行くことってけっこうあります。滝や海岸などなど。ただ、長靴ってけっこうかさばるのでいつも車に積んでおくにはけっこう邪魔になってしまいます。 とうことで、ずっと欲しいなと思っていた日本野鳥の会のバードウォッチング長靴をゲットしました。 目次1 日本野鳥の会バードウォッチング長靴1.1 非常にコンパクトに収納できる1.2 いろんな場所での撮影に対応できる2 サイズ感・外観2.1 サイズ感はきつめ2.2 外観2.2.0.1 まとめ 日本野鳥の会バードウォッチング長靴 日本野鳥の会が作 ...

ReadMore

2019/4/17

海外旅行でも登山でも!GREGORY(グレゴリー)のサコッシュはザックが重いあなたにおすすめ!

先日、購入したGREGORY(グレゴリー)のサコッシュ。 これが海外旅行で非常に重宝したので紹介してみようと思います。 目次1 撮影旅行では大きいザックが必要1.1 機内持ち込みできるザックが安心1.2 ザックが大きくて重いのでいちいち下ろすのは大変1.3 飛行機に乗るときには紙が増える1.4 普通なら手荷物に入れたらいいけど、僕らはそこにカメラが入っている2 グレゴリーのサコッシュのメリット2.1 軽い2.2 必要十分な収納力はある2.3 ザックに干渉しない2.4 登山にもよさそう3 装着感3.1 そん ...

ReadMore

2019/3/12

montbell(モンベル)のメリノウールエクスペディションソックス

montbellのメリノウールのエクスペディションソックスを買いました。今回は寒いところでの撮影のために購入。使用感を少し書いてみようと思います。 カナダの北極圏に位置するイエローナイフでの撮影でテストすることができたので、その時の感想をメインに。他でもテストできれば追記していきたいと思います。 目次1 montbell靴下1.1 montbellのメリノウールには数種類ある1.2 履いた感覚1.3 吸湿性は高いかもしれない1.4 足元の防寒はむずかしい1.5 montbellの靴下がかなりドライだった1 ...

ReadMore

2019/3/9

軽くてしっかり暖かい!KEENのウィンターポート2が非常にいい感じだった件

冬の足元の防寒のためにKEENのWinterport2(ウィンターポート2)を購入しました。 軽くて動きやすいのにしっかり暖かく、冬の撮影に非常に重宝しました。 目次1 KEENのWinterport2(ウィンターポート2)のいいところ!1.1 運転ができるのがまずデカい1.2 ちゃんと防寒してくれる1.3 防水性能が高い1.4 軽いので軽快に歩ける2 イマイチなところ2.1 脱ぎにくい2.2 アジャスターがついてる割には調整しにくい2.3 ゴツいウィンターブーツに比べると防寒性は劣る2.4 デザインは好 ...

ReadMore

2019/2/10

マイナス30度でも耐えられる靴下はどれだ!?アウトドアブランドの靴下を吐き比べてみた!

防寒具を揃えるときに一番悩ましいのが足元の防寒。いまだにこの部分の防寒対策に正解が出ておらず、悩ましい日々を過ごしているsaizouです。こんにちは。 先日ですがオーロラを見にカナダに行ったり、冬の北海道に行ったりと寒い場所で撮影をする機会がありました。 せっかくだしということでアウトドアブランドの暖かい靴下をいくつか履き比べてみたので、それについて書いてみようと思います。 目次1 防寒のキモは足元1.1 汗冷えがかなり体温を奪う2 アウトドアブランドの靴下を履き比べてみた2.1 マウンテニアリング2.2 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-ウェア
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.