撮影記

近畿地方をあちこち巡ってきたので写真あげてく

投稿日:

先日少しお休みをいただけたので、近畿方面のあちこちに行ってきました。

かなり近畿方面堪能してきたのでそろそろキンキキッズに入れてくれてもいいなじゃないかと思っているsaizouです。こんにちは。

最近マジメな長文が続いたので、今日は気楽に写真あげてくZE!

近畿方面に行ってきた!

滋賀県:白鬚神社

白鬚神社

まず一発目は滋賀県の白鬚神社

琵琶湖にでっかい鳥居がそびえ立っていてかなりフォトジェニックです。月光がまるでスポットライトのように降り注ぐその様子は、まさしく神秘的でした。

すかした感じで撮ってますが、この背後は国道になっていて、ヘッドライトがバンバン当たるので難しかったです。

このあと仮眠して、朝日を撮ってから移動します。

三重県:いなべ梅祭り

いなべ 梅

三重県いなべ市にあるいなべ市農業公園。そこには東海地区最大級の梅林があります。見渡すかぎり梅のこの場所は、そらあ見応えがありました。

いなべ 梅 鈴鹿山脈

前日、すごく寒かったので背後の鈴鹿山脈は雪が積もっていてこれまたよかったです。

三重県:鈴鹿の森庭園

鈴鹿の森庭園 梅

さらに少し移動して、同じ三重県にある鈴鹿の森庭園にも行ってきました。少し雲がでてきたんですが、隙間の青空を狙ってパシャリパシャリ。

鈴鹿の森庭園 梅

とはいえ、梅のピンクと空の青を作品にっていうのが、僕はまあ苦手でして。あーでもないこーでもないと言いながら撮りあぐねていました。

「困ったら魚眼をつこうたらエェ。」昭和の始めの関西のドヤ街に生まれ、スナップを撮り歩き「浪速の土門拳」と呼ばれた僕の叔父は、僕が幼いころ初めてのカメラを手に四苦八苦している横でいつも優しく、微笑みながら、そう言っていました。すみません、うそです。

僕が魚眼で撮ってる写真があったら十中八九、撮りあぐねて困っているので生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

和歌山県:那智の滝・夕景

那智の滝 夕景

鈴鹿の森庭園ではフォロワーさんとの出会いも果たしかなりご機嫌で、一気に和歌山まで移動。

三重の高速道路でめちゃくちゃ煽られている島根県民を見かけた人いますか?僕です。めちゃくちゃ煽られました。

実はこの那智の滝と青岸渡寺の三重塔が今回の旅のメインディッシュだったりします。ああ、かわいいよ、なっちゃん。

那智の滝の駐車場から、青岸渡寺は少し登るようになるのを知らず、このアングルを探して迷ったのは内緒だよ\(^o^)/

和歌山県:橋杭岩

橋杭岩 星景

那智の滝からさらに少し行ったところにある橋杭岩。ここも有名なスポットですね。

ここ、わりと全景を写すような写真をよくみるので気づかなかったのですが、この岩たちめっちゃデカいんですよねwww

僕の予想の5倍くらいデカくてかなり撮りあぐねました。

橋杭岩と月

この日は下弦の月。月の出のころのエグいくらいにデカい月に僕の体の中の何かが騒ぎ出して「クッ…静まれ俺の右手よ」なんて言いながら夜中に一人でブツブツつぶやきながら写真を撮ってました。ほんといい歳なんで勘弁してください。

橋杭岩 朝

この日は快晴だったので、ほんとは少し先の円月島にも行って星を撮りたかったんですが、あんまり寝ずに来てたのでとうとうダウン。

とりあえず朝焼けに染まる橋杭岩はゲットできました。

和歌山県:朝焼けに染まる那智の滝

那智の滝 朝焼け

那智の滝ファンクラブ会員NO.53なので、さらに朝焼けに染まるなっちゃんを撮りに行きました。

朝焼けに青岸渡寺の三重塔に日が当たるように朝日が登ってくるのですが、那智の滝自体には日が当たらないので明暗差がけっこうあり苦労しました。橋杭岩と那智の滝両方いいとこどりしようとすると、どっちも中途半端になるので、次行くときはどっちかに集中したいなと思います。

まとめ

このあと、寝不足のなか高速道路をふらふらとしながら8時間かけて島根まで帰ったよ\(^o^)/

和歌山県は初めて訪れたのですが、かなりフォトジェニックな被写体が盛りだくさんで、あたし一発で気に入っちゃった。かなり遠いんですが、それでもぜひまた行きたいなーと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ad

ad

-撮影記
-, , , , , ,

Copyright© ログカメラ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.