露出

2015/02/04

カメラの絞りやシャッタースピード、ISO感度などの用語を理解するための前提条件として、まず露出を理解しておく必要があります。

とはいえ、露出ってイマイチ難しいのでとりあえず意味が分からなかったら「あ、こんなのあるんだー」と思っておいていただいていいんじゃなかな、とも思っています。実際僕も露出のことを理解したのは、カメラを始めてからだいぶあとのことになります。

露出とは

露出とはセンサーに光を当てること

露出ないし、露光と呼ばれるこの写真用語。よく聞きますよね。

これは一体なにかっつーと、撮像素子に光を当てることをいいます。はい、もうよく分かんないですよね。

なんか、このへん説明しようと思うと、カメラの成り立ちから説明しなきゃいけなくなるんで端折りますが、とにかく、写真っていうのはレンズから取り込んだ光を何かに記録させないといけないわけです。

その記録させるものは以前はフィルムでしたし、最近ではデジタルカメラのセンサーなわけです。ていうか、もう最近はデジカメがほとんどだし、このブログご覧になられるかたはほとんどが、デジカメ派だと思うので

「撮像素子=デジカメのセンサー」

と思っておいてもらっていいんじゃないかと思います。

だから、露出ってなにかって聞かれたら、デジカメのセンサーに光を当てることになるわけです。

センサーに光を取り入れる

ね?たったこれだけのことをやたら画数の多い「露出」なんて言葉を使うわけですよ、写真用語って。下げろ!もっとハードルを!!

さておき、なんか写真の教本をめくっていたらよく見る露出って、このことっていうのを今日はちょっと覚えて帰ってくださいよ。

適正露出、自動露出、露出がオーバー、露出がアンダー、露出補正、露出ブラケット云々かんぬん、エトセトラ、エトセトラ……まあ、とにかくカメラ用語にはやたら「露出」という言葉が出てきますし、なんだか小難しそうですが基本

「センサーにどんなふうに光をあてるか」

とうことを指していますし、そう考えたら、そんなに肩肘張って考えなくてもいいですよね。

適正露出

んで、今日はもうちょっと覚えてみましょう。

よく「適正露出」っていう言葉が出てきます。これはどういうことかというと

「ちょうどいい、露出」

という意味です。ちょうどいい露出ってなんだ?

写真として成立するにはちょうどいい明るさが必要

写真はちょうどいい明るさで写してあることが必要です。

とりあえず、こちらの写真を見てみてください。

暗い写真

ムムム、暗いですね。

明るい写真

こうなると、ちょっと明るすぎる。

適正露出の写真

ん!ちょうどええ!!

センサーにどれくらい光を当てるかで、この明るさっていうのが変わってきます。

これらの写真にどんな感じで光があたっているかというと

センサーに光を取り入れる少ない

暗い写真の時には、少ししかセンサーに光が取り込まれていません。

センサーに光を取り入れる多い

光の量が多いと、今度は明るくなりすぎて、画面が白く飛んでしまいます。

センサーに光を取り入れるちょうどいい

ちょうどいい量の光をセンサーに当ててやることで「きちんとした写真」を撮ることができるんですね。

おわかりいただけたでしょうか?つまりちょうどいい露出とは

「カメラのセンサーに”ちょうどよく光を当ててやる”こと」

ということになります。つまりもっと噛み砕くと

「適正露出→センサーにちょうどよく光を当てる→ちょうどいい明るさで写真を撮ること」

とも言えるわけです。

かなり周りくどい感じで説明してきましたが、「ちょうどいい明るさの写真を撮ること=適正露出」ではなく「ちょうどいい明るさで写るようセンサーに光を当てる=適正露出」というのを間違えないようにしましょう。僕も長いこと勘違いしていました。

まとめ

今日覚えておいていただきたいのは

・露出とはカメラの撮像素子(センサーやフィルム)に光を当てること

・適正露出とはちょうどいい明るさで写るように光を当てること

の2つです。

そして、写真として成立するには「ちょうどいい明るさで写す」ことが必要になります。

なんで「ちょうどいい」を連呼しているかというと、写す写真によってその「ちょうどいい」って変わってくるからです。

とはいえ、露出ってなんだか小難しいので、「へ〜、こんなのあるんだ」と分かってもらえれば、とりあえず、今日はいいんじゃないかと思います。

では、なんで今回これを説明したかというと、このちょうどいい明るさの写真を撮るために

  • 絞り
  • シャッタースピード
  • ISO感度

などの、具体的なカメラの設定を弄ることになるからです。

それぞれ、適正露出を得るために弄る設定ですが、この3つの設定を細かく変えることでいろんな写真がとれますし、カメラの楽しさの醍醐味だと思います。

ということで、次回はこれらの設定をひとつずつ説明していきたいと思います。

NEXT

絞り・シャッタースピード・ISO感度

-カメラ初心者のための基礎知識
-,