カメラ初心者のための基礎知識

背景をボカした写真が撮りたい!これであなたもボケマスター!!

投稿日:

コスモス ボケ

スマホから写真を撮りだして、そろそろいいカメラにステップアップしたい人の多くが「背景がボケた写真が撮りたい」と思っているのではないでしょうか。

最近ではスマホでもポートレートモードなどが搭載されているので、それっぽく背景をボカすことができるのですが、やはりまだまだ不自然な感じがするのは否めません。

やはりボケた写真というのはいかにもカメラという感じがして、手っ取り早くそれっぽいのが撮れるわけです。

なぜボケるとそれっぽいのか?

エゾリス

さて、ではなぜボケるとそれっぽいのでしょうか?

あなたが見せたいものにフォーカスできる

ホテイアオイ 135mm

写真というのはあなたが「何を見せたいのか?」ということが大事になります。

目で見ていると自分の見たいものに意識が集中しています。しかし、カメラというのは良くも悪くも、そのとおりに写すもの。なので、写真にしてみると「実際、何が見せたかったのか?」が分かりづらくなるものなのです。

ボケた写真、というのは被写体にはピントが合い、背景などそれ以外の部分がボケていますよね。 つまり、あなたが見つめていたもの写したいと思っているものがよく分かるようになるわけです。

ボカすことで視線を誘導することができる

鰐淵寺 敷き紅葉 道

すばらしい写真の定義はなかなか難しいものですが、人は興味がある写真は長く視線をとどめあちこちを見ることが知られています。

逆に言えば、視線を誘導される写真というのは、長く視線をとどめ、あちこちに目を向ける効果があるのです。

前ボケからなだらかにピントが合っていき、そしてゆっくりとアウトフォーカスしていくといくボケた写真というのは特に遠近の視線誘導に一役買ってくれます。 

柔らかくな雰囲気を演出できる

Summarit 50mm/f1.5 周辺減光

レンズというのはf5.6あたりからしっかりと解像するような仕組みになっています。

逆に開放付近というのはカリカリに解像せず、ちょっとゆるい描写となります。 もちろんボケてピントが合ってない部分もフワッとした雰囲気ですよね。 なので、全体的にやわらかい雰囲気を作ることができます

最近のレンズは開放からしっかり解像するものも多いですが、その分ボケの描写もよくなっているのでやはり柔らかい雰囲気に仕上げることができます。

なんだかいい気分、なのでもうそれだけでも撮る理由になる

渡嘉敷島 猫

長々とそれっぽい理屈をこねてきましたけど、結局あれじゃないですか?なんかボケてるとやっぱり撮ってて気持ちがいいわけです。

写真撮るのにこういう感覚って大事だと思ってて、なんかいいと感じたらしのごの言わずに撮ったらいいのです。 もう、ガンガン撮りましょう。

たくさんボカすためのコツ

KissM 狛犬

それでは、たくさんボカすためのコツをチェックしておきましょう。

これから紹介するコツでなぜボケるのか?という疑問も出てくると思いますが、一気に理系の難しい話になるので割愛したいと思います。 興味がある人は調べてみましょう。

まずは、こういうことをするとボケるのだ、ということを理解しておけばいいと思います。

センサーの大きなカメラをつかう

α7Ⅱ センサー

いちばん大切なのがセンサーサイズの大きさです。 ボケる、と聞いてパッと思い浮かぶのは一眼レフなどだと思うのですが、スマホとカメラの1番の違いはこのセンサーの大きさがまるで違うんですね。

後述するいろんな方法でもボカすことができますが、いろいろと制限が出てきます。 どんな場面でもボカしやすいというのが大きいセンサーを使うメリットの一つです。

これ厳密に言うと焦点距離が長いレンズを使うことでたくさんボケるんですが焦点距離が長いと移せる範囲が狭まってしまいます。さらにはセンサーサイズの小さなカメラは同じ焦点距離のレンズでも写せる範囲がさらに狭くなってしまうため背景を入れて撮影する場合使い勝手が悪くなります。ちょっと難しいですよね?

厳密な話しだすと途端に小難しくなるのが写真あるあるなので今日はとりあえずセンサーサイズが大きい方がボケた写真を撮影するのに手っ取り早いと覚えておいて、ある程度理解してからこのへんの小難しいことを勉強してみましょう。

f値の小さなレンズをつかう

50mmf1.8

レンズには絞りというのがついています。 絞りの開き方で取り込まれる光の量が変わってきますが、それを数値化したものがf値です。

レンズにはそれぞれ最小・最大f値が決まっており、最小f値が小さいレンズがボケやすくなっています

単焦点レンズはよくボケるといいますが、単焦点レンズはズームレンズに比べf値の小さい、明るいレンズが多いからなのです。

f1.4〜f2.8くらいのレンズを使うと思ったとおりにしっかりボケた写真を撮影することができます。

焦点距離の長いレンズをつかう

FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS-a73

焦点距離というのはざっくり説明するとレンズの主点から焦点までの距離なんですがよく分かりませんね。詳しくはこちらをご覧ください。めんどうな人はすっ飛ばしても問題ありません。

この焦点距離というのもレンズごとに決まっており、例えば「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」などのように名前の中に書いてあります。 カメラのセンサーサイズによって違ってきますが、焦点距離が短かいほど広角、長いほど望遠ということをざっくり理解しておけば今日は問題ありません。

んで、焦点距離が長いレンズ、すなわち望遠になるほどボケやすくなります。 ボケやすくはなるんですが、望遠レンズは画角が狭くなるのでどちらかというとクローズアップさせた写真の方が多くなっていきます。

被写体と背景をできるだけ離す

桜 マクロ

被写体と背景をできるだけ離すことで、より大きなボケが得られます。

ボケというのは、ピントが合ってない部分ということ。なので、被写体と背景が離れれば、背景にピントが合わない度合が大きくなるのです。 例えば手のひらを目の前に置いた時に背景が遠ければ遠いほどピントがあわずボヤッとしますよね?それと同じことがカメラにも言えるわけです。

被写体にできるだけ近づく

マクロ 花

マクロレンズと聞くと、ものすごくボケて不思議な世界の写真を想像すると思います。これは被写体にものすごく近寄ることでたくさんボケるためこのような不思議な雰囲気な写真になるんですね。

レンズにはそれぞれ最短撮影距離というのが決まっており、これが短いほうが被写体に近い位置で撮影できるのでボケた写真も撮りやすくなります。

ボケの種類

一言でボケと言っても、レンズによって様々なクセがあります。 いろんな種類のボケを覚えておいてうまく使いこなしてみましょう。

背景ボケ

由志園 ライトアップ 番傘

一般的にボケと呼んでるのがこの背景ボケ。 言葉どおり背景がボケている様子を指します。

前ボケ

ネモフィラ アップ

背景に対して、被写体の前の物がボケているものを前ボケといいます。

この前ボケ、焦点距離の長いレンズの方が作りやすいです。  前ボケと同時に背景もボケるので被写体を中心に周りをボケでつつまれるような表現ができソフトでふんわりした雰囲気を作りやすいボケです。

レンズの仕組み上、前ボケがキレイなものは背景ボケがそんなにキレイでなかったりします(逆もしかり)

丸ボケ

由志園 玉ボケ

背景の中に電球や照明などの光源がある場合、それらがボケて丸い形になります。 きれいな丸の形になると写真の中で良いアクセントになるので、光源を見つけたら狙ってみるといいでしょう。

この丸ボケ、実は絞りの形によって描写が変わります。 絞り羽根が多いほど、絞りの形は丸くなるのでキレイな丸ボケに。

一方、絞り羽根の少ないレンズは絞りが角ばった形になるので、ボケもカクカクした形になります。 キレイな丸ボケを作りたいときは、絞り羽根が多くキレイな丸になるような絞りのレンズを使うといいでしょう。

グルグルボケ

グルグルボケ

背景のボケがグルグルと渦巻いてるようなものをグルグルボケと言ったりします。 オールドレンズのような昔のレンズに出やすいこのボケ。

光が滲んでしまうことで出てしまうこの現象は収差と言って本来はあまりよろしくないのですが、なんか雰囲気いいよね と結果オーライ的にみんなに愛されるボケになりました。

二線ボケ

二線ボケ

ボケがキレイにボケきらず、1本の線が2本に見えるようなボケ方を二線ボケと呼びます。 森など細かい樹々が密集してるところなど、この二線ボケが発生しやすいです。 これもレンズによって出やすいもの出にくいものあるのですが、ボケがガチャガチャした感じになるのであまり好まれません。

まとめ

とりあえずボケてるだけで、なんだか写真を撮るのが楽しくなります。スマホだとなかなかできないボケの表現。 いろいろと試してみてくださいね。

2019/12/1

背景をボカした写真が撮りたい!これであなたもボケマスター!!

スマホから写真を撮りだして、そろそろいいカメラにステップアップしたい人の多くが「背景がボケた写真が撮りたい」と思っているのではないでしょうか。 最近ではスマホでもポートレートモードなどが搭載されているので、それっぽく背景をボカすことができるのですが、やはりまだまだ不自然な感じがするのは否めません。 やはりボケた写真というのはいかにもカメラという感じがして、手っ取り早くそれっぽいのが撮れるわけです。 目次1 なぜボケるとそれっぽいのか?1.1 あなたが見せたいものにフォーカスできる1.2 ボカすことで視線を ...

ReadMore

2019/11/20

デジタルカメラマガジン2019年12月号「写真の疑問101」の特集で写真をつかっていただきました!

11月20日発売のデジタルカメラマガジン12月号の「いまさら人には聞けない写真の疑問101」という特集で写真をつかっていただくことができました! 今回は2枚使っていただきそれぞれで記事も書かせていただいております。あ、ちなみにiPad買いました。 この特集では 風景 スナップ 人物 乗り物 マクロ 夜景 の6つのカテゴリをそれぞれ初級・中級・上級のレベルに合わせてテクニックが学べるという内容になっております。 風景のカテゴリはもちろん、普段撮影する機会があまりない他のジャンルのいろんなテクニックにふれるこ ...

ReadMore

2019/9/2

ホワイトバランスとは?まずはきちんと基本の使い方を覚えよう!

カメラにホワイトバランスという設定項目があります。 慣れないうちはオートでいいのですが、使いこなせるようになると色を自分の思いどおりにすることができるようになります。 その基本と、使い方を解説したいと思います。 目次1 ホワイトバランスとは?1.1 カメラに任せると思いどおりの色にならないことがある1.2 光には光源によっていろんな色がある1.3 白を白と写せることが基本1.4 色被り2 反対の色を加えることで白くなる2.1 加法混色2.2 反対側の色を重ねることで白をきちんと白くする2.3 実際に見てよ ...

ReadMore

2019/6/30

黒つぶれとは?しっかり露光して真っ黒な写真を防ごう!

写真を撮影するとき、露光量不足で光が足りない場所が黒くつぶれてしまうことを黒つぶれと呼びます。 今回はこの黒つぶれを防ぐためにどんなことを気をつけたらいいのか書いてみます。 目次1 黒つぶれとは1.1 黒つぶれとは黒以外のデータがなくなっている状態1.2 日中でも黒つぶれする1.3 カメラは明暗差に弱い2 黒つぶれするデメリット2.1 白飛びに比べると補正しやすい2.2 完全に黒つぶれしているものを持ち上げるとノイズが発生する3 黒つぶれが全て悪いわけではない3.1 シルエットを狙う3.2 夜のような表現 ...

ReadMore

2019/6/28

白飛びとは?写真が明るくなりすぎるときの原因と対処方!

写真の適正露出を越え、明るくなりすぎてしまい絵が白くなっている状態を白飛びと呼びます。 今回は白飛びとはどのような状態のことをいうのうか?そして、白飛びを防ぐための対処方について書いてみます。 目次1 白飛びとは1.1 完全に白飛びしてしまうとRAWでも復旧できない2 とはいえ、白飛びも一つの表現2.1 明るくするのは後でもできたりするのでデータは白飛びしないようにしておくと後処理がしやすい3 白飛びしてしまうときの対処法3.1 白飛びしているかどうかはヒストグラムを見て確認する3.1.1 カメラのハイラ ...

ReadMore

2019/5/16

フレアとは?ゴーストってなに?発生する原因と対策方!

強い光がある方向にカメラを向けているときに、画面の中にへんな光が入ったり写真全体が白っぽくなることがあります。 これは「フレア」「ゴースト」とそれぞれ呼ばれるのですが、今日はいったいどういう場合で発生するのか、またその対策方法について勉強してみましょう。 目次1 「フレア」「ゴーストとは?」1.1 フレア1.1.1 ふんわりさせたいときはあり1.2 ゴースト1.2.1 こちらも表現にするならあり2 フレア・ゴーストの対策2.1 逆光で撮らない2.2 コーティングのいいレンズを使う2.3 広角、特に出目金レ ...

ReadMore

2019/5/3

順光・逆光とは?光の向きを意識して目指せ脱初心者!!

突然ですがあなたは写真を撮る時に光の向きって気にしたことありますか?写真というのは光をセンサーに記録させます。なので、光ってすごく大事なんです。 向きや強弱、時間帯など様々に変化する光をうまく利用することで写真の出来がぜんぜん違ってきます。 目次1 光は思ってる以上に変化している1.1 カメラは光の変化に弱い1.2 光に敏感なカメラだからこそ、その光をうまく読む必要がある2 光の向き2.1 順光2.1.1 空は青くなる2.1.2 日が低い時間帯は自分の影が入るので注意2.2 逆光2.2.1 ゴーストやフレ ...

ReadMore

2019/3/16

初心者からマニアまで!あなたにぴったりのおすすめの雲台(うんだい)の選び方!!

全国1億3千万人の雲台マニヤのみなさまこんにちは。お元気ですか? 僕はといえば、非常に素晴らしい雲台ライフを過ごしており、最近では茶器を集める感覚で雲台を買っております。 雲台の良さや素晴らしさをもっとこの世に伝えたいので今日はあなたにぴったりのおすすめの雲台の選び方を書いてみます。 目次1 雲台(うんだい)とは1.1 狙いたい被写体やシチュエーションによって雲台と三脚を組み替える2 初心者の場合は三脚にセットになっている雲台をまず使ってみる2.0.1 フルサイズなどのちょっと重い機材を使っているひとは少 ...

ReadMore

2018/9/29

連写が途中でとまっちゃう!?カメラの連写速度にも影響するバッファメモリとは

最近のカメラは技術の進歩で高速連写ができる機種が増えてきました。1秒間に10枚撮れるようなカメラも見かけるようになりましたね。 ただ、たくさん連写できるはずのカメラなのに途中で止まってしまったり、急激に撮影のスピードが遅くなった経験ってありませんか? カメラの中には「バッファメモリ」というのがあるのですが、それが影響しているのです。実際に見ることがないので、あまり意識することがないかもしれませんね。 今日はそんなバッファメモリについて解説してみようと思います。 目次1 バッファメモリとは1.1 撮った写真 ...

ReadMore

2018/3/25

初心者はとりあえず安くてまあまあ使える三脚を買って試してみるのがいいのかなと思っている件

全国1億3千万人の三脚マニヤのみなさまこんにちは。 夜景や星の写真など、三脚があると一気に撮れる世界が広がります。僕も三脚があればお茶碗3杯いけるくらい三脚が好きです。 ただ、初めてカメラを買ったばかりの初心者のあなたにとって三脚ってわりとお高いものかもしれませんよね。おまけにただの3本の黒い棒のくせにやたらとメーカーがあったり種類があったりするので選ぶのに困っちゃいますよね。 なのでいきなり結論なんですが、初心者はとりあえず1万円前後の安めの三脚を買って試してみるのがいいんじゃないかと最近思っているので ...

ReadMore

2018/3/14

あなたはどっち?カメラを選ぶ時には「写真を撮りに行くのか」「行って写真を撮るのか」考えてみる

おすすめのカメラありますか?なんて聞いてはいけません。 なぜかというと、我々は自分が使っているメーカーこそ神で、自分が使っているカメラこそイエス・キリストだと信じているからです。 特にあなたがカメラについて何も知らないような迷える子羊のようであればあるほど、我々カメラ好き好きおじさんは「すわ、我こそが伝道師であるぞ」と言わんばかりに自分の使っているカメラとメーカーの良さを延々と語りはじめるでしょう。Nikonはいいぞ。 そして、ひとしきり語り終えたあたりにお互いの齟齬というか温度差に気づくわけです。 【2 ...

ReadMore

2018/2/25

【2019年】初心者におすすめのカメラなんかないので、なんとかならないかなと思っている件【一眼レフ・ミラーレス】

モヤモヤとしております。 これは昨日、今日モヤモヤしはじめたことではないのですが、結局解決しきれないまま今日まで来ているので、無力さを感じながらもなんとかならないのかなと思っていることを書きます。 目次1 初心者におすすめのカメラってなんだ?1.1 これからカメラを買おうとしているあなたがまずやってしまう間違い1.2 「カメラ 初心者 おすすめ」でありがちなラインナップ1.3 初心者におすすめのカメラはコレだ!絶対失敗しない人気のカメラ8選!!1.3.1 Canon EOS kiss X91.3.2 Ni ...

ReadMore

2017/10/23

NDフィルターとは?NDの選び方・種類・使い方をまとめてみた!

滝が白糸のように流れたり、波がシュワシュワになっていたり、スローシャッターを使うと普段目にすることのないような幻想的な写真が撮れます。 そんなスローシャッターでの撮影に欠かせないのがNDフィルター。 とはいえ、最初はどんなものを買ったらいいのか?どんなふうに使ったらいいのか?いろいろ分からないことが多いと思います。今日はそんなNDフィルターについてまとめてみました。 目次1 NDフィルターで撮影できる写真1.1 白糸のような滝1.2 平らな水面1.3 波をシュワシュワさせる1.4 光跡を途切れさせず、白飛 ...

ReadMore

2017/9/7

写真の「段」をなるべくわかりやすく解説してみる。

みなさんこんにちは。突然ですが「段」の話です。 カメラをやっていると、けっこうよく見かけるのがこの「段」。『手ブレ補正効果4段分』とか『3段分減光できるNDフィルター』とかいうの見た経験ありませんか? 「段」ってなにかしら?と調べてみると、やたら数字の羅列を延々見せられてしまい、僕のような文系人間としてはそっ閉じしてしまう今日このごろ。いやいやいや。こんなんではいかん、ちょっと「段」ともっと向き合おう。 というわけで、みんなイマイチわからない「段」のことをなるべくわかりやすく説明してみます。 目次1 「段 ...

ReadMore

2017/8/2

カメラで撮った写真の色がLightroom(現像ソフト)に入れると変わってしまう理由!それ、RAWで撮影してませんか?

撮影してたときはめっちゃキレイに撮れてたのに、家に帰ってみるとなんだか色が変わっちゃってる!っていう経験ありませんか? はたまた、Lightroomなどの現像ソフトに入れたときはよかったのに、画像を開いたら色が変わった!なんて経験もあるかもしれません。 せっかくキレイに撮れてた写真なのに!なんで!??って思いますよね。それ、もしかしてRAWで撮影した写真じゃありませんか? 目次1 写真の色が違う!?こんな症状ありませんか?2 カメラで撮った写真の色はカメラごとに違う2.1 RAWで撮影した場合、まだどの色 ...

ReadMore

2017/6/22

カメラのヒストグラムのてっとり早い見方と使いこなす方法!

こんにちは。突然ですがヒストグラムです。 なんだか、カメラをやってると、偉い人たちがヒストグラムを見ろとおっしゃるわけです。んでまあ、見てみるわけです、ヒストグラムの野郎を。 そうすると、いろんな色のギザギザが出てきてギョッとしますね。なに?これどうするの?何を見るの?みたいな感想をお持ちになるのではないでしょうか? 今日はこの小難しそうなヒストグラムの野郎を、てっとり早く見たり、使いこなしたりする方法を書いてみます。だいじょうぶ!ヒストグラム怖くないょ! 目次1 明るいのか?暗いのか?とりあえず、そんだ ...

ReadMore

2017/5/29

梅雨のメインテーマ!あじさい(紫陽花)の撮り方

梅雨の時期になるとその美しい姿を見せてくれるあじさい(紫陽花)。うっとおしい梅雨の時期において、一服の清涼剤となってくれるステキな花です。 雨が多い季節ですが、ステキなあじさいに出会うため撮影にでかけたいものです。今日はそんなあじさいをキレイに撮るために気をつけたいことをちょっと書いてみます。 目次1 あじさいの基礎知識1.1 あじさいの種類1.1.1 セイヨウアジサイ1.1.2 ガクアジサイ1.2 あじさいの色2 あじさいの撮り方2.1 主題と副題を意識する2.2 あじさいと絡めやすい副題2.2.1 雨 ...

ReadMore

2017/4/4

赤城写真機診療所がくそおもしろかったのでみんな読め

はい、どうもこんにちは。saizouです。 写真をはじめてからだいぶたつので、最近はあんまり書籍の購入をすることって少なくなったんですが、久しぶりに書店で手にとった本がくっそおもしろかったので紹介してみたいと思います。 赤城耕一先生の書かれた「赤城写真機診療所」という本です。 目次1 赤城写真機診療所1.1 カメラをやってると、ついつい疑問に思ってしまうようなことが盛り沢山1.2 まとめ 赤城写真機診療所 さてこの本、カメラや写真についていろんな悩みを抱えている人を「患者」にみたてて、写真家の赤城耕一さん ...

ReadMore

2017/3/18

桜撮影の基礎知識ときれいに撮るための9つのアイデア

春の一大イベントである桜。とはいえ、ぶっつけ本番で撮っちゃうと案外難しい被写体だったりします。 桜を撮影するうえで押さえておきたい基礎知識と手っ取り早くきれいに撮るためのいくつかのアイデアを書いてみたいと思います(๑´ڡ`๑) 目次1 いつ撮れるの?1.1 開花する時期2 桜を撮るために覚えておきたい基礎知識2.1 満開の桜か一本桜か2.2 何時頃を狙うか2.3 天気2.3.1 晴れ2.3.2 曇り2.3.3 雨2.4 レンズの選び方2.4.1 一本桜を撮るなら広角〜標準域が使いやすい2.4.2 望遠レン ...

ReadMore

2017/3/5

羽根を広げたメジロを撮影してきたので撮り方の備忘録を書いてみる

春に咲き誇る花々の蜜を吸いにやってくる小さくてかわゆい鳥がいますね。そう、メジロです。梅との組み合わせなどはウメジローなどと呼ばれその緑色が淡い花の色に非常にマッチします。 メジロはいろんな撮り方ができると思うんですが、今年はメジロが羽ばたいているところを撮影したいと思っており、うまいこと撮れたんでちょっと備忘録的なものを書いてみたいと思います。 目次1 メジロの撮り方1.1 どこにいるの?1.2 必要な機材1.2.1 高速連写のできるカメラ1.2.2 望遠レンズ1.2.3 容量の大きいSDカード1.2. ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラ初心者のための基礎知識
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.