本が出ました!「美しい風景写真のマイルール」

リフレクションの撮り方!鏡のような逆さまの世界を切り取ろう!!

由志園 リフレクション

水の中に写り込んだもう一つの世界。鏡のような風景は非常に美しいですね。

風景が水に反射することをリフレクションと呼びます。

普段の生活しているとなかなか気づかないことが多いのですが、僕たちの周りにはたくさんのリフレクションが隠れています。

鏡のような素敵な世界の撮影にチャレンジしてみましょう!

リフレクションの見つけ方

日本人は反射するものが好き?

ウユニ塩湖 リフレクション

このリフレクション写真なんですが、日本人は特に大好き。

鏡のような世界が撮れるといわれるウユニ塩湖。こちら、乾季には水が無くなるんですが欧米人はむしろそちらの方が好きなようです。雨季の水がたまって空を反射させる時期が好きなのは圧倒的に日本人。

三種の神器に鏡が入ったりと、日本人は昔から反射するものに特別な思いを抱くのかもしれませんね。

水があるところはリフレクションのチャンス!

八方池

池や湖、はたまた水たまりなど。 風がなく水面が凪いでるときには多かれ少なかれ風景を反射しています。

大きな池や湖で狙うリフレクションはダイナミックですし撮影もしやすいでしょう。 水たまりなど「意外なところで見つけるリフレクション」は写真としての面白さに一役買ってくれます。

水に写ってる景色はなかなか気づきにくいのですが、「水のある場所=リフレクションが撮れるかもしれない」と頭の片隅に置いておくと、せっかくのリフレクションのチャンスを逃さずにすむでしょう。

ライトアップはリフレクションが撮りやすい

鹿野城跡 桜

夜にライトアップされた被写体は昼に比べてリフレクションが目立つようになります。

まさしく鏡に反射しているようなゴージャスな写真が撮りやすいのでリフレクションにチャレンジしてみたい方はまずライトアップを狙ってみるのもいいでしょう。

風の無い日を狙う

ダブルダイヤモンド富士 本栖湖

水面に波があるとキレイなリフレクションになりません。

風の少ない日、できれば無風のタイミングを狙うと水面が鏡のようになりキレイなリフレクションを撮ることができます。

水面に出来るだけ近づき低い位置から撮る

立ってリフレクション

立っていると角度の関係から、空ばかり入ってしまうことになります。

空をリフレクションさせるのも面白いですが、やっぱり目の前に広がっている風景が鏡のように反射しているのがリフレクションの魅力。

リフレクション 座る

出来るだけ低く、水面に近くことで今まで見えなかったリフレクションにも気づくことができるでしょう。

PLフィルターは使わない

ダメ

便利な撮影アイテムであるPLフィルターですが、リフレクション撮影の時は外しておきましょう。 なぜかというとPLフィルターは反射している光を取り除く効果があるためです。

リフレクションというのは反射している光なので、PLフィルターをつけるとその光が除去されてしまい水の中が透けて見えてしまうんですね。

水の中にいる魚とか池の底を狙いたいならPLフィルターが必要ですが、リフレクションを狙う場合は外しておきましょう。

リフレクションが撮りやすいポイント

 湖

富士山 精進湖 朝焼け リフレクション

広い水面は、広範囲のリフレクションを撮れるのですが、そのぶん風の影響も受けやすいものです。

湖はわりと波が立つ場所も多いですよね。 風のない日を見計らってリフレクションをゲットしましょう。

みくりが池

湖と比べると池は波が立ちにくい場所。 景観がいいところも多いのでリフレクションがゲットしやすいポイントですね。

とりあえずキレイな風景と池を見つけたら、リフってないかチェックしてみるといいでしょう。

田んぼ

星峠の棚田

春のはじめ、田植えをする直前に水をはられたばかりの田んぼは絶好のリフレクションのチャンスです。

棚田などはその風景自体も美しいですが、空の色が全面で反射様子もキレイでしょう。

水たまり

大山 水たまり

水たまりは雨が降ったあと突然あらわれるリフレクション。

基本的にはどこにでもあらわれる可能性があるのであなたの身近なところで気づかなかった素晴らしい光景をゲットできるかもしれません。

水たまりはそんなに大きくないので、できるだけ低くカメラを近づけて撮るのがポイントです。

佐賀バルーンフェスタ リフレクション

川は水が流れているので一見リフレクションしにくそうですが、流れの穏やかな川はけっこうリフったりします。

多少、水面のゆらぎがあったりするもののそんなに気にならないことも多いので、ぜひチャレンジしてみましょう。

イチョウ 床にリフレクション

ピカピカに磨かれた床やテーブルなど、以外なところでリフレクションすることがあります。

とにかく反射してるとなんだかそれっぽい感じになるので貪欲に探していきましょう。

千鳥別尺のヤマザクラ リフレクション

星の明かりはか細いようで、けっこう強いんですね。 なので、星の日周運動や天の川などリフレクションさせることができます。

高感度で撮影することになると思うのです、ノイズ処理は必須ですね。

現像方法

桜 リフレクション

リフレクション写真は、そのままだとちょっと目立たないことが多いです。

現像で少し工夫することで、ギャンギャンにリフらせることも可能なのでお好みで調整してみましょう。

段階フィルターを活用する

リフレクション 段階フィルター

段階フィルターを活用することでリフレクションしてる部分にだけ効果をかけることができます。

露出をあげると、少し暗い部分が浮き上がりまさしく鏡のような世界になってきます。 明瞭度や彩度を上げるとコッテリとしたHDRっぽい仕上げにすることも可能です。

水辺の部分はわりと直線的なことが多いので、段階フィルターでだいたいうまくいくと思いますが場合によっては円形フィルターなども活用するといいでしょう。

全体のコントラストを上げるとパキッとする

佐賀 バルーンフェスタ

リフレクションの部分を段階フィルターで持ち上げたあと、今度は全体の部分のコントラストを上げてやるとパキパキした雰囲気になり、鏡で写ってる感が増します。

コントラストを上げすぎたなと思ったらトーンカーブで調整してみるのもいいと思います。

まとめ

リフレクションの写真は、けっこうてっとり早くそれっぽい雰囲気のが撮れるので非常にオススメです。

定番ポイントはもちろん、思いもよらないところでリフレクション見つけるとおもしろい写真になるのでいろいろ試してみてくださいね。