本が出ました!「美しい風景写真のマイルール」

それはあなたの「最高の相棒」になる!D750を使いだして半年たったので、その!魅力を!存分に語り尽くす!!

D750にストラップを装着

全国1億3000万人のD750ユーザーのみなさまこんにちは!

発売からすでに半年以上経過し、今さら感がハンパないのですが、僕もようやくこのD750でまあまあの写真を撮ることができるようになってきました。

今日は僕のそんなかわいいD750の魅力を存分に語りたいと思います。存分に。レビューとかではなく、自慢です。僕のかわいいD750の自慢です。だれがこれ見て楽しいかって?僕です。

じゃあ始めるZE!

あれ、これ、おれ上手くなった!?と錯覚させられるくらいの画質の向上がスゴイ!

与一野のしだれ桜 ライトアップ

もうね、勘違いしちゃう。

コンビニのかわいい店員さんがおつりを渡してくれる時、手を握りながら渡してくれると「あれ、僕のこと好きなんじゃないの」ってくらい勘違いしちゃう。

何がなんでこんなふうになるのか、ちょっとイマイチよくわかってはないのですが(白目)なんかやっぱりスゴイ。やっぱりフルサイズすごい。

もしかしたら、ご覧のみなさんは明確な差はわからないかもしれません。けど、カメラを扱う僕自身は変わらないのに、D5100期とD750期を境に自分の写真がはっきり変わってきているというのが、実感としてあります。

「神は細部に宿る」それは差としてはビミョーな差なのかもしれません。けど、今までだったらこんな絵撮れてないなーって思う瞬間がたくさんありますね。スゴイ。

光と影がある場所についついカメラを向けるこの感覚

旧大社駅

カメラの苦手なものの一つが「明暗の差」です。

目で見たらすごくきれいな光景だったので写真を撮ってみたけど、影が黒くツブレたり、光が強すぎたりといった経験ありませんか?

あれーこれ違うなー、と僕もいっつも思っていましたし、そういった所にあまりカメラを向けることがありませんでした。

んですが、D750はそういった光と影を非常に美しく切り取ってくれます。

光があたっている場所はまるでスポットライトがあたっているかのように鮮やかに。そして影の部分も潰さずしっとりと。

明るいところから暗いところまで写る範囲のことを「ダイナミックレンジ」といいます。フルサイズ機はセンサーの小さいカメラよりそのダイナミックレンジが広いのですが、こんなにハッキリ違うのかと思いました。

今までは苦手だったのに、最近は光と影がある場所についついカメラを向けてしまうし、そしてやっぱり色っぽい写真をしっかりと撮ってくれます。

「白」って、いろんな色の白があるんだってわかった

鳥取砂丘の丘

白っていう色は、ひとつの色じゃないんだ。

明るい白から、光の加減によって少しづつ、少しづつ変化していくそのグラデーション。これも新体験のひとつでした。

これも先ほどのダイナミックレンジの広さのおかげです。

D5100を使っていたころはどうにも雪を撮るのが苦手でした。それはぺちゃーっと真っ白になってしまうから。目で見ているこの銀世界の美しさを撮るのは難しいのかと諦めていたところにD750のコレですよ。

白くても成立する写真が撮れる。これがすごい。雪を撮るのもとても楽しくなりました。

D750に任せておける安心感。それはまさしく相棒と呼ぶのにふさわしい。

士林夜市への道

カメラを相棒なんて呼ぶなんて、人間にそんなに友だちがいないのか不安になるsaizouさんですね。さておき。

一眼レフカメラが難しい。そんなイメージがもしかしたら、世間一般にはあるのかもしれません。

それは、キレイに映るからこそたくさんの設定を適切にやってやる必要があるのもその理由にひとつではないでしょうか。絞り、ISO、シャッタースピード。それらをどのように設定してやるかは非常に悩ましいところですね。

特に夜間の撮影ではどうしても光量不足になります。手ブレを抑えるためにシャッタースピードを早くしたいが、ISOを上げすぎるとノイズが乗ってしまう。

さて、ところでこの屋台の写真なんですが、こいつをどう思う?

これISO12800なんだぜ?

以前つかっていたD5100は、古いモデルというのもありますが、許容できるISO感度はせいぜい800くらいまで。1000を越えた感度にする場合はある程度いろいろ目をつむりながら撮影していました。

そ!れ!が!12800でこの画質!!

手持ちで夜にスナップが撮れる、この感覚

士林夜市 1F

さすがにISO12800、等倍で確認すればノイズを確認できます。けれど、ノイズリダクションでなんとでもなるレベル。充分許容できます。

それより僕が写真撮ってて怖いのが「手ブレ」

僕はボケ具合をコントロールしたいのでAモード(絞り優先オート)で撮ることが多いんですが、きちんとした明るさにするため夜間の撮影だと自分が思っている以上遅いシャッタースピードになることがあります(手持ちでブレないシャッタースピードは『「1/焦点距離」秒』が目安です)。

撮影時には気にしてなかったけど、家に帰って確認してみたらめっちゃブレてたなんて経験1度や2度じゃありません。きちんとシャッタースピードを稼げるよう、ISOを適切な値にしておけばいいんですが、前述のとおり、ISO1000くらいからノイズが出てくるD5100では常に高感度の設定にしておく勇気がありませんでした。

それがD750ではISO12800まで充分許容レベルなわけです。真っ暗な場所ならともかく、これくらい明かりがある場所であれば手ブレすることはまずありません。

東三水街市場のネコ

となると、今まではシャッタースピードだけをカメラ任せにしておいたのを、さらにISO感度までオートにできるということです。ISO感度はそりゃあ上げ過ぎないにこしたことはないんですが、D750はそれをきちんと手ブレしないくらいのシャッタースピードを維持しながらISOを上げ過ぎないよう制御してくれるのですよ。

スナップなんてピンときたところにサッとカメラを構え、撮り終えたいですよね。そんなシャッターチャンスをしっかりと逃さず撮ってくれるんです。

D5100の時はいろんな設定を自分でやっておかなくてはいけませんでした。あくまでコチラが主で、カメラは従。ですが、D750ならいろんな部分を任せておけるんです。僕は今まで以上に撮影自体に集中したらいい。なんならPモードにホワイトバランスオートでなんもかんもお任せということもできます。

そういう風にいろんな所を任せておくと、なんだかこのカメラがただの機械ではないような、そんな思いがしてきてつい呼んでしまいます。

「よう、相棒。」

諦めかけていた。そんな写真をもう一度蘇らせてくれる

吉野山金峰山

以前、奈良に桜に撮りに行ったのですが持ち前の雨男ぶりをいかんなく発揮し、散々な環境でした。雨でテンションは上がらないしせっかくの桜は鮮やかな色が出ないし。

この写真も、実はだいぶ諦めた感じで、それでもまあ撮っておくか、みたいな気持ちで撮影していました。ダメなら後で削除すればいいし。

んで、家に帰ってPCに写真を取りこみ思うわけです「あれ?これ案外よくね?」

まあ、好き嫌いあるのでこの写真がいいとか悪いとかはおいときます。ただ、ほんと諦めきっていた写真だったのですよ。

けど、そんな諦めていた僕にD750は言うわけです「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」D750がメガネで白髪の太ったおっさんに見えてくるのは気のせいでしょうか。

家に帰ってガッカリ、なんてパターンは僕に限らずみなさんもよく経験があることと思います。しかし、D750に変えてから期待してなかったのに思ったよりもいい写真だった、といういう経験が確実に増えました。

D750という相棒が諦めていた僕の代わりに、きっちり仕事をしてくれたんだ、と思うとなんだか頭が下がります。

最高の相棒とどこへだって出かけよう

D750にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを装着

今回D750と一緒に購入したレンズは「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」

どのレンズを合わせるかだいぶ迷ったのですが、これ最高です。

D750とこの24−70mmなら「どこでだって戦える!」というなんだか謎の意気込みが心の奥底からふつふつと沸いてきます。だれと戦うのかがよくわからないのですが、それもでなんだかそう思わせてしまう魅力がそこにあります。

携帯性で言えば、もちろん重くてデカくてAPS-C機やミラーレス、はたまたコンデジには遠く及びません。それでもどこかへ出かける時に僕がチョイスするのはこの組み合わせでしょう。

フルサイズの一眼レフカメラとしてはかなり小型・軽量のこの機種。もともとかなりコンパクトに作られてはいるのですが、カタログスペック以上に小さく感じられるのはそのグリップの形状が一役買っています。

そして、そのお陰でこの重たいレンズとの組み合わせも苦にならないのです。

指2〜3本引っ掛けてても抜群のホールド感

指2〜3本引っ掛けてブラっと持てるぐらいのホールド感の高さ。その独特の深いグリップは、大きくて重たい一眼レフカメラを持っているとは感じないくらいです。

僕は手が大きいのでD5100は機体が小さい分小指がひっかかりませんでした。しかし、D750はそのグリップの形状のお陰で手のひら全体で支えることができます。なので、感覚的にはD5100を持っているのと同じような気さえしてきます。

ただ、やっぱり重たいのは重たいので、気づかないうちに疲れがでてきたりしますが(笑)

以前、台湾に遠征しましたがその時の組み合わせはD750と24−70mm、そして50mm。もちろん欲を言えば他のいろんなレンズを持って行きたかったのですが、限られた荷物の中、最高の組み合わせだったと思っています。

どんな悪天候だって、最高のパフォーマンス

雨に濡れたD750

写真を撮りに行く日がいつもいいお天気だったらいいのですが、なかなかそういうわけには行きません。そして、雨には雨の日ならではの写真が撮れたりします。

今までのD5100では小雨がぱらついてきたらおっかなびっくりカバンにしまいこみ、撮影終了していたのですが、防塵防滴仕様のD750ならそんな心配はいりません。

早朝ライトアップされた長沢のしだれ桜

あとできちんとケアはしてやるものの、雨の中しっかりと被写体にレンズを向けることができるこの安心感。

雪の出雲大社

雪が降りしきるような寒空の下だって大丈夫。

まさしく、どこへだってこの相棒となら行けるわけです。今年は北アルプスへ、こいつと登りにいって絶景を収めようと思っています。

まとめ

そのほかにも、やっぱり便利なチルト液晶だったり、ダブルスロットできっちりバックアップとりながら撮影できたり、水準器が内蔵されていてしっかり水平とることができたり。

まだまだまだまだ書き尽くせないのですが、一度ここで筆を置きたいと思います。

D810の高画素にも後ろ髪を惹かれはするものの、ブラっとでかけて撮る僕の撮影スタイルでは、D750のこのバランスの良い感じはサイコーに合っているのです。もちろん三脚に据えてきっちり追い込んでやれば抜群の絵を叩きだしてくれますし。

まだ見ぬたくさんの絶景と被写体。その全てをこのサイコーの相棒「D750」と撮りに行きたい。そう思っています。

関連記事

22 COMMENTS

みどりパパ

いつも楽しく拝見しております。
昨年12月、CanonのAPS-C本体からレンズ資産までをすべてを売り払い、D750に宗旨替えをしました。

D750に変えて思った事は、まさにsaizouさんと同じです。
日の出の1時間くらい前に空を撮ると肉眼では暗闇なのですが、D750は紫色の空を映し出すんですよね。まさに明暗の差を映し出す魔法の箱です。

その後、海外・国内出張持ち歩き用としてGPSログ機能がどうしても欲しかったので、D5300へと「逆ステップ」購入をしたのですが、APS-C機との性能差を再認識させられました。
結果、明るいところでの望遠撮影はD5300、暗い場面での広角撮影はD750と上手く使い分けている状況です。(広角をさらに充実させるためにAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDをIYHしてしまいましたが・・・w)

そんなこんなで、同じような機材環境のブログをいつも楽しみに拝見させて頂いております。

今後も末永く楽しいブログを期待いております。

saizou

>>みどりパパさん
はじめまして!コメントありがとうございます(╹◡╹)
マウントを変えるのはなかなか決心のいることだと思いますが、満足されているようなのでよかったです。
D750にD5300とはまさに僕とほとんど同じ環境ですね!D5300のGPS機能が羨ましいです。
さらにさらにAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDまでゲットされたとは!
僕も最近天の川に挑戦しているのですが、やはり24−70では画角がせまくて今一番欲しいレンズかもしれません。
今後AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの衝動買いの記事など出てくるかもしれませんので(笑)
ぜひまたお越しいただければ幸いです。

Kachi

いやあ、こりゃますますD750が来るのが楽しみになってきました。
銀塩時代は、感度が上がると当然に粒子が荒れたものですが、そのかわりいまでいうダイナミックレンジは広くなりました。
それがいまはその両方が高次元両立なんですものねぇ、隔世の感があります。
フルサイズは上級者向けなんてよく言われますけど、銀塩時代はコンパクトでさえフルサイズだったわけで、デジタルももっとコンパクトに、お安くなって写真愛好家の裾野を広げてほしいものです(*^_^*)

Kachi//

saizou

>>kachiさん
コメントありがとうございます!
僕も今までD5100を使っていたので、その性能の差にほんと驚きました。
ファインダーの見易さや細かいところの作りなど、やはりしっかりしているので、外に持ち出すのが一段と楽しくなりましたよ^ ^
価格や重さだけみると、はじめたばかりの人は手を出しにくいですが、写真を撮ることだけ考えると、フルサイズ機のほうがよっぽど簡単にキレイな写真撮れますよね。
おっしゃるとおり、裾野がもっと広がって、気軽に手にできる環境ができてくるといいですよねー!

大介

こんばんわ

>コンビニのかわいい店員さんがおつりを渡してくれる時、手を握りながら渡してくれると「あれ、僕のこと好きなんじゃないの」ってくらい勘違いしちゃう
わかります…が、ぼくはちょっと違います

かわいくない店員さんでもかわいく見えてッッ!以下同文

最近感じてるのが、明るいレンズを持つのと高感度に強いボディを持つのは全く別物なんだなってことです
このブログを見て核心に変わりました

フルサイズ欲し~!

saizou

>>大介さん
コメントありがとうございます♪
コンビニのやりとりで、勘違いしてるのが僕だけでないようでホッとしています。
フルサイズの高感度はすごいですよー!そして、明るいレンズの機能を最大限に活かしてくれるのもまたフルサイズ機です。今までつけてた50mmがD750につけたとたん、別のレンズのように感じました!
金銭的になかなか手を出しづらいですが、それだけの価値は充分ありますよ( ´ ▽ ` )

らあず

楽しく読ませていただきました~
ヨドバシカメラの製品紹介ページを超えたベタ褒め感にニヤニヤしてしまいましたw
さて、私は銀塩時代の親のレンズが使いため(旧28-70他)に750を購入しました。
もちろん銀塩時代(主にF3)も親の影響で撮っていましたが、ボディバランスのおかげなのか、同じレンズを使っても手振れが少なく感じます。

ホタル撮影真似させていただきました!ありがとうございます~
そのとき、ピントリングに触れてズレてしまったのですがギャラリーの照らすライトの明かりでためしにAF合わせてみたのですが、AFが効いて焦りましたw

日々カメラの性能に振り回される毎日ですw

saizou

>>らあずさん
コメントありがとうございます!
ヨドバシさんのHPのような、スペックではなくカメラやレンズの魅力を伝えられるような記事書きたいと思っているので嬉しいです♪
銀塩時代のレンズをお持ちなのですねー。
オールドレンズ沼という深い沼があるのは存じ上げていますが、資金も限られているので一歩踏み出すのがはばかられているので羨ましいです。
ホタルは僕も1番好きな被写体のうちのひとつです。
ぜひいい写真撮られたら見せてくださいね(*´ω`*)

ナッツ

初めまして。
現在D5100を使っている私にとって、とても興味深い記事でした!
確かに以前の写真と比べると違いは明らかですね。
ずっと初心者向けのカメラでいいと思っていましたが、記事を読んでフルサイズに興味が湧きました。
すぐに手は出せそうにありませんが^^;

saizou

>>ナッツさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪
フルサイズとてもいいですよー!なかなか手は出しにくいですが;^_^A
ただ、レンズだけでもFXレンズを揃えておくとあとあと無駄になることないです!

ナッツ

なるほど、FXレンズを揃えておくと良いんですね♪
知識が中途半端なので、もっと勉強してみます。ありがとうございます!
p.s. 上級モデルに加えて、GRのようなカメラも気になっているのは、私も一緒です^^;

saizou

>>ナッツさん
GRいいですよねー
コンデジもいろいろ出てきそうなので楽しみです(╹◡╹)

zakI

はじめまして。

こちらのブログを拝見して,前々から欲しかったD750をついに購入いたしました!!

saizouさんが仰られるように,D750は凄いカメラです!
手にした瞬間,「なんで今まで買わなかったんだろう」と後悔しました

saizouさんと最高の相棒が作る写真,これからも楽しみにしております。

saizou

>>zakiさん
はじめましてー(╹◡╹)コメントありがとうございます!
D750を購入されたんですねー!おめでとうございます!お揃いですね、嬉しい!
ずっと写真撮るのは好きだったんですが、D750を購入してからますます楽しくなりました。今までのカメラライフを一変させてくれたすごいやつです。
zakiさんもD750をいろんなところに連れ回してあげてくださいね(*´ω`*)

zakI

レスありがとうございます(`・ω・´)ゞ

実は自分の最初のカメラがD5200だったので,カメラのチョイス自体もお揃いだったりします(笑)

D750を使ってから,狙った以上の写真が撮れるという感覚がわかるようになりました!

まだまだ不慣れですけど,新しい相棒と一緒に,写真という思い出をたくさん作っていきたいです!!

saizou

>>zakIさん
D5200もお使いだったんですねー!
D750ユーザーはD5000系からのステップアップされるかたが多い気がします(笑)
いい写真撮られてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

tuir

はじめまして、Kissx3を6年間使って参りましたが、この程フルサイズのカメラが欲しいと思いたち、レンズ資産なかったので、nikon含めて全メーカーを候補にひたすら各レビューを読み漁ってきました。そんな中、偶然saizouさんの記事を発見し、爽快なコメントとカメラ愛を感じ思わず人生初コメントをしてしまいました。
さて、本題ですが、カメラ選びに絶賛冥想、瞑想、迷走中です。
私自身、白・黒・青・赤・緑、くっきりとした色づくりが好みで、実際写真をA1サイズまで引き伸ばし印刷したり、パソコン画面いっぱいに拡大して目を皿にして比較することはないので、高画素数より(2000万以上はほとんど見分けがつかないと思っております)かは各メーカー、機種の色づくりに注目して選定しています。Nikon D810、Nikon D750、Canon 5DsR、Canon EOS 5D Mark3、sonyα7Ⅱ、とだいぶ候補が絞れて参りましたが、しかし決定的な判断ができずにいます。

主な被写体は風景(昼間)80%、ポートレート20%です。(風景はnikon、ポートレートはCanon 記録色、記憶色から迷いが始まりました。一概には言えないのはわかってはいるのですが・・・)
望遠はまだ、考えておりません(子供ができれば別ですが)。スポーツシーンも考慮しておりません。

以上の点よりsaizouさんの独断と偏見でよろしいのでアドバイスを頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

saizou

>>tulrさん
はじめまして!コメントありがとうございます(╹◡╹)
僕はRAWで撮って後でゴリゴリ編集するので、あんまりjpg撮って出しの雰囲気がわからないんです、すみません〜m(_ _)m
あと、やっぱりNikonユーザーなのでどうしてもNikon押しです、ということでD810かD750にしましょう(笑)
予算があるのならD810がいいのかなと思います。
D810はただ高画素、というだけでなく、やはり上位モデルとしての細かい作りをしてあるなあという印象があります。
風景を撮られるのなら、やはり高画素の細部まで書き込まれた解像感はすごいらしいです。
ただ、高画素機の分、高感度は若干D750のほうがいいみたいですね。僕も使っててISOを上げるのにためらわなくなりました。
あと、APS-C機からフルサイズの乗り換えはカメラだけでなく周りの機材なんかも入れ替える必要が出てくるかもしれません。
僕も先日三脚を買い替えました。このへんの出費も予算にいれておかれるといいと思います!
安い買い物ではありませんから、しっかりご検討ください。またご質問ありましたら、分かる範囲でお答えしますのでよろしくお願いします。

みゆ

いつもブログ楽しみにしています。さいぞうさんの撮られる写真を見ると、自分もこんな風景を撮ってみたい!と思わされます。
そして、私も悩んで、いろんなサイトの評価も見て、実際に店頭で撮ってみて、結局d750を買いました。
d7100でも満足のいく写真は撮れてたのですが、やはりフルサイズに移行したくて。
d7100は8カ月使っただけですが、下取りに出すのも躊躇われて、このカメラのおかげで写真がもっと好きになったので。
NIKONの一眼は3台目になりますが、やっとフルサイズデビューです。
練習して、いい写真を撮りたいと思います。

saizou

>>みゆさん
フルサイズデビューおめでとうございます!
なんだか、自分のことのように嬉しいです♪
複数台あるとなにかと便利ですしね、僕もD5100はしばらく手放さないと思います。
D750はみゆさんの期待にしっかり答えてくれるサイコーの相棒になってくれますよ!
ガンガン使い倒してあげてくださいね(╹◡╹)

こうへい

D5300かEOS Kiss7iか、初めての一眼レフ所有に向けて色々と検索する中で、ログカメラに出会って早一年。
今や、D5300は奥さん専用機。
D750が何故か横に鎮座しています…
理由ははっきりしています。
saizouさん!あんたのせいや!

なにこれ、フルサイズめっちゃいいやん…
AF-S 85mm f1.8一本で、とっても素敵な画が…
え!24-70 F2.8リニューアルで、現行値段下がってるやん…
買うの?
奥さんに怒られるやん…
でも、九份の画、めっちゃいいやん…

今は、D750の性能に大満足しつつ、大三元の標準域を抑えるか否か、悶々としております。
自分の撮影スタイルからすると、望遠は全く必要ないので、
18-35 f4.5-5.6 ED と 85mm f1.8に24-70 f2.8が加われば完成かな、と。
長くなりましたが、楽しいカメラライフのきっかけを与えてくれたログカメラ並びにsaizouさんに感謝を!

saizou

>>こうへいさん
コメントありがとうございます♪
D5000系からのD750へステップアップは王道ですね!
85mmとはまた渋いチョイスですね!画角的には使いにくいですが、85mmでしか撮れない絵が間違いなくあります。
18-35mmもお持ちなら、やっぱり埋めたくなっいちゃいますよねー。
35mm、58mmの単焦点という選択肢もここに置いておきますね(笑)
これからもぜひステキなカメラライフをお過ごしください!

現在コメントは受け付けておりません。