カメラ

GoPro HERO7 BLACKを買ってきた!動画もすごいがタイムワープがかなりいい!

投稿日:

GoPro7 HERO BLACK

GoPro7 HERO BLACKを買いました。動画なんてかったるくて見てられないからGoProに興味なんてなかったのですが、このGoPro7 BLACKから搭載されたタイムワープ機能がかなり良さそうでして。

もしかしらた、この機能使えばブログとかともかなり相性良いのではないか?と考えて衝動的に購入してしまいました。

GoPro購入の決意をさせたタイムワープ機能

GoPro7の製品動画です。この中に出てくるタイムワープ機能

ハイパーラプスというのがあって、タイムラプスを応用した動画なんですが撮影にかなり時間がかかるのです。1歩あるくごとに1枚撮影してそれを何十枚、何百枚もつなぎ合わせるという撮影。

そんなハイパーラプスのような動画が簡単に撮影できるのがこのタイムワープ機能なんです。

動画を見るのはかったるい

動画撮影のうまい人の作品ならまだしも、僕のようなドシロートが撮影した動画なんてもうかったるいわけです。Youtubeもよく見ますが、ちょっとでも冗長になるような動画はすぐにすっ飛ばしてしまいます。

撮るのであれば、他人が見てもかったるくないようなものが撮りたい。けれど、まあそこまで本気でやるわけでもないのです。写真撮るのがメインですからね。

タイムワープなら冗長にならずに済むのではないか?

けれど、先ほどの動画見てもらってもわかると思いますが、タイムワープ動画なら冗長にならないのです。

それなりに撮影ポイントを選ぶ必要があるかもしれませんが、それでもただの道を歩いてるだけの様子でもその独特のコマ送りの早回しのような表現で音楽さえのせちゃえば、なんだかてっとり早くそれっぽいのが撮れそうです。僕、てっとり早くそれっぽくというのは人生のテーマにしています。

んで、その撮影ポイントなんですが。まあ、僕それなりにいろいろなところに行くわけです。

撮影記 - ログカメラ

写真の撮影がメインなのですが、これもしかしたらついでに動画撮っておくのもおもしろいのではないかと考えたわけです。

ウユニ鏡張り ランクル

例えば海外であったり。

燕岳 朝焼け

例えば登山であったり。

せいなの森キャンプ場

キャンプに持っていってもいいかもしれません。

GoProならかなり小さいので装備を追加するにしてもそこまで負担になることはなさそうです。

撮影ポイントまでの道や登山のルート、キャンプの様子なんか撮ってもおもしろそうではないかと。YouTubeにアップすればブログにも埋め込むことができますし、文と写真では伝えにくいことも動画で補完できることもあるかと思うのです。

あれ、なんだかそんなこと考えていたらどんどん妄想が加速していきました。

というわけで、まあ買ったわけです。GoPro

GoProは3種類+1

GoPro 種類

via:GoPro - カメラ

GoProの現行モデルはHERO7シリーズと360度撮影ができるFUSIONの計4種類。

性能的にはBLACK>SILVER>WHITEという感じになっています。

とはいえ、特別な意図が無い限りBLACK一択なのではないかなと思いました。

今回から搭載された目玉の機能が非常に素晴らしく、その目玉機能はBLACKにしか搭載されていないからです。

HyperSmooth(ハイパースムース)

 

超強力な手ブレ補正を搭載することで、非常にスムーズな動画撮影を可能にした「HyperSmooth」

最近、ジンバルがついた非常に小型のOSMO Pocketが発売されて話題になっています。

ジンバルというのは視点が一定になるよう、ジャイロスコープなどを使って地平線に対して垂直を向くような機構のことで、これがあるとブレの無い非常にキレイな動画を撮ることができます。

しかし、このHyperSmoothの強力な手ブレ補正はジンバルを使っているかのような非常に滑らかな動画を撮影することができます

上のYouTubeのビデオを見てもらってもわかりますが、今まではこのような動画はガッタガタにブレているものが多かったです。動画に食指が動かなかった理由の一つにも、絶対に手ブレするだろうということがわかりきっていたから。

ただ、今回のGoPro HERO 7 BLACKに搭載されたこの機能でそんな心配もなくなりました。まだそんなにテストできてませんが、それでも非常に滑らかな動画を撮影できています。

タイムワープ

この動画の最初のほうで多用しているのがタイムワープ。

ハイパーラプス的に撮ったりするのもいいんですが、普通に早送りのように撮ってもなんかいい感じに撮れるわけなんですよ。

わわわわーっと、わちゃわちゃした感じで撮れるので特に工夫しなくてもてっとり早くそれっぽい動画が撮れるのが気にいっています。てっとり早くそれっぽいというのは僕の人生の哲学です。

これまでそんなにGoProに食指が動くことはなかったんですが、このタイムワープで撮った動画を見て一発で衝動買いしたくらい気に入っている機能です。というか、もはやタイムワープがしたくてGoPro買ったと言っても過言ではありません。

ということでいろいろ撮ってみた

まだまだそんなに使いこなせていませんが、いろいろ撮ってみたのでちょっと見てみてほしいのです。

京都の街をぶらぶらしてきました。タイムワープ多めで撮ってみてます。

ちょっと動画素材撮るだけで拝観料もりもり取られるので大変でした。

α7Ⅲでも一部素材を撮っているのですが、手ブレがすごくGoProの手ブレ補正すごいなと思いました。

こちらは普通の動画メイン。イエローナイフでの犬ぞりの様子を撮影してみました。

GoProはアクティビティとの相性がいいなと感じました。普段はカメラで写真ばかり撮っていますが、今後は遠征ついでにお昼はアクティビティの予定いれてGoProで撮影するのもよさそうだなあと思っています。

まとめ

ということで、GoPro買ってみたんですが、けっこういい感じで使っております。

今年は動画なんかももりもり撮っていけたらなあと思っておりますのでよろしくお願いします。

ログカメラでチャンネルも作ってるのでチャンネル登録やいいねしてもらえると、もりもりやる気でるのでぜひぜひ。

ログカメラ - YouTube

関連記事

  • この記事を書いた人

saizou

Z7とへっぽこのセンスで撮影しています。 写真や登山、キャンプが好きなのでいろんなことを発信していきたいです。

-カメラ
-, ,

Copyright© ログカメラ , 2019 All Rights Reserved.