本が出ました!「美しい風景写真のマイルール」

Zマウント用の35mm!Viltrox35mm f /1.8を試してみた【PR】

IMG 3212

全国1億2千万人の単焦点レンズファンのみなさまこんにちは。

今回はZマウントの35mmレンズであるViltrox35mm f /1.8のレビューを販売代理店のPERGEARさんからご依頼いただくことができましたのでご紹介いたします。

こちらのレンズNikonのZマウント、SONYのEマウントで発売されております。Zマウントのレンズはサードパーティ製も含めまだまだ少ないので選択肢が増えるのは嬉しいですね。

いいところも悪いところも書いていいと言われているのであれこれレビューしてみます。

この記事はPERGEARさんの提供でお送りします。

Viltrox35mm f /1.8

まずは作例から

09141310

35mmというのはなんだかんだで一番使いやすい焦点距離だと思います。足でしっかり構図を決めることができる焦点距離。

スナップでもいい風景でもいい、単焦点レンズ初心者であればまずは35mmか50mmあたりを買っておけば間違いない、そんな画角ですね。

レンズが違うとここまで変わる!焦点距離ごとの特徴をまとめてみた!!
09141744

まずはお値段の話をしておきましょう。このViltrox35mm f /1.8は約4〜5万で販売されております。一方、Nikonの純正35mmがおよそ10万円。

ということで、約半額で35mmの単焦点レンズが買えるというわけです。やりましたね。

なので、今からのレビューで少々ネガティブなことも書きますが、それでもこの価格差を考慮すると一概にネガティブとも言い切れない部分もありますのでそのへんをふんわり頭の隅に置きながら読み勧めていただけると幸いです。

09123233

また、35mmはAPS-Cのボディにつけると約50mmの焦点距離として使用できます。もちろんZマウントなのでZ50や今はやりのZfcなんかにも装着が可能です。

フルサイズで35mmで単焦点というと、個人的には風景なんかではもうガッツリ本気で撮りたい焦点距離だったりするのですが、いっぽうカメラ初心者の方々が最初に手にするであろうZ50やZfcなどのAPS-C機では35mmは普段使いにぴったりの非常に使いやすい画角なわけです。いわゆる標準レンズというやつですね。

カメラデビューして、とりあえずそれっぽいボケた写真が撮りたい!という人にはこういう「安価な35mm」というのはけっこう必要なレンズではないかなと思っております。

09140716

それなりに明るくて、それなりにしっかり撮れる、ちゃんとボケる、それでいて安いレンズというのは、昔から撒き餌レンズとも呼ばれ、カメラ初心者の方々が写真の世界にとっぷりとハマるための第一歩のレンズとしておなじみでした。

近いレンズとして40mmのf2が純正で販売されていますが、やはり35mmと40mmって5mmしか違わないけどけっこう使用感が変わってくるんですよね。

となると純正の撒き餌レンズが不在の中、この35mmf1.8というのはけっこう刺さる人には刺さるのではないでしょうか?

ということで、今回はレビューということもあってフルサイズのZ7につけて撮影してみましたが、実際のターゲットになってくるのはZ50やZfcなどのAPS-C機をお持ちのかたになるのかもしれないと、今これを書きながら思っております。

レンズ性能

では気になるレンズ性能を見ていきましょう。最近では猫も杓子も開放からシャープで絞れば最高みたいなレンズで溢れていますが、こちらのViltrox35mm f /1.8、正直開放でけっこうゆるめな描写をします。

このあたりは安価なレンズにどこまでを求めるのかという話になってきますし、開放がゆるいだとかゆるくないだとかは僕みたいな根暗なレンズオタクが等倍鑑賞する際に気にするくらいなので使う人次第ともいえると思います。

解像

純正の35mmがあればよかったのですが、僕は所有していないので変わりにNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sの焦点距離を35mmに設定して比較してみました。

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

こちらの構図の中央あたりと周辺をみていきましょう。

中央の解像

f1.8

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sはf2.8スタートなので、f1.8はViltrox35mm f /1.8のみ。

お世辞にも開放からシャープをは言い難い描写であります。正直、非常にゆるい。風景を撮影するのならちょっときついかなと思いますが、このゆるさであれば開放でオールドレンズっぽく撮影するのもいいのかなとも思いました。

f2.8

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ
Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f2.8でもまだ若干眠たい感じはあります。

f5.6

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ
Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f5.6くらいになるとぼちぼちとシャープに写りだします。カリカリな描写が好きな人は最低でもこのくらいまで絞ったほうがいいでしょう。

f11

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ
Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f8〜11あたりが解像のピークかなと思います。f16まで絞れるのですが、そこまでいくと回折の影響が出るので解像感が落ちます。

全域で比較してもNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sの解像感には及ばないので35mmの純正と比べても似たような結果になるかなと思います。

周辺の解像

続いて周辺の解像

f1.8

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f1.8の周辺もかなりゆるいですね。右上は完全につぶれてしまって、塗り絵っぽくなってしまってます。

f2.8

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f2.8あたりでもまだゆるい。NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sと比べるとコントラストも少し弱いように感じます。

f5.6

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ
Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f5.6くらいでようやく締まってきますが、一番端の部分はまだモヤモヤとした雰囲気がありますね。

f11

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ
Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

f11まで絞っても最も周辺は変わらず若干ゆるい感じがします。

周辺では中央よりもさらに差を感じる結果となりました。

ボケ

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

ボケもけっこうザラッとしたボケ方をします。

Lightroom Catalog 2 2 v10 lrcat Adobe Photoshop Lightroom Classic ライブラリ

左上の部分の拡大。ガサガサした感じですね。ボケの中に芯があるというか。

06152346

木漏れ日の玉ボケも輪郭が目立つ感じです。とろけるような美しいボケというよりは、ちょっと古めのレンズのようなクセのあるボケ方をするといった雰囲気。このあたりは特性を活かした作品作りができるといいですね。

逆光性能

09123152

逆光性能ですが強い光源を入れてしまうとゴーストが出てしまうものの、けっこう意地悪に入れないと気にならないくらいのレベルなのでわりとよく抑えられているなと感じました

HDナノ多層コーティングがほどこしてあり、それがフレアとゴーストを抑制してくれているようです。

オートフォーカス

06151102

Viltrox35mm f /1.8はオートフォーカスに対応していますとはいえ、やはりこのへんはサードパーティ製ということもあり、おまけ程度で考えていたほうがいいのかなと思いました。

今回の撮影中に偶然、虹が発生していたのですがオートフォーカスがうまいこと合わずやきもきしました。こういう一瞬のシャッターチャンスをものにできるかどうかっていうのはけっこう大事なので、このへんはやはり純正に分がありますね。

とはいえ、通常に使用するにはやはりオートフォーカスがあると便利ではあります。

外観

IMG 3214 2

外観をみていきましょう。

全長は88.2mm、重さは340gと小型軽量の部類に入るレンズ。真ん中がViltrox35mm f /1.8、左がNIKKOR Z 50mm f/1.8 S、右がダンボーで比較してみました。

全長は50mmとそんなに変わりませんが、Viltrox35mm f /1.8のほうが若干細いのがわかりますね。フィルター径は55mmです。

絞り

IMG 3213

絞りはレンズ側でもコントロールすることが可能。メモリが打ってあるのでそこで調節します。

ボディ側でもコントロールできます、そのときは絞りを「A」のところに設定します。

総評

09140505

Zマウントのフルサイズ用のレンズと比較してしまうと、どうしても粗が目立ってしまうのは否めないというのが正直な感想です。

フルサイズでZに移行してくるという人は、やはりそのレンズ性能に惹かれてという人が少なくないと思うので、例えば高画素機のボディにこのレンズをつけるべきかというのはちょっと悩ましいところではあります。

09125207

とはいえ、誰しもがバキバキの解像感を求めているかというと、そうでもないわけで、やはり安価なレンズというのは需要があるとも思います。

まだまだ選択肢が少ないZマウントですので、こういった選択肢が増えるというのは1ユーザーとしてはやはり歓迎すべきなわけでして。

作品の投稿場所も最近はSNSの比率も大きくなっており、細かい解像感というよりは、作品の持つパワーのようなものを求められる場合が多くなっているように感じます。

なので、高いレンズが買えずにやきもきしているなら、さっさと買ってしまって1回でも多く撮影に出かけたほうがいいともいえます。

09142740

また、前述しましたが、これがAPS-Cでも使える35mmの撒き餌レンズという視点で見ると、ZマウントのAPS-Cユーザーには最適解のひとつなのかもしれません。

APS-Cであれば周辺部分のゆるい部分というのはトリミングされるわけで、中央がゆるいといってもまあレンズオタクがわぁわぁ言っているだけと考えると、安くてそれなりに写ってしっかりボケるというのは非常に魅力的であります。

今後、APS-C用に純正の35mm f1.8が追加された時は、また評価が変わるかもしれませんが、現状ではとりあえず1本持っておくと損はないレンズのひとつになるのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、Viltrox35mm f /1.8のご紹介でした。

やっぱりボケた写真が撮れると楽しいですし、単焦点レンズって魅力的です。初心者のかたもお求めやすい価格になっています。まずは1本購入してみてはいかがでしょうか。

Pergearさんからクーポンコードいただきました!こんなんなんぼあってもいいですからね。

AmazonでViltrox35mm f /1.8のZマウントを購入する際、以下のコードを入力すると10%OFFになります。期間は11/21まで。

6WPWPYZB